2018年09月30日

SNKヒロインズ:キャラゲーとしての凝り様とDLC

「SNKヒロインズ Tag Team Frenzy」
DLCキャラクターである「盗賊アーサー」買いました。
それについての感想を述べる前に
「SNKヒロインズ Tag Team Frenzy」の無駄ともいえる
キャラゲーとしての凝り様について説明しましょう。


■デモの種類

このゲームの(プレイヤーキャラの)デモムービーシーンは
プロローグ・それぞれの対戦後(六回)・ボス前デモ・エンディングがあります。

プロローグとボス前デモは其々キャラクターの組み合わせによって変わる仕様で
13+12+11+10+9+8+7+6+5+4+3+2+1=91種類という
「アホかよ!?」と突っ込みをいれたくなる程のバリエーションがあります。



対戦後にちょいエロのデモムービーが流れる仕様で
其々の対戦後に1・3・5戦目の後は前衛キャラ
2・4・6戦目の後には後衛キャラが独り言を言っているのを
覗き見するようなデモが入ります。

2018093014044800-A00A457E5622AAC6B17329ECA0078446.jpg

覗き見風にするだけで何故ちょいエロになってしまうのか。

エンディングは複数のイラスト形式でキャラ毎に一種類です。

■キャラクターのバリエーション

初期キャラクターのコスチュームは各々三種類。
カラーバリエーションはコスチューム毎に四種類。
更にボイスが四種類あります。
ボイスが四種類といっても声優さんが違うワケではありません。
ボイス毎にやや性格設定が違うというモノで
対戦中のキャラクターの掛け声が変化・・・だけ、だったら大した事ないんですが
勝利時のデモの台詞が変化します。
このゲーム、倒した相手毎に勝利時の台詞が用意されていまして・・・・
14キャラ×対戦相手15キャラ分(ラスボス含んで)×4種のボイス=840種
更にボスの勝利台詞14種類を足すと854種類の勝利デモが用意されている事になります。
いや、コレちょっとおかしいと思う

■DLCキャラ「盗賊アーサー」の場合

こういう(良い意味で)アホな仕様になっていたので
DLCキャラってどうなっているのか気になっていたんですよね。
フルボイスのゲームなので、キャラ増やす毎に声優さん呼んで
音声撮るって訳にもいかないだろうし・・・。

で、盗賊アーサーを買ってみたわけですが。
残念ながら(?)常識的な仕様となっていました。

プロローグとボス前デモは相方のキャラクターが喋らない仕様になっており
(プロローグでは相手が眠っている、ボス前デモでは一切喋らない)
実質1種類になっています。
(ギャラリーでも一組分クリアすれば全部のキャラとの組み合わせが開放される仕様)




またコスチュームは一種類(カラーバリエーションは四種)
ボイスはデフォルトの一種類のみになっています。
コラボキャラで自社のキャラじゃないから、弄り辛いっていのはあるかもしれんけど
つまらないぞコラ。

なお、勝利時の台詞はキャラ毎に用意されているので16種類。
相手からのアーサーへの勝利台詞も用意されていましたが
それらはアーサー相手じゃなくても通じるようなモノだったので
(恐らく)追加キャラ用の勝利台詞を
事前に用意していたんじゃないかと推測しております。

■まとめ(?)

個人的にはキャラクターの掛け合いの種類の多さについて
「アホかよ?!」と突っ込みながら非常に評価していましたので
アーサーの仕様についてはやや残念に思っているんですよね。
まぁ、DLCキャラ増やす度に音声新録するワケにもいかないだろうし・・・
事情は分かるんですケド。
今後「スカロマニア」が追加DLCキャラとして予告されていますが
こちらもコラボキャラですしアーサーに近い仕様になるんじゃないかなと
個人的には予想しておりますが、さて。


posted by torotoro at 14:13 | Comment(0) | SNKヒロインズ Tag Team Frenzy

2018年09月29日

珍しく当たりだった

実は・・・というほどの事もありませんが
「シュタインズ・ゲート エリート」
発売日に買っておりました。
まぁ正確には例によって予約していたのが到着したのですが。

SteinsGate_ELITE_01.jpg

ゲームはちょこちょこ進行中です。
ご存知の方も多いでしょうが、このゲームは「シュタインズ・ゲート」の
言わばアニメ版でして、全編がアニメで構成されています。
(止めのカットもありますけどね)
なので、音声とかも丁寧に聞きたくなり普通のアドベンチャーゲームを
遊ぶよりもゆったりとプレイしている次第です。

