2013年11月29日

続くよルーンファクトリー

本日ルーンファクトリーの開発をしていた 
ネバーランドカンパニーが業務停止をし、近く破産手続きを行うという 
ショッキングなニュースが飛び込んできました。 
 
私はシリーズファンですので「今後どーなるんだ・・・」と 
悲嘆にくれていたのですが 
という意味であろうコメントが出されました〜。 
 
 
開発会社がなくなってしまうわけですから 
当然、不安はあるんですが 
とりあえず「次」がありそうである事を喜び 
ドキドキしながら今後の発表を待ちたいですね。 
 
 
posted by torotoro at 20:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記

2013年11月28日

初回限定に弱いのです。

本日、宅急便にてゲーム二本到着〜。 
 
project_mirai_2_00.jpg 
assassin_c_bf_00.jpg 
 
ぶっちゃけ、遊んでいる時間あるかというと微妙なんですが 
両方とも初回限定でモノがついてくるので、ついつい注文してしまいましたさ。 
ちなみに、今回はどっちもamazonでなかったりします。 
 
あと、ちょっと前にコッソリこちらも買いました。 
 
s_mario_3DWARLD_00.jpg 
■こちらはamazonにて購入。なお、発売日二日後に到着(・ω・) 
 
そして、実は(一応の)クリア済み。 
遊んでいて楽しく、ステージ構成が短めな為か 
ついつい「あと1ステージ」を繰り返してしまい 
いつのまにやらクリアしてしまいましたさ。 
しばらく後でレビュー書くかもしれません(・ω・) 
 
WiiU_screenshot_TV_01061_20131128212911d99.jpg 
■クリア後・・・ちょっとプレイすると使えるようになるロゼッタ 
 
ちなみに、上の画像「WiiU」から『直接!』アップロードしたものです。 
WiiUからTwitter等に画像を上げられるツールが出来たのは知ってましたが 
(WiiUの)ネットブラウザを使ってブログなんかにも上げられるようになっていたとは 
知らなんだ。 
 
 
posted by torotoro at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2013年11月23日

『マイティー スイッチ フォース!』クリア後レビュー

M_S_F_01.jpg 
 
 
3DSダウンロードソフト「マイティー スイッチ フォース!」 
ボーナスステージも含めてアベレージ(規定時間)クリアしましたー! 
私がこういう完全クリアするのはマジめずらしいです<オイ 
 
 
M_S_F_11.jpg 
■正直、ボーナス05はもう一回アベレージクリアする自信はない(・ω・) 
 
通常ステージは16。クリア後にボーナスステージが5追加されます。 
 
 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
ステージクリア型の2Dアクションパズルゲームです。 
ステージ内にいる犯罪者の5姉妹を捕まえると 
お迎えのロボットが来て、ロボットに乗るとクリアになります。 
 
M_S_F_08.jpg 
■五姉妹はステージ内に隠れて(?)いて動いたりはしない。接触すると捕まえられる 
 
特徴としてはステージにON・OFFが切り替わるブロックがありまして 
これをボタンを押す事で一斉に切り替わるようになっています。 
そして、ブロックは何種類か異なる性質をもったものがあり 
その性質を利用してタイミング良くブロックを切り替える事により 
進んでいくようになっています。 
 
M_S_F_07.jpg 
■半透明で表示されているのがOFFのブロック。ブロックの切り替えがこのゲームのキモ 
 
ちなみに立体視ですとOFFのブロックが奥、ONが手前に表示されて 
感覚的に分かりやすいです。 
 
また、クリア目標となる時間(アベレージ)が設定されており 
この時間内にクリアすると(一応)ご褒美があります。 
・・・私はあまりうれしくありませんでしたが(笑) 
 
 
なお、タイムアタックはスタッフロール後にやるのが正解かと 
個人的には思います 
(理由は、ややネタバレなので後述) 
 
M_S_F_03.jpg 
■目標時間内にクリアしたステージには星がつきます。 
 
■ゲームバランス 
 
ゲームのライフは3で敵の攻撃を受けると 
やられポーズになり、ライフが1減少します。 
とげのある場所に落ちたり、ONにしたブロックに重なった場合は 
ライフが1減少して、チェックポイントからやり直しになります。 
で、全てのライフを失うとゲームオーバー。 
 
ライフとチェックポイントはステージ途中に結構配置されていますし 
ライフは敵を倒した際も時々出るので 
そんな神経質にプレイする必要は無い感じ。 
まぁ、終盤のステージなると(私にとっては)普通に難しい感じで 
何度もゲームオーバーになりつつクリアしましたが。 
 
ステージの長さは、序盤は結構短めのが多め。 
終盤は、まぁまぁ長いステージも出てきますが 
凄い長いって感じでもありません。 
目標タイムが1〜2分が多く 
(私がプレイしたところでは)最大でも5分ですし。 
なので、ゲームオーバーになっても結構 
再トライやりやすくもあります。 
 
