2019年02月17日

ペルソナQ2のゲームオーバーが凝っている件

チクチク遊んでおります「ペルソナQ2」
80時間オーバーペースと言っていましたがどうやら間違いっぽい。
既にプレイ時間80時間超えたけど終わるには
もうちょっとかかりそうなんですなー。
これ100時間ペースちゃうかな。
まぁ現在攻略中なのがラストダンジョンだと思うのですが。

ところで私「ペルソナQ2」序盤で何回かゲームオーバー喰らってるんですが
映画を題材にしたゲームっぽく、掠れや汚れが入った文字が上映される風の
演出となっていました。
「中々凝ってるなぁ」と感心しましたさ。
んで、その後はゲームオーバーもなく順調に進んできたんですが
最終盤である、ここにきてゲームーオーバーを喰らう羽目に。
で、ちょっと驚いたのが序盤で見たのとはまた違うゲームオーバーの演出に
なってたんですよね。

personaQ2_010.jpg

ゲームオーバー画面なんて誰もが見るモノでもないのに
こういうところ凝るんかいと、ちょっと突っ込み入れたくなった。
せっかくだから見てもらおうと、歯ごたえのある難易度設定になっているんかなと
ちょっと思ったりもしたw


posted by torotoro at 23:47 | Comment(0) | ペルソナQ

2019年02月14日

ルーンファクトリー5制作決定!

本日、公開された「ニンテンドーダイレクト」にて
「ルーンファクトリー4スペシャル」の発売と
「ルーンファクトリー5」の制作決定が発表されましたー!



◇ルーンファクトリー4スペシャル:公式サイト

◇ルーンファクトリー5:公式サイト

rf4s_03.jpg

いやあ、放送見てたら
「ああルーンファクトリー4のリファインか・・・それは多少嬉しいけど
やっぱ新作はな・・・え・・・もしかして!?来たーーーー!」
ってな感じでしたさ。

ルーンファクトリー最新作ようやく来たというか
寧ろ本当に続いてくれるの?大丈夫か?と思っていたので
かなりホッとしました。
まぁ、ルーンファクトリー4はセールやったり新パッケージで売ったり
形を変えつつもマーベラスが販売を続けていたので
シリーズ続けるつもりはあるかなぁと希望的観測はもっていたんですが。

んで、スイッチで「ルーンファクトリー4スペシャル」を発売ですよ。
発売日は7月25日・・・。
( ゚д゚)<なんで、「ファイアーエムブレム風花雪月」にぶつけるかなー?

とりあえず買うつもりだけど、遊ぶの多分遅くなるよ?
なお、解像度が高くなって特に立ちポーズが綺麗になっています。

rf4s_01.jpg

個人的に気になるのは、ルンファク4では水着とかの差分の立ちポーズが
通常の立ちポーズと比べクオリティーがやや低かったので
そこに修正入るかなー?という事かなぁ。
あと、紹介動画中に立ちポーズがぬるぬる動いているシーンがあったんですが。

rf4s_00.jpg
■こいつ・・・動くぞ。

新たに追加されるしんこんモードの紹介中だったので
しんこんモードだけの仕様って可能性は高そうです。
紹介動画でも本編中は立ちポーズ動いていなかったし。

後、多少バランス調整入ると嬉しいですね。

rf4s_04.jpg

ところでアナザーエピソードって何?




posted by torotoro at 18:18 | Comment(3) | ルーンファクトリー5

2019年02月03日

ペルソナQ2ちくちくプレイ中

楽しんで遊んでおります「ペルソナQ2」
現在プレイ時間は65時間越え。

personaQ2_007.jpg

結構な時間がかかっていますが理由は幾つか。

難易度NOMALでプレイしていますが、難易度が結構高いのが一点。
下手すると「ペルソナQ」より難しいのでは。

次にキャラクターが多いのが一つ。
「ペルソナ」シリーズでは属性が非常に大切ですが
全ての属性に対応する形で様々なメンバーで
パーティーを組もうとすると、それなりに頭を悩ませる事になるんですよ。

あと、サブクエストが結構ありまして。
まぁ私は好物なので当然全部クリアする方向でプレイしております。

「ペルソナQ」では行き止まりに
小イベントが多く用意されていて、行き止まりにイベント無い方が
珍しいレベルだったんですが「ペルソナQ2」でも
行き止まりでのイベントはあるものの
残念ながら普通に行き止まりになっているトコロの方が多いです。

ただ、その代わりといってはなんですが
「特別上映」という形で通常のマップに
変更を加えたマップ上でのクエストが
結構な数(少なくとも50近くある)用意されているのです。

personaQ2_009.jpg

なお、ダンジョン四つ目の攻略中なんですが
多分、五つ目あると思うんだよなぁ(・ω・)
これは80時間越えコースのような。

posted by torotoro at 22:03 | Comment(0) | ペルソナQ

2018年12月30日

スマブラSP:アドベンチャーモードクリア

「大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル」
スマブラといえば、対戦格ゲーまたはパーティーゲームといった
対人戦がメインなゲームですが今作は一人用が充実しているのもありまして購入。
チクチク遊んでおります。

