2020年07月03日

キャサリン・フルボディ来たる

「キャサリン・フルボディ」Nintendo SWITCH版予約しておりまして
発売日の昨日、到着(・ω・)

catherine_FB_00.JPG

初回限定って言葉に弱くて買った(・ω・)

無印版は一応(何回か)クリアしております。
アクションパズルとして面白いけど、ルートが違っても
ゲームは変化ないので、繰り返しプレイにはあまり向かなかったのですが
「フルボディ」になってストーリーだけを見る事も可能になっていますし
選択によってステージも変化するみたい。

・・・っていうか無印はマルチエンディングですがマルチストーリーではなく
エンディングが変化するだけに近い物だったんですが
そこらも多少変化あるんかしらん(・ω・)




posted by torotoro at 23:54 | Comment(0) | 雑記

2020年06月06日

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディションをプレイ中

xeno_d_00.jpg

「ゼノブレイド ディフィニィブ・エディション」のコレクターズセットを
Amazonで予約していたのですが、発売日よりかなり遅れて到着(・ω・)
現在プレイ中です。

2020060119473000-8625352D7931559E8BE3042D46DE9738.jpg
■ゼノブレイド2をプレイしていると、こんなオマケも。

相変わらずサブイベント遊びまくってプレイしているので
メインの進みはイマイチなんですけど(・ω・)
流石に三周目(Wii版二周した)なので多少なり進め方を覚えており
手際は良くなっている筈でもありますが。

Wii版から個人的にありがたい改良点が各キャラの物々交換アイテムを
キズナグラムで確認できる事

2020060621403000-8625352D7931559E8BE3042D46DE9738.jpg
■物々交換アイテムはキャラクターのイベントを進めると増えたりする

ゼノブレイドではキャラクターとアイテム交換が出来るのですが
これを利用してイベントで収取必要なドロップアイテムをゲットする事も可能なのです。
レアドロップアイテムを交換しているキャラもいるので
これを利用するとゲーム進行が、かなり楽。

2020060621395000-8625352D7931559E8BE3042D46DE9738.jpg
■敵を倒して集める事も、上のフランソワと交換して集める事も出来る

しかしWii版だと、キャラクターに直接会わないと交換アイテムは確認できず
ぶっちゃけ自分の記憶力が頼りだったんです。
三周目でも流石にそこまで覚えてませんし、この改良は非常にありがたい(・ω・)

ちなみに現在三章をプレイ中ですが
第三章ってコロニー9から旅立つシーンで始まるんですよね。
なのでプレイしていると「気持ち的にコロニー9に戻り辛いな」と思ってしまうのですが

2020060523183200-8625352D7931559E8BE3042D46DE9738.jpg
■コレが出るので旅立ち直後でもコロニー9に(心理的に)戻りやすい

旅立ちシーン直後にこの表示を出すトコロが妙に好き



posted by torotoro at 23:37 | Comment(0) | ゼノブレイド

2020年05月20日

グノーシア:クリア後レビュー

2020052010100800-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg

凄い。いや、こんなん良く作れたなぁ
プレイ時間は40時間オーバー。ループ回数は軽く100を超えました。


〇どんなゲームなのか

2020051723091300-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg

ADV(アドベンチャーゲーム)の一種です。
宇宙船の中に人間を消す「グノーシア」が紛れ込んでしまったので
人間達は一定のルールに則ってグノーシアを
全て排除しなければいけません。
逆にグノーシアは嘘をついて人間達の追求を逃れ
全ての人間を『グノース』に捧げるのが目的になります。

プレイヤーは自分の役割に応じて
人間側、グノーシア側それぞれの勝利を目指し
何度もループします。

自分を含めて全15人の役割はその都度変わります。
そして何回も遊んでいくと、条件を満たす事で
時にイベントが発生したりキャラクターについての
情報を得る事が出来ます。
そして全ての謎を解き明かしにループする謎を解く事が
ゲームの目標になります。

2020051722271200-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg
■段々とキャラの情報が開放される。しかし情報開示される度に、そのキャラは手強くもなる


〇高い中毒性

「100回以上もループを繰り返し、40時間以上プレイするゲーム」
と、聞いてどう思うでしょうか?
多分殆どの人が「何それ?大変そうなゲームだな」と
思うのではないでしょうか?

