2012年02月19日

お姉チャンバラZ ~カグラ~ :ストーリー(一応)クリア後レビュー

お姉チャンバラZ ~カグラ~  【CEROレーティング「Z」】 
 
 
「お姉チャンバラZ ~カグラ~ 」ストーリーモードを 
カジュアル・ミディアムで(全チャプターC以上で)クリアしましたー。 
やり込み要素はまだまだなのですが。 
 
やや取っ付きが悪いゲームですが、慣れればアクションゲームとして 
爽快感と攻略性はきっちりあります。 
が、ボリュームにやや難あり。 
また、正直作りの甘さはあるかなーという感じです。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
大量の敵をバッサバッサとなぎ倒す 
無双系のアクションゲーム「お姉チャンバラ」シリーズの最新作です。 
 
プレイヤーキャラクターである半裸の美女が 
ゾンビを血まみれになりながら切り倒すというコンセプトのシリーズで 
卑猥と残虐さを併せ持つゲームといえます。 
 
onechambara_z_17.jpg 
■「暴走」(攻撃力が高くなるが・体力が徐々に減り耐久力も低下)といった独自システムもあり 
 
 
■アクションゲームとして 
 
一人のキャラクターに二種の武器が用意されていたり 
サブウェポンがあったり、複数のコマンド技があったりと 
アクションの種類は豊富にありまして 
故に操作が結構複雑で、それなりに慣れも必要になっていて 
いまひとつ取っ付きはよくありません。 
 
ただアクションそれぞれに、ちゃんと意味があり 
上手く使いこなせれば、上手く立ち回れ 
敵によって有効な攻撃方法などもあり 
考えてつくられている事を思わせます。 
・・・と、言いつつ私は全部は使いこなせてないんですけどね(汗) 
 
まぁ、ぶっちゃけ操作に慣れずとも 
回復アイテムなどを使っての力押しの不細工な形で 
先に進む事は出来ないではないんですが 
チャプター毎に評価があって、その評価が「D」だと 
先には進めるもののチャプターとしてクリアした扱いにならないので 
それなりに上手くプレイする事が求められうようになっています。 
 
onechambara_z_09.jpg 
■チャプター毎にプレイを始められるので、後でプレイして評価を上げる事は可能 
 
操作自体は慣れれば気持ち良く、スピード感をもって 
バッサバッサと切り倒す無双の快感が味わえ 
ボスキャラ相手にはちゃんと攻略も楽しめるような 
作りには、なっていると思います。 
 
onechambara_z_13.jpg 
■ムービー中に指定のボタンを押すシステムあり・判定甘いので爽快感・演出重視っぽい 
 
 
■ボリューム 
 
(DLで買わないと)プレイヤーキャラクターは二人で 
この二人が何時でも交代できるシステムになっています。 
 
んで、ストーリーモードは一本のシナリオを 
二人のキャラクターで攻略するようになっていて 
チャプター数は16。一周は2〜3時間で出来るかと。 
ボリューム的には正直少な目です。 
 
また、中ボスクラスが複数回出てきたりするので 
やや水増し感はあり。 
 
onechambara_z_12.jpg 
 
ストーリーモードの難易度が5種類あったり 
難易度三種類のミッションモードが用意されていたり 
様々な課題をクリアする事で装備品などが手に入る 
コレクション要素があったりと 
やり込み要素は用意されているのですが。 
 
 
■気になったところ 
 
まずストーリーですが、ストーリー重視の方では先ずアウトかと。 
ほぼ内容がない上、説明不足で事前に設定などの情報を知っていないと 
通じない面もあります。 
 
説明不足といえば、前述しましたランクがDだと 
クリア扱いにならないという事は実は説明がありません(爆) 
あと、場所によっては次にどこに行けばいいのかが 
非常に分かりづらく個人的には、何回か悩みました。 
 
また個人的に結構気になったのが、プレイ中に 
説明文が下に出て流れていく事。 
敵の倒し方とか、結構大切な情報も流れるのですが 
アクションの最中なので、時には見逃してしまうのですよね。 
そして、二度と読めないという(汗) 
 
onechambara_z_03.jpg 
■下にインフォメーションが流れます。 
 
なお、進行不能バグとフリーズがあるようなのですが 
・・・と、いうか実はそれぞれ一回喰らいました(爆) 
ただ、前述しましたようにチャプター毎に再プレイ出来る形なので 
途中からのやりなおしが一応出来るようには、なっています。 
 
