2020年03月08日

ペルソナ5スクランブル:プレイ中

「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ」プレイ中です。
タイトル長いわ(・ω・)

p5s_0001.jpg

予約しておりまして、発売日当日に限定版ゲットしたのですが
難易度ノーマルで結構苦戦しております。
ようやく最初のボスを昨日倒しましたさ(・ω・)

p5s_0002.jpg

いや私最初のボス、マジできつかったんですけど。
一発のダメージでかいし、中々体力ゲージ削れんし。いつの間にか味方死んでるし。

ただ、現在は二個目のジェイル(迷宮)に取り掛かっているんですが
一つ目よりも今のところ(かなり)楽。
慣れもあるのかもしれないけど、最初が一番キツイパターンかもしれん。

発表当初は「ペルソナ無双」って印象でしたが実際は殆どペルソナ5。
迷宮の中にシャドウのシンボルがおり、それとエンカウントする事で戦闘が発生。
スニーキングアクションがあったり、サードアイで敵の強さが分かったりするのも一緒。

p5s_0003.jpg

戦闘自体がアクションゲームになっていますが、相手の弱点を突いて攻撃する事で
ダウンさせて全体攻撃を狙うといった方向性になっていて無双感はあまりありません。
またギミックを利用して戦闘させる方向性もやや高いかな。

p5s_0004.jpg

ノーマルでプレイしていますが個人的には
最初の迷宮攻略時は直ぐSPが無くなるんで、キツイって印象なんですが
二個目はバランスが整ってきて楽且つ面白くなってきている印象です。


ストーリーはP5の後日譚で、雰囲気はまるっきしペルソナ5です。
音楽とかまんまのトコロがあったり、ロケーションがまるっきり一緒のトコロがあったり
するのがP5プレイヤーとしては何かウけてしまう。



posted by torotoro at 11:41 | Comment(0) | ペルソナ5スクランブル

2020年03月03日

エレシュキガル来たー(・ω・)

「FGO」で、ちょっと前から1900万ダウンロード記念で「エレシュキガル」の
ピックアップガチャをやっております。
何を隠そう、イチオシのキャラでして貯めてあった石を全弾投下して
回したんですが・・・・・・・撃沈。

その後は、回す材料が手に入ったらその都度引いていたのですが、出ないのですよ・・・。
常設のキャラじゃ無い為ピックアップガチャじゃないと出ず、一年三か月ぶりのピックアップで
次いつ来るかも分からんという事でギリギリまで駄目だったら課金も考えていたのですが・・・
何とか課金する前に出ましたー(・ω・)

IMG_0733.jpg

しかしレベルはとりあえず90まで上げたけど、スキルマ(スキルを全部MAXまで上げる事)は
アイテム集めるのしんどすぎて正直無理。FGOガチ勢は凄いわ。


posted by torotoro at 21:01 | Comment(0) | 雑記

2020年02月19日

煤闇の章クリアご褒美

「煤闇の章」クリアの後に本編も再度チクチク遊び始めました。
灰狼の学級の生徒が仲間に出来る上にクエストも追加ですから
まぁ、私としては当然(?)なのですが。

他にもクリア特典として支給品がプレゼントされるのですが・・・

FE_FS_0110.jpg

『始原の宝杯』の効果・・・特効無効にする上に距離関係なく反撃
・・・うむほぼチートですな
長距離から攻撃してくる魔導士とか相手に凄く有効そう(・ω・)

しかし、私としては一番楽しみなのが灰狼の学級の生徒達の支援会話。
で、どんな相手と支援会話があるのか気になって確認したところ・・・

FE_FS_0113.jpgFE_FS_0112.jpgFE_FS_0111.jpg

コンスタンツェは「黒鷲の学級」の級長エーデルガルトと
バルタザールは「金鹿の学級」の級長クロードと
ハピは「青獅子の学級」の級長ディミトリと支援会話があります。

級長って別ルートだと仲間にならんのですよね(・ω・)
つまり・・・
( ゚д゚)<最低あと三周しないと全員分見れないって事ですかー!?