私も始める前はそうでした。
ただ、クリアした感覚としては
そんなに何度もループした記憶はなく
そんな長時間遊んだ感覚もありません。
毎回ループの最初に回数が表示されるんですが
「え?この数字ホント?こっそり盛ってるんじゃないの?
いつの間にこんな遊んだ?」って思ってましたし。

ゲームを遊び始めた当初は
ゆるゆると遊んでいたのですが
いつの間にかドはまりしてしまい
中毒性が高い為「あと一回。あと一回」を繰り返し
いつの間にかたっぷり遊んでしまいました。

ちなみに一回一回の勝敗はそれほど重いゲームではありません。
もっとも、勝った方が多くの経験値がもらえますし
(レベルアップして自分を強くする要素がある)
イベントによってはストーリーを進めるのに勝利が
条件になっている場合もありますが。

しかし、負けると何より悔しい。
特に配役読めてたのに投票で負けるとマジで悔しい。
そして、真剣にやらないと面白くないのも確か。

2020051911212500-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg
■レベルアップして使えるコマンドが増えるとプレイヤーがとれる戦術の幅が広がる

〇先が気になる作り

グノーシアでは時折イベントが発生し
段々とキャラクターの情報が開示されていくのですが
その中には謎が含まれているため、先が気になり
中毒性を助長する大きな役割を果たしています。

なおイベント等は何らかの条件を満たす事によって
発生するのですが、その条件はプレイヤーに明示されません。
その為にイベントの発生はプレイヤーからすると突発的になり
「いつイベントが起きるのだろう?今度はどんなイベントがあるかな?」
と常に期待感を持ちながら遊ぶような感覚にさせられました。

2020051712593700-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg
■プレイ感覚としては「不意打ち」でイベントが発生する。そしてそれが面白い

また途中からゲームの開始条件をプレイヤーが
決定できるようになるのですが
「イベントサーチ」というボタンがあり
これを押す事でイベントが発生しやすい
開始条件に整えられるようになってもいます。

2020051722400900-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg

〇演出は基本的にあっさり

「人狼系」のゲーム。
言わば人を騙す要素がある内容なので
精神的に重いシーンが多いのではないかと考え
私はこのゲームを遊ぶのにやや躊躇していました。
が、『演出がしつこく無くて軽い』という話を聞いてプレイ開始。
実際その通りで基本的に演出が軽くあっさり風味で
それが上手く『味』になっていると思います。

多少、ショッキングなシーンもありますが
ゲーム序盤には出現せずゲームに慣れて精神に
耐性が出来た後に出てくるように思えます。

2020051617041800-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg

〇欠点

ゲームの性質上、やむを得ないのですが
残りのイベント数が減って来た終盤は
クリアする為のイベントを探してプレイを繰り返す事になりがちです。
誰のイベントが発生していないのかといった
大まかな情報は分かるのですが、条件は開示されないゲームなので
何故発生しないのかが分からない為
ゲーム最終盤は作業的できついのは確かです。

〇まとめ

ADV(アドベンチャーゲーム)の中には、別にゲームでなくても
出来るよね?っていう内容のモノもありますが、グノーシアは
正にゲームでしか出来ない「体験」です。

しかも、イベントの発生が「条件」によってなされるため
人によって順序が変わる為その体験も別種のものとなります。
個人的には、なるべく多くの人にグノーシアを体験して頂きたいなと思います。
そのくらい楽しく凄い体験でした。

知的パズルゲームの要素はあるので、ゲーム的に肌に合う合わないは
あるかもしれません。




2020年05月18日

「グノーシア」プレイ中

Nintendo Switch版「グノーシア」非常に評判が高く
あらかじめDLで購入済みだったのですが
所謂「人狼ゲーム」を題材にした物なので
精神的に重い描写があるかなぁ・・・と考え
やや気後れして後回しにしていました。
が、『演出がしつこく無くて軽い』という話を聞いて
最近遊び始めました。

最初はそんな「ハまる」って感じでもなく
ゆるゆると遊んでいたのですが
現在、ドはまりしまして延々と遊んで
気が付いたら「え?こんな時間が経ってた?」状態がざら。

2020051723091300-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg



〇どんなゲームなのか

ADV(アドベンチャーゲーム)の一種です。
宇宙船の中に人間を消す「グノーシア」が紛れ込んでしまったので
人間達は一定のルールに則ってグノーシアを
全て排除しなければいけません。
逆にグノーシアは嘘をついて人間達の追求を逃れ
全ての人間を『グノース』に捧げるのが目的になります。

プレイヤーは自分の役割に応じて
人間側、グノーシア側それぞれの勝利を目指し
何度もループします。

自分を含めて全15人の役割はその都度変わります。
そして何回も遊んでいくと、条件を満たす事で時にイベントが発生したり
キャラクターについての情報を得る事が出来ます。
そして全ての謎を解き明かしにループする謎を解く事がゲームの目標になります。

2020051722271200-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg
■段々とキャラの情報が開放される。しかし情報開示される度に、そのキャラは手強くもなる

〇実際遊んでみると・・・

評判が非常に高いゲームですが
正直、最初は「こんなん面白いの?」って思って遊んでました(・ω・)
1ゲーム自体そんなに時間かからんといっても、真面目に遊ぶと
それなりに時間かかるし・・・って。

でも慣れてきて、コツをつかむと一回一回の時間も短くなり
キャラクターの性格や色々な情報が分かって来ると
面白くなってきて止まらなくなりました(・ω・)
まぁ、コレは実体験してもらわないと正直伝わらんと思います。

