2011年11月29日

極限脱出ADV 善人シボウデス予約しましたー。

極限脱出ADV 善人シボウデス 
 
 
 
 
「極限脱出ADV 善人シボウデス」予約しましたー。 
前作「極限脱出 9時間9人9の扉」にハマったので、ゲームが発表されてから 
予約できるようになるのを楽しみにしていましたー。 
 
「善人シボウデス」っていうのは「死亡です」と「志望です」の 
ダブルミーニングなんでしょうか。 
 
 
前作から引き続き登場している人物がいるので 
「9時間9人9の扉」のその後の話が分かるような 
ネタがしこまれている事もチラホラ期待。 
 
 

2011年11月16日

引ク押ス:アップデート

本日、「引ク押ス」のアップデートがされましたー。 
 
 
これで、自作のヒクオスのQRコードでの配信が可能となります。 
んで早速自作したのをQR化してみましたー。 
 
HNI_0046_JPG.jpg 
■以前ブログに載せたのから、ちょい改良(?)ちなみにパズルとしてはやや強引(爆) 
 
QRコードを読む方法は 
「ヒクオスをつくる」を選んで、ヒクオスが無い新規のところにカーソルをあわせると 
「新しくつくる」と「QRコードを読む」とを選べますので 
「QRコードを読む」を選んで、後は指示にしたがえばOK。 
 
 
なお、QR化は自分で一回解かないと出来ません。 
また「改変&再配信」が不可か可能かを選んで配信できます。 
 
 

2011年11月14日

フィギュアコンプリート!

ゆるゆる、長々あそんでおります。「DEAD OR ALIVE Dimensions」 
先週、最後のレアフィギュアの配信が行われ、遂にフィギュアコンプリートしましたー。 
 
 
DOA_Dimensions_29.jpg 
 
まぁ、レアフィギュアは「Team NINJA からの挑戦状!」で 
配信されたキャラクターと戦う事でのみゲットできますが 
勝っても負けてもOKですし 
その他のフィギュアも長々遊んでいると自然とゲットできるので 
コンプリートの難易度は低めでなんですが。 
 
 
ちなみに、最後に配信されたレアフィギュアキャラは 
フィギュア全1000体中、この最後の一体でしか登場しないという 
レア中のレアキャラククター! 
 
 
 
そう、皆が待ちに待っていた・・・・ 
 
 
フェイム・ダグラスだーー!!  
 
 
DOA_Dimensions_30.jpg 
■花見の席で演説するフェイム・ダグラスというシチュエーションのつもり(爆) 
 
 
・・・うん。殆どの人が待ってないよね。 
少なくとも私は、待ってませんでした・・・orz 
 
うーむ、アイリーンのサービス的なのが来るのではないかと期待していたのだが。 
 
 
DOA_Dimensions_26.jpg 
 
・・・いや、そんなカオされても。 
 
 
posted by torotoro at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | DEAD OR ALIVE Dimensions

2011年11月09日

引ク押ス(一応)クリア後レビュー

hiku_osu_00.jpg 
 
 
 
 
「引ク押ス」スタッフロールが見られるところまでクリアしましたー。 
解けないステージをスキップ出来る作りですが 
一切とばさず「ヒクオスであそぶ」を全部クリアしました。 
クリア時間は多分23時間程度。まぁ、思考型パズルゲームなので 
人によって全然クリア時間が変わるタイプのゲームではありますけど。 
 
(プレイ時間は「思い出きろく帳」にて確認。クリア後もちょっと遊んだ後で 
確認したので正確なところはちょっと不明ですが(汗) 
 
 
hiku_osu_03.jpg 
 
 
スタッフロールを見た後も遊べるので「一応」クリア後レビューという事で。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
「ヒクオス」という、ブロックを引き出したり押し込んだりする事の 
出来る壁(?)がありまして、その特性を利用して足場をつくって昇っていき 
それぞれの「ヒクオス」で決められたゴール地点を目指す 
ステージクリア型のアクションパズルゲームです。 
 
hiku_osu_05.jpg 
 
制限時間やゲームオーバーは無く、トライアンドエラーを繰り返して 
じっくりゆっくり解いていくタイプ。 
ストーリー性は、ほぼありません。 
 
 
■丁寧なつくりの親切設計 
 
序盤のステージが、丁寧なチュートリアルになっていて 
先ず遊び方に悩む事はないかと。 
 
んで、それとは別に「遊び方の説明」が用意されていまして 
その内容もキャラクターの動きを交えた説明で分かりやすく 
更に自分でも実際にキャラクターを動かす事が出来るという 
凄く丁寧なタイプ。 
 