2018122520241900-0E7DF678130F4F0FA2C88AE72B47AFDF.jpg

んで、アドベンチャーモードは難易度「ふつう」で達成率100%に到達!
全クリアしました。
最後、何処のバトル見逃しているのかと探しまくりましたが
単に真エンド以外も見ないとダメだったという。

今作の一人用での特徴の一つが「スピリッツ」です。
各ゲームのキャラクター達の魂がファイターのコピーに
憑依させられているので、倒す事によって解放していきます。
んで、解放したスピリッツの力を借りてファイターを
パワーアップさせることが出来る。というシステム。

2018120919531100-0E7DF678130F4F0FA2C88AE72B47AFDF.jpg

スピリッツのレベルを上げたり、超化によって進化するスピリッツや
複数のスピリッツを合体させて新たなスピリッツを出現させたり
(正確には元の世界に返したスピリッツが残す台座を
複数使用する事によって新たなキャラクターを呼び出す)
といった育成要素もあります。

アドベンチャーモードは双六のようなマス目が沢山あるマップになっており
それぞれのマスでバトルで勝利する事でスピリッツやファイターを開放して
ゲームを進行していきます。

スピリッツ開放戦は、それぞれのキャラクターに関連したお題になっていて
マップにも各ゲームに関連したギミックなんかが用意されている事もあり
「凝ってるなぁ」と呟いちゃう感じ。

2018122317570400-0E7DF678130F4F0FA2C88AE72B47AFDF.jpg
■例えばニア戦ではニアとビャッコのコンビを模した(?)相手と勝負

2018122518555300-0E7DF678130F4F0FA2C88AE72B47AFDF.jpg
■ストリートファイター関連のマップは世界地図を飛行機で移動

なお、マップかなーり広いです。
クリアしたコマが615。(アドベンチャーモードの)プレイ時間が
37時間越えという事でご察し下さい。
ちなみにスピリッツは軽く1000以上いて、全部が戦う事で開放する
モノではないんですが、それにしてもこれだけのキャラクターに
其々に関連したバトルを用意するという物量にある種唖然。



posted by torotoro at 18:26 | Comment(0) | 未分類

2018年12月29日

THE GARDENS BETWEEN クリア後簡易レビュー

2018122823240900-D298593377BB998EBC5558B0CBC6DBA4.jpg

ちょっと忙しい最中、こういうゲームならば仕事の合間に出来るかなと
プレイしてましたら「THE GARDENS BETWEEN」クリアしました。<オイ

〇どんなゲームなのか

「THE GARDENS BETWEEN」はステージクリア型の思考型パズルです。
ゲームの目的はステージの頂上に用意されている祭壇(?)に光を灯す事。

2018122823293400-D298593377BB998EBC5558B0CBC6DBA4.jpg

プレイ画面を一見するとキャラクターを操作する類の
ゲームに見えますが、実はそういうゲームではありません。
このゲームで操作するのは「時間」
時間を先に進めたり、巻き戻す事によってキャラクターや
ステージ上の物体が動くのでそれを利用して先に進む方法を
探していくパズルゲームになっています。
そういう作りなのでゲームオーバーがありません。

またゲーム中に文章や台詞の類は一切ありません。
画面に出てくる情報からゲームの解き方と
ストーリーを類推して進めてくようになっています。

このゲームでは謎に詰まったらゲームから離れて
暫くしてからまたやってみて「ああ、こんな事だったんだ」
となるパータンを何度も私は味わいました。
ちょっとした思考の転換が求められるタイプのゲームではないかと。

こういった謎解き形式のパズルゲームには
「この解き方は納得いかないなぁ」となるものがありますが
私にとってこのゲームはそういう理不尽を感じるトコロは殆どありませんでした。
いや、全くなかったと言いたいけど、望遠鏡のところの
最後の光の入手方はちょっと納得いかん。いや距離の問題がねぇ・・・。

〇気になったトコロ

ぶっちゃけゲームとしては小粒です。
ステージ数はそれほど多くないしステージ毎の謎の数もそれほどではありません。
・・・が、値段は2100円(税込み)で現在(2018.12/29)はセール中で
1429円(税込み)となっています。
凄く正直に言うと2100円は高い。1429円でも高いけどギリギリあり。と
いうのが私の感想。
あと、もうちょっと歩く速度というか時間を早く動かせないかなぁと思いました。

〇まとめ

時間を操作する事によって解いていくパズルという点において
オリジナリティーがありますし、ゲームとしても良く出来ていると思います。
お手軽に遊ぶ分には良いパズルゲームではないかなと。
ただ、惜しむらくはお値段がややお高いんじゃね?という点でしょうか。