・・・まぁ、目標タイムはシビアな感じなので 
初回では軽くオーバーするのですけどね 
実際2分10秒のところで、私は軽く10分以上かかりましたー。 
 
 
なお、ところどころ悩むところもありましたが 
パズルアクションとしてはパズルよりもアクション寄り 
もしくは中間くらいかなと思います。 
ただ、(敵は出てきますが)アクションといっても 
敵をバンバン倒すという感じではなく 
タイミングよくスイッチを切り替える事により上手く進んでいくのがメインです。 
(敵が全く出てこないステージもありますし) 
アクション下手な私でもクリアはできたので 
ある程度の腕は要求されますが、シビアってワケではないかと。 
 
ちなみにプレイ中に下画面には 
ライフ・姉妹の捕縛状況・時間・レーダー(姉妹やロボットのいる方向が表示される) 
が常時、表示されるようになっています。 
 
M_S_F_02.jpg 
■レーダーがあるので、悩んだ時は便利。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
複数のボタンを使い、間違うと一発で失敗しかねないので 
下手っぴな私は、最初かなり戸惑いましたー。 
スイッチボタンとジャンプボタンを良く間違いましてね(・ω・) 
まぁ、慣れるとなんて事ないですが。 
 
序盤やや簡単すぎるステージが 
いくつかある事。 
 
Xボタンを押しながら十字キー又は、スライドパッドで 
背景をスクロールできるのですが、ステージよっては 
「もうちょっと周り見えんかのー」 
と悩む事がありましたさ。 
まぁ、それもゲーム性といえばゲーム性ですが。 
 
 
■まとめ 
 
プレイしての気持ちよさとゲームバランス 
ゲームのバリエーションがきっちり作ってあるゲームで 
きっちり楽しめる作りになっています。 
グラフィックもいい感じですしね。 
こういったタイプのゲームが好きな方ならば 
先ず問題なく楽しめるかと。 
 
個人的には、いい感じの難易度でトライを何度か繰り返しながら 
楽しんでクリアできました。 
終盤それなりに難易度あるのでゲーム初心者でも大丈夫とは 
言い難いかもしれません。 
アベレージクリアを目標とするタイムアタックは 
いかに早く移動するかといった工夫とテクニックが求められ 
通常のゲームクリアとはまたちょっと違ったゲーム性を楽しめます。 
 
個人的にはこれは立体視大推奨。 
ブロックのON/OFFが分かりやすいので。 
あとスタッフロールが完全立体視仕様です。 
 
ちなみにこのゲーム 
ゲーム中、文章での説明って全く入らないゲームなんですが 
プレイしていると自然と「こーゆー事なんだろうな」と 
当たりが付く感じになってます。 
 
 
■ゲームクリア後の事 
 
 
(ややネタバレ) 
 
 
続きを読む

2013年11月21日

いっしょにフォト どうぶつの森購入〜。

本日から発売となりました 
「いっしょにフォト どうぶつの森」を買ってきました〜。 
 
issyoni_photo_do.jpg 
 
実は、ちょっと前に「いっしょにフォト スーパーマリオ」を全種類おいてある 
コンビニをみつけまして、そこならば売っているだろうとあたりをつけて 
勢い込んでいってみれば・・・売ってませんでしたさ(・ω・) 
 
 
・・・しかし、買い物ついでにたまたま入った別のコンビニにて発見。 
全種類あったのですが、財布の中身の問題で今回は二種購入しました。 
今月から来月にかけてDLゲーム買う予定が結構あるので 
私にとっては今回はいいタイミングの発売でした。 
 
 
posted by torotoro at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

星霜のアマゾネス:ちくちくプレイ中。

ちくちく遊んでおります「星霜のアマゾネス」 
第五章突入〜。 
 
S_am_06.jpg 
 
 
正直体験版の第一章は 
ダンジョンのつくりに無駄が多くあったので 
内容に不安があったのですが 
二章以降はダンジョンRPGをちゃんと分かった構造になっており 
ホッとして進めています。 
 
 
ちなにみマップはオートマッピングなんですが・・・ 
「世界樹の迷宮」プレイヤーとしては、なんか自分で書きたくなってしまいがち(・ω・) 
自分でマップ書くのって面倒なように見えて、実はいろいろとメモ的な事が書けるので 
便利でもあるんですよね。 
このゲームワープゾーンとかもあり、やや複雑な作りになっているトコロもあるので。 
 
戦闘はプレイヤーの人数が増えるに従い複雑になってきてイイ感じ。 
敵もだんだん手ごわい感じになってきていますし。 
 
会話ノリは今のところ体験版の感じまんまで好みの分かれるところかなと。 
 
S_am_05.jpg 
■因子覚醒モードのコツもだんだんと掴めてきた〜(・ω・) 
 
 
posted by torotoro at 23:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 星霜のアマゾネス