 
■まとめ 
 
取っ付きの悪さはありますが 
ちゃんと独自の面白さを持った無双ゲームではあります。 
が、作りの甘さと説明不足・ボリューム不足がやや目につく印象かなーと。 
 
まぁ、おっぱいとお尻が十二分に鑑賞できるので 
良いといえば良いのですが<オイ 
 
onechambara_z_07.jpg 
 
 

2012年02月14日

愛だよ愛。

NEWラブプラス (通常版) 
 
愛か? 
愛を買いに行くのか?二百九十八円で!:from「偽物語」 
 
・・・と、言うワケで、予約していた愛がバレンタインに到着しました♪<どういうワケだよ 
 
N_LovePlus_00.jpg 
 
本日「NEWラブプラス」到着ー。 
 
 
 
・・・おや、他にも同梱物が・・・ 
 
 
 
どーん! 
 
N_LovePlus_01.jpg 
 
アートブックですー。予想以上にデカく・重く・立派なんでちょっと驚き。 
うーむ、これは値が張るのも分かるぜ。 
 
 
 
 
・・・おや、他にも同梱物が・・・ 
 
 
 
どどど、どーん!  
 
N_LovePlus_02.jpg 
 
・・・うーむ、しまったコレで終わりではオチがない。 
いや、既にオちているとか、堕ちているとかは言わない方向で(爆) 
 
なお私が買ったのは 
「NEWラブプラス “NEWマナカデラックス”&マナカ アートブックセット」 
(一番お値段の張る)コンプリートセットではないのですよ 
まだまだ甘いな(ふっ) 
 
 
posted by torotoro at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2012年02月07日

アナタと合体したい

golden_00.jpg 
 
クラブニンテンドーよりゴールデンヌンチャク到着〜♪ 
 
そして、ゼルダ25周年パックについてきたモーションプラスと 
 
合・体 !!  
 
golden_01.jpg 
 
正直、ゼルダのクリア前に届いてればなーとは思いましたさ(笑 
 
 
posted by torotoro at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

エンドレスダンス、カンスト達成〜♪

クリアしてからも、ちょこちょこ遊んでいます 
「リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産」 
最近はエンドレスモードを遊んでまして、LV.1「エンドレスダンス」でカンスト達成〜♪ 
 
rhythm_kaitou_R_13.jpg 
 
ちなみに(ノーミスで)スコア311のところで一周して 
後は最初から繰り返しなので、一周出来てしまえば、後はそこまでやる根気というか(爆) 
 
そして、現在はLV.3「エンドレスサンバ」も周回になっているのでは?と 
考えてとりあえず一周する事を目標にプレイ中 
 
rhythm_kaitou_R_14.jpg 
■ニセ怪盗Rの曲のところがムズかしくて、今まで一回しか突破できてない(汗) 
 
サンバのゲームは、最近ちょっとお気に入りでして・・・ 
最初は目でボール(?)を追ってしまって次々出てくるボールに 
対処できず「こんなの出来るわけねーw」となっていたのですが 
なるべく中央のボール出現地点に目をやり 
ボタンを押すのはリズムに乗って勘というかタイミングで。 
目で追うのは比較的タイミングがとりづらいところに絞ったら 
(なんとなく)コツがつかめた感じになったんですよ。 
 
・・・と、いいつつエンドレスサンバはまだ一周できていないのですが(汗) 
 
 
posted by torotoro at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | リズム怪盗R

2012年02月05日

今更ながら「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」クリア後レビュー

ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱) 
 
ゆるゆる楽しんでおりました「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」クリアー♪ 
特に最後の方は夢中で解いてしまいましたw 
 
zelda_sws_50.jpg 
 
クリア時間は66時間オーバー。 
ヒントは最後まで何とか見ないで済みました。 
 
「感謝の気持ち」イベントをクリアしたので 
恐らくサブイベントも全部こなしているかと。 
自力で全部解いた事もあり、長々と悩んだり、横道に逸れたりも多々あったので 
クリア時間としては多分長めかと・・・まぁ、私は大概クリア時間長めですが(爆) 
なお、キューブ宝箱は残念ながら全部は開けておらず。 
 