ちなみに一回一回の勝敗はそれほど重いゲームではありません。
もっとも、勝った方が多くの経験値がもらえますし
(レベルアップして自分を強くする要素がある)
イベントによってはストーリーを進めるのに勝利が
条件になっている場合もありますけどね。
しかし、負けると何より悔しい。
特に配役読めてたのに投票で負けるとマジで悔しい。

なお、演出は基本的にあっさり風味です。
多少ショッキングなシーンもありますが、ゲーム序盤には出現せず
基本的にゲームに慣れて精神に耐性が出来た後に
出てくるように思えます。

2020051521013900-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg
■なおキャラのグノーシア顔(?)は自分がグノーシア側で勝った時に見られる事が多い

〇まとめ

とりあえず、お勧めゲームですが、自分がまだクリア出来てねーんですわ。
早くクリアしたいー。

2020051812582100-6048DC255740CA789AE2DFA5D124FF60.jpg



2020年05月01日

最近のガチャ運

無課金でも一応まわせる。それがガチャ。

■FGOの場合

四月に「第二部 第五章」の後編オリュンポスが公開されまして
それに関連する「オリュンポス ピックアップガチャ」第一弾が開始。
11連を一回まわしましたが、まぁ普通に何も当たらず。

その次に「オリュンポス ピックアップガチャ」第二弾が。
これも11連を一回まわしましたが・・・

IMG_0980.jpg

星5のロムルスが来たよ。

EVt4Yy0UMAALUKM.jpg

しかも二枚(汗)

流れ的には最初に星3のロムルスが出て「惜しい、ロムルス違いやなぁ(笑)」とか
思った直後に星5が来て大笑い。
その数枚後に銀のランサーのカードが金色に変わる「当たり演出」が入って
二枚目が来た時は「えぇぇぇぇ!?」となりましした。

ちなみに(配布以外の)星4以上で凸ったのは私コレが初です。
なお、全然当てる気はなくて新ガチャ来たから11連一回くらい
廻しておくかってくらいな気持ちだったんですけど(・ω・)

んで、その後の2000万DL突破記念日替わりガチャは
ジャンヌ(オルタ)のピックアップをマジ回し。

IMG_1026.jpg

こちらは66連目でようやく出ました(・ω・)
ツンデレ好きな私としては好みのキャラだし
アベンジャークラスは未所持なので
来たら持ってる石を全力投下する事は決めてました。
何とか課金せずに獲れて良かった。

しかし、2000万DL突破記念日替わりガチャは
イシュタルも狙っているのですが、残りの石では40回程度しか
廻せないんで、さて当たるかどうか。

なお、2000万DL突破記念の配布星5サーヴァントですが
結局、ジャンヌ(ルーラー)ではなく孔明にしました。まぁ違うジャンヌ獲れたし。

■アークナイツの場合

アークナイツは新ガチャは十回廻せば必ず星5以上が一体は出ます。

IMG_1010.jpg

ただし、ピックアップが50%なので狙ったキャラがとれるとは限らず
マジ回しは、やった事がありません。
エイヤフィヤトラ(最優と言われているキャラ)狙いで
課金した事はあるが別の星6が出て諦めた事ならある。

なお、アークナイツのガチャ演出はバッグをタップする事で
ジッパーが開いて中から書類が出てくる演出なんですが
バックが開いた時に中からあふれ出す光の様子でキャラのランクが分かります。

十連ガチャの場合はバックが開いたら中から十枚の書類が
一遍に出てくる形なんですが、その為光の演出で
十名の中での最高ランクが事前に分かってしまうんですよね。
故に、特に高いランクの演出が出なかった場合
十連では一人、一人を見る楽しみが減ってしまうのです。
なので私はアークナイツのガチャは基本的に十連ガチャではなく
一回一回引く事が多いです。

んで、現在やってる新キャラのシュヴァルツのピックアップガチャで

IMG_1011.jpg

星6のシュヴァルツを3回目で引きました。珍しくピックアップが仕事してる。
それでも、そのまま十回分廻す事もあるのですが
二日後に常設ガチャも新ガチャに変わる予定だったので
星6を引けたという事でこの場は止めました。

IMG_1030.jpg

んで、常設の新ガチャが来たので、当然のように回すと
一回目にピックアップされていない星5のスペクター(凸2回目)を引きました。
しかし、これも一回で止めて十回廻さず。
いや、この常設の新ガチャ。来る時まで気が付かなかったんですが
ピックアップキャラ全員持ってるんよ。
流石に回す気にならん。

しかし、新ガチャ二つで四回しか廻してないのに石はあまり余っていません。
水着の新スキンが来たので思わず買ってしまったからなんですが。

IMG_1014.jpg

アークナイツはスキンを石で買うシステムなので、趣味でスキンを買うと
ガチャを回す石が減ってしまい慢性的に石不足になりがちではある。
(だから課金しがちだったりする)



posted by torotoro at 20:22 | Comment(0) | 雑記