2016年09月16日

一本道からの脱出:ペルソナ5

楽しんで遊んでおります「ペルソナ5」
ちなみに戦闘の難易度はハード。(なお、難易度は「SAFETY」以外は途中変更可能)
途中から自分がプレイしている箇所でのプレイ内容を「他の人がどのようにプレイしたか」
参照できるようになりますが私は自力プレイが主義なので参照はしないつもり。

persona5_001.jpg

ところで、「ペルソナ5」シナリオは個人的には非常に好みなんですが
序盤、結構長く(実質)一本道です。
一見ある程度自由度があるように見えて、実はやれる事、行ける場所が限られていて
その中で「正解」を探すカンジなので「やらされている感」が強い。
長いチュートリアルっていえばチュートリアルなんかなぁ。
個人的にこういう「やらされている感」が強いのは肌に合いませんで・・・
( ゚д゚)この序盤のゲームプレイの鬱屈したカンジは主人公の抑圧された感じとのリンクなのかー!?
とか思ってしましましたさ。

・・・が、ここにきてようやく一本道から解放されまして、自由に動ける処までやってきました。
ここまで、長かったー(・ω・)よーし、色々な場所をウロウロするぜ。
(サブイベントやらを探してうろつくのが大好きなタイプ)

しかし、PS4のシェア機能でのスクショ全くと言っていいほど許可出ないので
画面写真殆ど載せられず。
アトラスかなりネタバレ嫌うのでしょうがないかも。
このまま全然許可出ないんだろうか(・ω・)

後、かなりの余禄なんですが超序盤のアニメシーンで
旧ルパン三世のOPのルパン大写しで手前に向けて走るカット
(カリオストロの城でもクラリスとの出会いの回想シーンで同じ構図のカットあり)
と殆ど同じ構図のシーンが出てきたんだけど、やっぱし狙ってやってるんだろうなぁ。
怪盗がモチーフだし。


posted by torotoro at 22:56 | Comment(0) | ペルソナ5