なお、初回特典として「新作カット特製フィルム」(ランダム)と
(NintendoSwitch版には)ファミコン風「シュタインズ・ゲート」の
DLコードがついてきます。

しかし、こういったランダムな特典って私基本的に「はずれ」引くんですよね
大概人物映って無かったり。
が、今回は珍しく当たりといって差し支えないでしょう(・ω・)

SteinsGate_ELITE_00.jpg

まぁ、実際に使用したフィルムを切っているのではなく封入用に作っているので
今回は大概は「当たり」なのかなと思いますが。





posted by torotoro at 15:40 | Comment(2) | 雑記

2018年09月27日

9月27日のお買い物

今年の9月27日はアホかと言いたいくらいゲーム会社が
発売ゲームを集中させております。

そんな中私が購入したのは・・・

sen_varu_4_000.jpg

「戦場のヴァルキュリア4 for Nintendo Switch」

他も色々買いたいのですが、とりあえず後回し。
理由としては先ず体験版を遊んで面白かったのが一点。
そして初回特典の
「戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch」を500円で買えるコードが
魅力的な上、初回特典付きが売り切れそうだったので
早めに買わんとダメだと思ったのが駄目押しです。



2018年09月13日

SNKヒロインズ Tag Team Frenzy:ファーストインプレッション

9時間程度プレイ済み。
全キャラのエンディングと開放済みです。
今回ファーストインプレッションですが、次があるかは正直分からん(・ω・)

なお、Switchの動画撮影機能・写真撮影機能対応なんで
好き勝手に撮影でき、はかどります<何が


■どんなゲームなのか

タイトル通りSNKのヒロイン達(一部例外あり)がタッグを組んで戦う
お手軽格闘ゲームです。
通常攻撃が弱と強の二種類だったり
必殺技やドリームフィニッシュ技が
ボタン一個で方向キーとの組み合わせによって出るとか
格闘ゲームとしてはお手軽。

コンボも非常に簡単で弱攻撃×3でコンボになり
更にキャンセルして必殺技に繋ぐ事も可能。
また大概のキャラは必殺技からドリームフィニッシュ技にも繋ぐ事もできます。
(大概のキャラっていうか、シェルミーだけは必殺技から
ドリームフィニッシュ技に繋げる方法が私はみつけられなかった)

あと、対戦中にアイテムが出てくるゲームですが
コンフィグで出現頻度を変える事が可能
(全く出現させ無くする事も出来ます)

しかし必殺技ボタンがあったりアイテムがあったりは
どことなくスマブラを意識しているような、いないような。


■通常の格闘ゲームとの違いとか

タッグで戦うゲームですが、体力ゲージが二人のキャラで共通になっています。
コレは、他では見た事ないですね。
最初驚きましたがシステムを考えると「なるほど」とも思えます。

体力ゲージ以外に気力ゲージというのがあり
これは必殺技などを使うと一定量消費されます。
(気力ゲージは共通ではなくキャラクター毎)
気力ゲージが無い状態になると必殺技の威力・性質が弱体化します。
またドリームフィニッシュ技は一定量気力ゲージが無いと出せません。
なお、気力ゲージは時間経過で自動回復し
控えキャラクターの方が回復スピードが速いようになっています。
なのでプレイ中は気力ゲージの残りに気を付けながら
キャラクターチェンジをしつつ戦う事になります。

で、ココが重要なんですが気力ゲージは体力ゲージが減るほど
最大量が増えるようになっています。

2018091121053600-A00A457E5622AAC6B17329ECA0078446.jpg
■一本のゲージを気力ゲージ(ピンク)と体力ゲージ(緑)で分け合っている

