2019年08月30日

「アストラルチェイン」到着

予約しておりました「アストラルチェイン」コレクターズエディション到着。

A_chain_000.jpg

いやー「アストラルチェイン」発売前に「FE風花雪月」一周目終わって良かった・・・・
・・・って言いたかったんだけどね。
一周目終えても、まだ「FE風花雪月」沼にはまっている状態でして「アストラルチェイン」
どのタイミングで始めようか思案中(・ω・)


posted by torotoro at 22:26 | Comment(0) | ASTRAL CHAIN

2019年08月29日

FE風花雪月:二周目プレイ中(追記あり)

絶賛プレイ中の「FE風花雪月」二周目をプレイしております。
なお今回は「ルーヴェンクラッセ」難易度は変わらず「ハード:クラシック」です

FE_FS_0038.jpg

しかし最後まで一回やり切ると、別のクラス担当するの気持ち的に複雑だわ(・ω・)

ところで二周目では
「名声値・雇用中の騎士団・聖人像の強化状態・ショップのレベル」が自動で引き継がれ
「指導レベル・支援レベル・技能レベル・兵種マスター時の獲得スキルや戦技」が
名声値を使用してクリアデータで獲得したものは開放可能となっています。

この名声値を使用しての開放って、どんな具合?と思ったら・・・

FE_FS_0036.jpg

指導レベルは一段階上げるのに500Ptを使用

支援レベルと技能レベルはキャラクター毎に個別に一段階上げるのに
それぞれ名声値を使用する形でした。

FE_FS_0040.jpg
■支援レベルは一段階上げるのに400Pt必要
FE_FS_0037.jpg
■技能レベルは一段階上げるのに500Pt必要

技能レベルは全キャラクターそれぞれがクリアデータで習得したところまで
ポイントを消費して上げられます。
支援レベルは名声値を消費して主人公と他のキャラクターの間のみ
クリアデータで結んだ縁まで上げられます。
残念ながら主人公以外のキャラクター同士の支援レベルは名声値で上げられません。
(コレ、二周目プレイの一部終盤でようやく気が付いた(・ω・)

なお、この名声値を使用しての開放は散策中ならば私室でいつでもできます。

しかし、私の一周目のプレイでスカウト出来たのは
「イグナーツ」と「フェリクス」結局二人だけ。
後は編入希望で入って来た三人+一人だけでしたから
二周目はもっと仲間にしたいんですが・・・
多くの人材のスカウトを成功させる為に必要なのは
主人公の(幅広い)技能レベルと能力値。
ただ、私、一周目は主人公の技能は一部を突出してあげて
他はさっぱり上げてなかったんですよね。
その為、多くの技能レベルは名声値では上げられず
戦闘や教導で地道に上げるしかないワケで・・・
困ったものだ(・ω・)

んで、二周目プレイですが・・・
まずは行動回数を増やすのが一番大切だと考えて
とりあえず指導レベルを一気に最高のA+に。
後は理学と信仰をDまで上げて、今回はスカウトしまくるぜと気合を入れてスタート。
前述したように一部の技能しか名声値で上げられないので
不安を抱えての二周目開始となりましたが・・・

FE_FS_0051.jpg
■支援「B」でも斧術「C」以上必要だと思われるヒルダ。条件厳しいー(・ω・)
FE_FS_0050.jpg
■支援「B」にすれば弓術「D」以上でOKなベルナデッタ

次々と勧誘に成功し・・・
二周目では一周目で最初にスカウトしたシャミアをスカウトするまでに
殆どのスカウト可能な生徒をゲットせり(・ω・)
・・・残りは二名。重装重視のラファエルとフェルディナントのみ。
と、いう最初に不安に思ったのがアホらしくなる経過。
結局、指導レベルあげて最初から行動力を増やせば、かなり楽って事で。

また、支援レベルを上げる事でスカウト成立の為の技能レベルが緩和されますが
私、支援レベルは一周目で仲間は全員MAX(Sは未だ二人分しか見ていませんが)
仲間以外もBまでは上げたキャラクターが多いので
支援レベルは多くのキャラで名声値を使えば上げられるって事も助けになってます。

※以下追記

鷲獅子戦を目前に控えて、残り二人も勧誘に成功してしまった・・・(・ω・)

FE_FS_0055.jpgFE_FS_0054.jpg
■二人とも支援「C」重装「C」でOK

いや、よく考えたらコレ鷲獅子戦どうなんの?
・・・まぁ多分、その時は普通に国毎に別れるんだろうけど(・ω・)

・・・と、思ったら全員普通に(?)自軍でしたさ。


2019年08月26日

FE風花雪月:一周目クリア

FE_FS_0028.jpg
■クリアするとタイトルバックが変化する

「FE 風花雪月」ようやく一周目クリアしましたー(・ω・)