2020年02月16日

「煤闇の章」クリアしました(・ω・)

「煤闇の章」クリアしました。
クリアまでの時間は約13時間。

FE_FS_0106.jpg

ガチのSRPGって感じで支援要素なし。育成要素もレベル上げるだけなので薄いです。
ハード&クラシックでプレイしましたが手強かったです。
なお、クリア後にルナティックの追加は無し
クリアデータの保存はありますが、二周目引継ぎ要素はありません。

〇難易度高め

ハード&クラシックでプレイした為もあるかもしれませんが
本編クリアした人向けって感じで難易度高めです。
素材やお金に制限がありますが、そこは気にしなくてもクリア出来るかなと。
なお「天帝の剣」が散策時に自動回復する特別仕様になっていますが
戦闘の合間に散策が無い場合があったり、全回復するワケでもないので
使いたい放題ではありませんでした。(本編よりは気楽に使えるけど)

ぶっちゃけ『ゲーム』としての要素は殆ど戦闘のみ。
決められたステージしか出来ないのでレベルを上げて
対抗する事は出来ません。普通に腕前を問われます。
敵が沢山出てきて長丁場のステージが多かった印象でしたが
「天刻の拍動」の使用は五回まで。
その為、途中使い切ってしまわないかが一番神経使いました。
一回ゲームオーバー喰らったし。

FE_FS_0107.jpg
■実は、本編含めて、初めてゲームオーバー画面みた(・ω・)(途中リセットは沢山したけど)

ラストステージは正直クリティカル頼りで何とかなっただけだった(・ω・)
個人的にはコレは「何これキついんですけどー!」と文句言いながら
攻略プレイを楽しむような人向けって印象。

〇ストーリー・キャラクター

新キャラ四人は良くキャラが立ってて、個人的には良いです。
本編あれだけの人数出しておいて被りないし。

FE_FS_0108.jpg
■少女顔の美少年で俺様口調というFEでいそうでいなかったキャラ

話は、あくまで「サイドストーリー」で期待値は
あまり高く持ちすぎない方が良いかなと。
なお、本編からゲスト(?)も出てきます。
個人的にやや不満だったのが、この展開で
ソティス様出て来ないの不自然じゃね?という点

エピソードの進行とともに「灰狼の学級」の生徒を
段々と本編で仲間に出来るようになり
最後までクリアすると全員が仲間に出来るようになります。
更にサイドストーリーのクリア特典とクエストの追加がある模様。
個人的には本編での彼等の支援会話等が一番気になる&楽しみなトコロ。

「風花雪月」はDLCの追加要素が出る度に
本編にも追加要素がついてくるので
「本編のやり直しは追加要素が出切ってからの方がよくね?」
と考えなおした私は多分正しかった。
と、いう訳でゆるゆると本編再プレイもしてみようと思います。

2020年02月14日

煤闇の章プレイ開始

昨日より配信開始されました
「ファイアーエムブレム 風花雪月」のDLコンテンツ「煤闇の章」
現在プレイしております。

懲りもせず(?)ハード&クラッシックです。
セーブ箇所は三つ・・・分岐は流石にないよね(・ω・)

FE_FS_0101.jpg
■チュートリアルは無し。本編プレイ済みプレイヤー向けと言う事で

EP.3までクリアしましたが今のところの感触では難易度高めです。
遊ぶ人って本編クリアしてますよね?って感じ。
序盤から敵のおかわり沢山。敵が多いしレベル高めだし。

FE_FS_0103.jpg

素材やお金に制限があるという話なので、やや慎重にプレイしております。
主人公が持つ「天帝の剣」は散策すると自動回復なので本編とは逆に使いたい放題なんですケド
(エピソードとエピソードの間で散策に入らない場合もあるので回復しない事もある)

なお「第四の学級」の生徒達は個性豊か。
本編にあれだけ出しておいてキャラ被りしてないし
特にユーリスが「そう来たか」って感じ

FE_FS_0105.jpg
FE_FS_0102.jpg

「煤闇の章」をプレイすると本編の方でも追加要素が出てくるんで
その点も非常に楽しみにしつつ、クリアを目指そうと思います。
しかし、どのくらいのボリュームなんやろ(・ω・)