2018年02月11日

STARDEW VALLEY:ヒロインイベント・エミリー編(5)

資料館の本で、花束を渡してデートを繰り返してから
結婚の申し込みをするって知ったからよ
デートは複数の婦女子としてイイものなのかを確かめるつもりで
先ずはペニーに花束を渡してみたんだ。

するとペニーは感動したようで
「同じ事を考えているとは思わなかった」とか「ちょっとドキドキするね」
とか言ってくれたんだが、会話しただけでお別れって感じで
デートには発展しなかったんだよ、兄弟。

まさか今の会話がデートって事はないよな。
そう思いつつ、何の気なしに好感度を確認したら
ペニーの下に書いてあった(独身)の文字が(彼女)に変わって
好感度の上限も上がっていたんだよ。

StardewValley_042.jpg

コレは公認の恋人になったって事なのかな、兄弟。
でもよ、複数の婦女子とデートしてみるつもりだって言ったけどよ
こうなったら別の女に花束渡すって危険じゃねーか?
俺はそう思って今回の事は無しってリセットする事にしたんだ。
俺の人生はコピー機能が付いてないからよバックアップとって
試しにやってみるって訳にはいかないんだよ。
今時コピーも出来ないって不便な人生だよな。
え?兄弟の人生はリセットもできないのかい?おいおい、そいつは大変だな。
まぁ、不便でも自分の人生しか歩めないからよ
一分一秒を大切にするんだな。兄弟。


じゃあ、直前にペニーに花束送った話をしておいてなんだけどよ。
エミリーと俺との馴れ初めの話の続きといこうか。


※この後ネタバレ








続きを読む
posted by torotoro at 20:33 | Comment(0) | STARDEW VALLEY