FE_FS_0029.jpg
■クリア時間は見ての通り90時間超えてます

最後まで「ハード:クラシック」で通しましたが
最後のステージはマジきつかった。ぶっちゃけ何度かやり直しました。
今作では回数制限はありますが「時間の巻き戻し」が出来る
(最終的には一回の戦闘でかなりの回数可能)為、難易度は
下がっている筈なんですが、それでも最後はきつかった。
育成を最後の方は少しさぼったのですが、ラストステージプレイ中は
「あともうちょっと育てておいた方が良かったなぁ」とその事を後悔(・ω・)
・・・ラストステージの内容は多分ルートによって変わるんでしょうが。

周回プレイでは色々と引継ぎ可能。

FE_FS_0031.jpg
FE_FS_0032.jpg
FE_FS_0033.jpg

指導レベルと支援レベルと技能レベルの引継ぎはデカいけど
どのくらい名声値必要なんかなぁ(・ω・)

FE_FS_0030.jpg

これも気になるなぁ。たくさん持ってますよ私。

あと、「ハード:クラシック」でクリアしたけど
二周目の難易度選択もノーマルとハードの二択で他には出ませんでした。
今回は「ルナティック」無いんかな。
最後あれだけ苦労したので、正直あっても今のトコロやる気ないけど。

当然二周目は別ルートをプレイするつもりですが
引継ぎプレイで一周目と同じルートも実は気にかかる。
仲間に出来るキャラが増えると思われるので。

2019年08月21日

試験とは、受ける前に結果が出ているものさ

絶賛プレイ中の「ファイアーエムブレム 風花雪月」
今までのファイアーエムブレムシリーズと違い
上級職になるには規定レベルを超えた状態で「受験」をして
資格を得る必要があります。

んで、それぞれの職業の資格には定められた技能レベルがありまして
それを全て兼ね備えていれば100%合格します。

FE_FS_0026.jpg

ただ、技能レベルが少しぐらい足りなくても
受験自体はする事ができます。ただ、この場合はその足りない具合に
応じた合格率になり、結果は受験してみないと分かりません。
そして、当然不合格になる事もあります。

FE_FS_0021.jpgFE_FS_0022.jpg

しかし、まぁ「風花雪月」はゲームであって、現実ではありません。
受験に失敗したらリセットしてやり直せばええやん・・・
と、小狡い真似をしてみたところ・・・

FE_FS_0023.jpg
■合格率67%なんですが、何度やっても不合格になるラファエル

同じ状態でやり直しを何度しても結果は変わらないみたいなんですよね。
合格率の高低に関係なく(私が確認した限り)不合格は何度やっても不合格。
逆に確率が低かろうが合格は何度やっても合格になります。

FE_FS_0024.jpgFE_FS_0025.jpg
■合格率31%なんだけど、何度やっても合格するアネット

なので、受験する前に実は結果は決まってしまっているのかもしれません(・ω・)

なお、戦闘にもやや似たようなトコロがあります。
「風花雪月」では戦闘の結果予想というのが事前に表示され
攻撃が当たる確率やクリティカルが出る確率なども出ます。
(まぁ、これはファイアーエムブレムでは以前からありますが)
で、これを判断材料に戦闘を仕掛けるか考えるわけです。

FE_FS_0027.jpg

しかし、確率を超えて不都合な結果が生じてしまう事も当然あるわけで・・・
(逆に確率を超えた幸運もありますが)

でも「風花雪月」では戦闘時、時間を巻き戻して
場面をやり直す事が(回数制限はありますが)出来るようになっています。
なので、不都合な結果が出た場合、その前に盤面を戻せるのですが・・・
しかし、そこから同じ行動をとった場合やはり確率の高低に関わらず
(私がプレイした限り)絶対に結果は同じになるんですよね。
勝負はそれをする前に結果がでてしまっているかの如く。
なので、結果を変えるには行動を変えねばなりません。

受験にしろ戦闘にしろ結果を変えたいのならば
前提を変えるしかないって事なんでしょうか(・ω・)
この「結果が変わらない」仕様というのは意図的にやらないと出来ませんし
内部作業的にも面倒だと思うので制作者側の強い意志を感じますねえ。



2019年08月19日

第二部(?)突入

絶賛プレイ中の「FE 風花雪月」
二部構成というのはTVCMでも流していましたが
その第二部目・・・五年後に突入しましたー(・ω・)

FE_FS_0018.jpg

そして、思ったのは「ルートによってコレ全然展開違うんじゃね?」という事。
いや、まだ一周目終わらせてないっていうか二部突入したところですが
別ルートでの展開もメッチャ気になる。

なお、五年後では学生諸君は全員成長して、デザインが変化します。

FE_FS_0020.jpg
FE_FS_0019.jpg

まだ見てないキャラもいるので、非常に楽しみ。