2011年11月09日

引ク押ス(一応)クリア後レビュー

hiku_osu_00.jpg 
 
 
 
 
「引ク押ス」スタッフロールが見られるところまでクリアしましたー。 
解けないステージをスキップ出来る作りですが 
一切とばさず「ヒクオスであそぶ」を全部クリアしました。 
クリア時間は多分23時間程度。まぁ、思考型パズルゲームなので 
人によって全然クリア時間が変わるタイプのゲームではありますけど。 
 
(プレイ時間は「思い出きろく帳」にて確認。クリア後もちょっと遊んだ後で 
確認したので正確なところはちょっと不明ですが(汗) 
 
 
hiku_osu_03.jpg 
 
 
スタッフロールを見た後も遊べるので「一応」クリア後レビューという事で。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
「ヒクオス」という、ブロックを引き出したり押し込んだりする事の 
出来る壁(?)がありまして、その特性を利用して足場をつくって昇っていき 
それぞれの「ヒクオス」で決められたゴール地点を目指す 
ステージクリア型のアクションパズルゲームです。 
 
hiku_osu_05.jpg 
 
制限時間やゲームオーバーは無く、トライアンドエラーを繰り返して 
じっくりゆっくり解いていくタイプ。 
ストーリー性は、ほぼありません。 
 
 
■丁寧なつくりの親切設計 
 
序盤のステージが、丁寧なチュートリアルになっていて 
先ず遊び方に悩む事はないかと。 
 
んで、それとは別に「遊び方の説明」が用意されていまして 
その内容もキャラクターの動きを交えた説明で分かりやすく 
更に自分でも実際にキャラクターを動かす事が出来るという 
凄く丁寧なタイプ。 
 
 
また、ゲームの性質上ブロックの上から落ちたりする事で 
上に登る事が不可能な「詰み」の状態になってしまう事があるのですが 
短時間ならば時間の巻き戻しが可能なので 
小さな操作ミス等で全てをやり直す必要がありません。 
 
hiku_osu_07.jpg 
■短時間の巻き戻しが可能・・・実はクリア後まで台詞の巻き戻しと勘違いしていた私(爆) 
 
そしてステージにリセットスイッチがあるので、リセット自体も容易。 
と、いった具合で非常に遊びやすい作りです。 
 
 
■ステージのバリエーション・数も豊富 
 
ステージは「イラスト1」などのカテゴリーの分かれていて 
1つのカテゴリーが、それぞれ18ステージ。 
スタッフロールが見られるトコロまでで11カテゴリーあるので 
そこまでで198ステージある上、クリア後に遊べる 
エクストラステージもあります。 
 
またステージの形がドット絵のイラストになっているものもあり 
なかなか目も楽しませてくれます。 
 
hiku_osu_04.jpg 
■「引く押す」だけでなく、ちょっとした仕掛けもありパズル性を増している 
 
 
■自分でヒクオスを作る事もできる 
 
 
このゲームでは、プレイヤーがヒクオスを作る事も出来るようになっています。 
元となるヒクオスがあるので、そこから作る事も一から自分で作ることも 
出来ます。 
 
 
実は私も作ってみたんですが・・・結構つくりやすいかなーと。多分。 
 
hiku_osu_02.jpg 
■さて、出来はどうでしょう?一応、コレちゃんとゴールできます。 
 
 
現在、自分で作ったヒクオスの配信は出来ないのですが 
QRコードで配信が出来るようにアップデートが今後されるというアナウンスが出ています。 
 
 
■まとめ 
 
序盤ちょっと簡単なのが続きすぎるかなーというところが少し気になったのですが 
最終的には結構な難易度のモノが出てきますしステージ数も十分。 
 
また、丁寧につくられている感じが随所に出ているゲームでして 
遊んでいて、心地よい印象。 
 
 
まぁ、こういった思考型パズルゲームが好きな方ならば 
十分楽しめるゲームではないかと思います。