要するに体力が減るほど気力を気にせず攻撃出来るという事で
ある種攻撃力が増すようになっていて
体力が少なくなっても逆転の機会が狙えるようになっています。

そして体力ゲージが0になっても負ける事は無く、体力が減った状態で
ドリームフィニッシュを決めないと勝負がつかないというちょっと
変わったルールになっています。
このルールだと体力がなくなったらガードしてたら決着つかないんじゃね?と
思われますが体力ゲージが0になったり0の状態で更にダメージを食らうと
もれなくスタンして隙だらけになる仕様になってるんで、その点は大丈夫です。


■各モードについてチラホラ

ストーリーモードは、タッグで選ばなかったキャラクター達12名+ボス戦。
タッグの二人のエンディングが見れます。
全部で14キャラなので7回クリアすればエンディングは全員分コンプできます
・・・が、プロローグとボス戦前のデモシーンが
キャラクターの組み合わせによって変化する仕様でして
13+12+11+10+9+8+7+6+5+4+3+2+1=91通りあります。
マジ、よくこんなの用意したな。全部内容違うみたいだし。

これコンプしようとするとカナリ大変。
実際にプレイしなくてもゲーム内通貨でデモをオープンする事も出来ますし
まぁ、そもそも全部見る必要性もありませんが。

2018090909390500-A00A457E5622AAC6B17329ECA0078446.jpg

なお、特定の組み合わせでクリアするとイラストが開放されるようにも
なっていますが、ギャラリーに組み合わせ表示されているので
色々試したりする必要はありません。

しかしDLCでキャラが増えるようなんですが
増えたキャラの掛け合いも全員分用意するんでしょうかね。
したらパターン数がかなり大変な事になりそうな

チュートリアルモードでは基本操作を実際に操作をしながら
学ぶ事ができます・・・が、各キャラクターのコンボの練習とかはありません。
ここは残念。
前述の通り弱×3(キャンセル)⇒必殺技(キャンセル)⇒ドリームフィニッシュは
殆どのキャラ共通ですが。

一人用としてはサバイバルモードもあり。
オン対戦もオフ対戦も用意されています。

ゲーム内通貨でキャラクターの衣装やアイテムを買ってカスタマイズ出来ますが
ちょっと変わったトコロでは対戦時に表示されるアバター(の写真)を
撮れるようになっており、ポーズや背景なんかを
ゲーム内通貨で買う仕様にもなっています。
また様々なアイテムの値段は比較的良心的だと思います。
ポーズなんかは寧ろキャラ鑑賞で使うような感じですが(・ω・)

■ちょっと気になったトコロ

このゲームSwitchの中断機能の働き方がちょっと特殊で
ホームボタンを押して中断するとメニューを(自動で)開いて
停止する形になっています。
なのでムービーやデモで中断しても止まらず、中断中も進行してしまいます。
(その場合も対戦が開始されるトコロまで来るとメニューを開いて止まる)

■まとめ

手軽に遊ぶ分には楽しく遊べて個人的には
「予想よりも遊べるな」って感じです。
キャラ同士の掛け合いも結構楽しいですし。
対戦ツールとしてどうかは、やっていないので
ぶっちゃけ分かりません。





posted by torotoro at 23:56 | Comment(2) | SNKヒロインズ Tag Team Frenzy

2018年09月01日

過去最高位

オーバーフロッシャーが実装されて
ちょっとまた「Splatoon2」をやり込み気味になりまして
現在エリアだけですがS+5まで到達しました。

splatoon2_0063.jpg

今まで他のルール含めて最高がS+2だったので
未踏の地に来てしまった感がありあり。

他は現在S+0。
これらはあまり上がる感じが無く
SとS+を行ったり来たりで、時折A+に落ちるんですけど。
単純にフロがエリアだと強いという事かもしれません(・ω・)


posted by torotoro at 17:03 | Comment(0) | Splatoon2