 
また、ゲームの性質上ブロックの上から落ちたりする事で 
上に登る事が不可能な「詰み」の状態になってしまう事があるのですが 
短時間ならば時間の巻き戻しが可能なので 
小さな操作ミス等で全てをやり直す必要がありません。 
 
hiku_osu_07.jpg 
■短時間の巻き戻しが可能・・・実はクリア後まで台詞の巻き戻しと勘違いしていた私(爆) 
 
そしてステージにリセットスイッチがあるので、リセット自体も容易。 
と、いった具合で非常に遊びやすい作りです。 
 
 
■ステージのバリエーション・数も豊富 
 
ステージは「イラスト1」などのカテゴリーの分かれていて 
1つのカテゴリーが、それぞれ18ステージ。 
スタッフロールが見られるトコロまでで11カテゴリーあるので 
そこまでで198ステージある上、クリア後に遊べる 
エクストラステージもあります。 
 
またステージの形がドット絵のイラストになっているものもあり 
なかなか目も楽しませてくれます。 
 
hiku_osu_04.jpg 
■「引く押す」だけでなく、ちょっとした仕掛けもありパズル性を増している 
 
 
■自分でヒクオスを作る事もできる 
 
 
このゲームでは、プレイヤーがヒクオスを作る事も出来るようになっています。 
元となるヒクオスがあるので、そこから作る事も一から自分で作ることも 
出来ます。 
 
 
実は私も作ってみたんですが・・・結構つくりやすいかなーと。多分。 
 
hiku_osu_02.jpg 
■さて、出来はどうでしょう?一応、コレちゃんとゴールできます。 
 
 
現在、自分で作ったヒクオスの配信は出来ないのですが 
QRコードで配信が出来るようにアップデートが今後されるというアナウンスが出ています。 
 
 
■まとめ 
 
序盤ちょっと簡単なのが続きすぎるかなーというところが少し気になったのですが 
最終的には結構な難易度のモノが出てきますしステージ数も十分。 
 
また、丁寧につくられている感じが随所に出ているゲームでして 
遊んでいて、心地よい印象。 
 
 
まぁ、こういった思考型パズルゲームが好きな方ならば 
十分楽しめるゲームではないかと思います。 
 
 

2011年11月05日

悩めるエアロパーツ

楽しんで遊んでおります「Forza4」 
 
itasyaPhot02.jpg 
■90は当然(?)飛鳥のバストサイズ 
 
 
_ ∩ 
( ゜∀゜)彡 おっぱい!おっぱい! 
 
⊂彡 
 
 
と、言う具合に痛車集めも順調です。<オイ 
 
素晴らしい痛車がガレージに揃ってきたのですが 
私も「Forza3」に続いて、痛車作りをしてしまいましたさ(爆) 
 
で、とりあえず完成・・・したのですが 
「Forza」では車に様々なエアロパーツ・外装を取り付ける事もできて 
それにより車の外観が大きく変わる為 
エアロパーツをつけたらペイントの塗り残しなんかが 
出てきてしまう場合があります。 
 
なので、ペイントを施した車に対応するパーツをつけてみて 
ペイントミスが生じないかをチェックします。 
今回、私がペイントした車は結構、対応パーツが多く 
ちょっと面倒・・・と思っていると思わぬモノを発見。 
 
 
forza4_09.jpg 
■ちなみに車はsilvia S14 
 
あるパーツをとりつけたら、おもいっきりペイントにズレが(汗) 
恐らくパーツのテクスチャーの座標指定の間違いだと思われます。 
 
・・・で、対処方法ですが 
ズレが起きる箇所から絵や文字などズレが分かるモノを移動する事に。 
ズレが生じていても一色塗りになっていれば分かりませんので。 
 
しかし、実は写真での箇所以外にもズレが生じていまして(汗) 
ああでもない、こうでもないと文字や絵の位置・大きさの 
微妙な調整を繰り返す事に。 
それでもなんとか、ズレが見えなように調整して・・・ようやく再度完成。 
 
んで、再度他のパーツでも大丈夫か確認していきます。 
数が多いので結構面倒だ・・・しかし、コレで大丈夫かな・・・ 
 
・・・げ、新たなズレ発見(汗) 
 
forza4_10.jpg 
 
しょうがない、また調整・・・ 
 
 
・・・ 
 
・・・・・・ 
 
・・・・・・・・・いや、コレは無理(汗)  
 
 
コレを動かすとなるとかなり面倒というか狙ったデザインにならないので 
ここで断念・・・orz 
 
結局別の車にペイントしてデザインをストアフロントに出しましたー。 
まぁ、コレはコレで自分用で乗っているんですが。 
 
 
posted by torotoro at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Forza Motorsport シリーズ