2017年06月03日

神巫女:クリア後レビュー

2017060315392500-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg
■クリアするとオープニング画面がクリアキャラになります

Nintendo Switcheにて500円で配信されています「神巫女」クリアしましたー。
全3キャラクリアをした後隠し要素もクリアするためにもう一周。計四周しました〜。

「?????」という項目があるんですが、全3キャラクタークリアでも開かなかったので
開く為の要素の概要だけはネットで見てしましましたさ。

2017060321172600-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg
■四周目のクリアタイム

一周は最初は約二時間かかりましたが、二周目以降は約一時間で終わりました。
クリアタイムアタックの要素がありまして
一時間以上だとブロンズトロフィー
一時間未満だとシルバートロフィーが表示されます。
この調子だと30分未満だとゴールドトロフィーになるんすかね?


■どんなゲームなのか

見下ろし系のドット絵アクションゲームです。
三人のキャラクターからプレイキャラを選択。ステージは全部で4つ。
1ステージ毎に四つの封印された鳥居(セーブポイントを兼ねる)があり
鳥居全部を開放する事でステージボスへの扉が開かれるという作りです。


■基本的にはお手軽アクションゲーム

使うボタンは二つだけのお手軽アクションです。
Aボタンで攻撃、B(他Rとか色々な)ボタンでダッシュです。
Aボタンを暫く押しっぱなしにして解放するとSPを消費して
スペシャル攻撃を行います。
(スペシャル発動にはSPが最低50必要)

アクションゲームですが、ややアクションRPGぽい。
体力とSPがあって、体力回復がツボを破壊したり草を刈ったりする事で出現。
SPは敵を倒す事で溜まっていきます。
敵倒して、体力回復が出てくる事が無いので注意。
ツボや草を刈りきってしまうと回復はもう出てきません。
なので、体力MAXの際に無駄に回復とったりしてると後で困ります。
最初、コレ気が付かないで私がちょっと困った(・ω・)

2017060314534200-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg

またところどころギミックがあって、解かないと進めないようになっています。
ギミックや宝箱はSPを消費しないと開かないモノがあるので
無駄にスペシャル攻撃とかしていると後で困ります。鳥居の開放もSPが必要ですし。
尤も敵は一旦全滅させても出現地点にいくと必ず復活する作りなので
SPは幾らでも稼げる為これで詰みになったりする事はありません。

なお体力とSPの上限UPが宝箱に入っていたりステージボス前に置いてあったりして
ステージを重ねる毎に増えていきます。

2017060315533300-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg

なお、ボスはこれまたアクションRPGっぽく
ちょっとしたギミックがある大きなボスとの対戦となります。

ちなみにやられた場合に復活するとSPと体力が満タンの状態で
最後にセーブした地点からのやり直しになります。
(鳥居以外にボス戦前とかに自動セーブする地点もあり)

なお、イベントが最初と最後の方にちょっとあるだけで
ストーリー性はほぼありません。


■キャラクター三人の特徴

kamiko_01.jpg

キャラクター三人は「剣」「弓」「盾(鏡)&小剣」を使います。

「剣」は取り回しが簡単で、攻撃範囲が後ろにもあったりして使いやすいです。
ただし、攻撃力自体は弱めです。
SPは回転切り。攻撃中は無敵なのでこれまた使いやすい。

2017060321063400-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg
■大量の敵を相手にSPを使い、倒しながらSP回復もするのは結構気持ちイイ

「弓」は一回ボタンを押しただけでは一本の矢しか飛ばしませんが
連打すると三段階で複数の矢を広範囲に打ちます。
遠くの敵をも攻撃できるので場面によっては非常に便利。
ただし、攻撃時の硬直がやや長いので
考えながら計画的にプレイしないとダメな感じ。
SPは大量の矢をホーミングで放ちます。

「鏡&小剣」は一撃目で鏡をブーメランのように投げて
戻ってくるまでは小剣で攻撃します。
鏡の攻撃力が高く、雑魚敵ならば硬い相手も一撃で倒します。
戻って来る際も攻撃力があり、貫通するのでかなり強いです。
鏡が飛んでいる最中も小剣での攻撃が出来るので隙も少なめ。
ただし、最初の一撃である鏡が出るのが、やや遅く射程が短い為
ちょっと当てづらい面もあり。
SPは大きくなった鏡が渦巻き状に飛ぶというもの。
ほぼ確実に敵に当たる使いやすいSPです。

と、まぁこのように違いのある性能のキャラ三人で楽しめます。
なお、セーブデータは三つあるのですが
三つのセーブデータ其々に三人のデータが各々で格納されるので
一つのセーブデータで3キャラ平行で遊べます。


■細かい要素で好みの差?