オーソドックスでありながらも 
他に類が無い大型アクションRPGって感じですね。 
最後まで楽しんで遊べましたー♪ 
 
そして、なにより・・・ 
 
zelda_sws_41.jpg 
 
ファイ、可愛いよファイ♥<オイ 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
アクションRPG「ゼルダの伝説」シリーズの最新作です。 
剣やそれ以外の様々な道具を駆使して謎解きや戦闘をクリアする事で 
ストーリーが進行していきます。 
 
特徴の一つはWiiモーションプラスを使った操作形態。 
Wiiリモコンを剣にヌンチャクを盾に見立ててプレイする事で 
剣を様々な向きに自在に振れます。 
そして、その自在に振れる事を最大限利用したゲームになっており 
大きな独自のゲーム性を持っています。 
まぁ、操作形態が特殊なので慣れは必要ですが。 
 
zelda_sws_47.jpg 
■例えばスタルチュラは腹に弱点があるので下から上に斬り上げ引っくり返してから・・・ 
 
 
■多様な謎解きアクションRPG 
 
 
「ゼルダの伝説」シリーズは、剣や様々な手に入れた道具・・・弓やパチンコ等々を使い 
謎解きをして進行する傾向があり、戦闘も剣や道具をどういう形で使うかという発想によって 
クリアしていく度合いが強いゲームです。 
 
んで、今回はその謎解きの密度・難易度・クオリティーが 
他に類がない位に非常に"濃い"です。ボリュームも凄いしw 
 
もうね。ダンジョンの中どころか、そこに行くまででも仕掛けのオンパレード。 
必須でないサイドの仕掛けも結構ありますし。 
こういったゲームが好きなでジックリ・たっぷり遊びたい方には 
かなり楽しめるゲームではないかと。 
 
謎解きの難易度も結構発想の転換をしないと解けないのが多いような。 
ただ、お助け機能としてヒントが見られるようになっています。 
 
zelda_sws_28.jpg 
■ヒント機能あり。 
 
また用意されているプレイの幅・遊びの幅がなかなか多様でして 
遊んでいて、よくもコレだけのネタを詰め込んだなーという感じですw 
まぁ、流石に終盤は応用問題的なのが多くなっていますが。 
 
 
■街の人達の描かれ方 
 
「ゼルダの伝説」シリーズでは 
通常のRPGと比較して街の人間等がかなり記号的というか 
キャラクターとして描かれない印象をもっているんですが 
今回は、街の住人達がきっちり繋がりをもって 
描かれていて丁寧な印象です。 
 
個人的には、ここの変化の印象が結構強く 
最初遊んだときに 
「ゼルダらしくない・・・普通のRPGっぽい」(いい意味で) 
と思いましたさ。 
 
zelda_sws_29.jpg 
■個々のキャラの描き方がいい意味でゼルダらしくないかなと。 
 
また、サブキャラクター達が関係してくる 
サブイベント的なものも用意されています。 
ただ、分量としては普通程度かなー。それほど多くはありません。 
 
 
■まとめ 
 
謎解きがこれだけ"濃い"RPGというのは、これまで遊んだ事がありません。 
密度の高さ、濃さではちょっと比類するRPGがないかも。 
そして、操作形態とそれを利用したゲーム性としても 
他に類するゲームは先ず無いかと。 
そして、そうでありながら作り自体はシッカリ堅実なつくり。 
 
こういった傾向のRPGが好きな方で 
たっぷり&じっくり腰を落ち着かせて楽しみたい方には、かなり向いたゲームかと。 
 
ただ、ぶっちゃけ詰まる時は詰まるのでストーリがサクサク進むのが好きな方や 
凝ったストーリーでぐいぐい引っ張るタイプが好きな方には合わないかな。 
まぁ、ストーリーよりゲーム性がメインのタイプのRPGですので 
ストーリー追いかけるより色々と謎解きしている時間の方が長いですし 
基本オーソドックスですしね。私は話も気に入ってますが。 
 
 
なお、やり込み要素として難易度辛口の二周目と 
ゲーム内ゲームとしてボス戦連戦とサイレンを遊ぶ事が出来ます。 
 
 
 
 
 
 
 
※コメントで、ややネタバレ話してしまったので 
未プレイ・プレイ途中の方は注意してください。