前述したように、このゲームでは比較的簡単な謎解き要素のギミックがあります。
ただ、中にはちょっと見辛いという事で分からり辛くなっているモノもあり
個人的にはこれはイマイチな感じ。

2017060221142100-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg

また「神巫女」では宝箱に入っていた鍵や玉を運んでギミックを解くという
仕掛けがあるのですが、それらを運んでいる最中は攻撃もダッシュも出来ません。
あと時間制限内にある地点からある地点までいかないとダメという
仕掛けもありますが、この場合はダッシュで駆け抜ける必要があり
敵を倒している暇なんてありません。
でも、出現地点に行くと必ず敵が復活するつくりなので
こちらが攻撃出来ない&倒している暇がない状態なのに
敵がウジャウジャと復活する事がままあり
( ゚д゚)<凄い敵が邪魔なんですけど〜!と、なります。
これを回避するには下準備が必要。
このゲーム、全滅させた敵は出現地点にいくと一斉に復活するのですが
一斉に出現する敵のうち一体でも残しておくと、出現地点にいっても復活はしません。
なので、一体程度弱い敵をあえて残しておくという攻略法を私は使ってました。
こういうのが面白いと感じるか面倒と感じるかで私はやや面倒よりでした。

SPの消費とか体力回復とかある程度計画的に考えて遊ぶタイプの
ゲームでして、考えなしで遊ぶタイプのゲームではないので
「今の私」の気分とは若干あってない部分があったかも。


■まとめ

ぶっちゃけ500円のゲームとしてはコストパフォーマンスが高いですし
普通に遊べて楽しめるゲームでした。
ただ、SPの消費とか体力回復とかある程度計画的に考えて遊ぶタイプの
ゲームなので、そこで好みが分かれそうではあります。
個人的には肌に若干合わない面もありましたが楽しめましたね。と言ったところ

2017060219082200-E604EEE6656E7AD488245F03678945A4.jpg

しかし、このエンディング見ると続編作る気あるんじゃね?とか思うのですが、さて。
なお、こんな事言いつつ続編が出たら多分買う(・ω・)

「のびーるウデだめし」参加せり:二週目

ARMSの先行オンライン体験会「のびーるウデだめし」に今週も参加。
対戦形式がパーティーマッチなのは変わらずですが種目には変更がありました。

前週は
「一対一のバトル」「二体二のバトル」「三人以上でのバトルロワイヤル」
「一対一のバレーボール」「二対二のバレーボール」でしたが

今週は
「一対一のバトル」「二体二のバトル」
「一対一のバスケット」「一対一のマトあて」「二対二のマトあて」
「ボス相手にプレイヤーキャラ三人で挑む」

でした。バトルロワイヤル、まじカオスなんで外したか(・ω・)
今回の種目設定の方がカオスさは低めですね。

2017060410051000-412E0591DD033E78737A4B6DC2C70E50.jpg

今回私が使ったのは今週、急遽(?)使用可能キャラに追加された
「ツインテーラ」

2017060410043700-412E0591DD033E78737A4B6DC2C70E50.jpg
■近場のダンクが一番確実か?

バスケは掴んで入れるのが基本ですが、遠距離から投げると外れる事も、ままあります。
あとラッシュ喰らわせてもゴールに入る模様。

マトあては正直、今のところコツが全く分かっておりません(;´Д`)

とりあえず、バトルやバスケではダッシュで位置取りする事を意識するだけで
全くそれをしない相手にはかなり有利になりますね。

今回、体験版がアップデートされたので「おまけ」の内容とかもアップデートされる事を
期待していましたが、それは無い模様。



posted by torotoro at 10:33 | Comment(0) | ARMS