2019年08月16日

編入希望者現る(・ω・)

楽しんで遊んでおります「FE 風花雪月」
別学級の生徒をクラスに加える事が出来る「スカウト」のシステムがあるんですが
生徒は中々勧誘に乗ってくれず、最初にスカウトできたのは騎士団のシャミア。
続いて教師二人が加わってくれました。

FE_FS_0016.jpg

基本的に、各キャラクターがスカウトされる条件は
各々が重要視する能力を主人公が(ある程度高い数値で)持っているか
というモノなんんですが、生徒は国毎に分かれている為か
条件がやや厳しくなっているんですよねー。

FE_FS_0017.jpg

んで、暫くは断られる日々が続きました。
しかし、支援レベルを上げるとスカウトに有利になるらしいので
プレゼント攻勢をかけたりして支援関係を進めつつ、育成をして過ごしました。

んで、努力の甲斐あってか、ほぼ全キャラを支援「C」以上にしたあたりで
遂に生徒をスカウトに成功しました。そのキャラは・・・

FE_FS_0010.jpgFE_FS_0011.jpg

イグナーツとフェリクスです。
・・・うむ、女生徒を所望の私の希望と大分違う(・ω・)
前述したとおり、スカウトを成功させるには、その人物が重要視している
能力を上げる必要があるんですが
「風花雪月」では上級職に就くには、レベル以外にそれぞれの職で定められた
技能レベルを有する必要もあるんですよね。
なので、主人公を先々就けようと考えている上級職を考慮して
普通に(?)剣をメインに育成したところ、それに合うのがこの二人だったという。

私が狙っている(女性)キャラ達のスカウトに必要な能力とは
育成の方向が大分違ってしまっているので、これはスカウトは厳しいかなぁと思いつつ
せめて支援関係イベントを見ておこうと更なるプレゼント攻勢をかけたりして過ごしました。

したら、唐突にイベントが(・ω・)

FE_FS_0012.jpgFE_FS_0013.jpgFE_FS_0014.jpg

おおおお。こんなんあるんか。
一番狙っていたイングリットが来たー♪

ちなみに、この編入イベントが発生する直前のデータで
イングリットにスカウトを試みましたが、見事に断られました。
・・・更に言うと、その直前データでゲームを再度進行させましたが
イベントを再現できませんでした。発生はランダムなんかな。

このイングリットのイベントが発生した際
イングリットと主人公の支援は「B」でした。
なので、もしかしたら・・・と考えて他の別学級の生徒達にも
プレンゼント攻勢をしたり食事に誘ったりして何人か「B」にしたところ・・・・

次節にはアネットとラファエルがクラスに加わりましたさ。
支援だけでもイけるんやねぇ・・・狙ったキャラが来るとは限らないけど。
リシテア来ないかなぁ(・ω・)


2019年08月12日

ハードで最初からやり直している件

「FE:風花雪月」楽しんでプレイしてるんですが
ノーマル難易度だと、ちょっと歯応えが無い・・・っていうか
迂闊にもレベル上げ過ぎちゃったんだよねー(・ω・)
あと、ぶっちゃけ育成に一寸しくじってしまっていたのもあり
ノーマル:クラシックでEP.9まで、たっぷり40時間かけて進めたのですが
そのまま進める気にならなくなってしまったので・・・難易度ハードでやり直し。

・・・今まで気が付かなかったけど自分が「ファイアーエムブレム」に
(ある程度の)難易度求めるタイプなんだなって認識しました(・ω・)

FE_FS_0009.jpg
■ノーマル時の最新データも一応とってあるけど、そろそろ消そうかな

んで現在ハード:クラシックでEP.7まで戻ってきましたー(・ω・)
ちなみにクラス一緒ね「アドラークラッセ」
なお、ハードの割にそこまで難しいって感じじゃなく
個人的にはしっくりくる難易度です。このくらいの歯応えは個人的には欲しい。

進行具合はやり直しプレイなので(難易度上げたけど)前回より良いです。
前に失敗したのが育成の方向性が定まらないままプレイしてしまった点。
「風花雪月」では上級職に就くには、レベル以外にそれぞれの職で定められた
技能レベルを有する必要があります。
なので、先を見据えてキャラクター毎に技能をある程度絞って伸ばすのが
良いと思われるんですが、キャラによっては必要性があまりないトコロに
力をいれてしまいまして(・ω・)

個人的には序盤のプレイングとしては

〇キャラクター毎に技能を絞って伸ばす

其々のキャラクターの得意・不得意の技能から
先々就く職業を見据えて、その職業に必要な技能に絞って伸ばす。
器用貧乏にさせないように。

〇なるべく早く全キャラに騎士団をつける

騎士団をつけると戦闘時に指揮の技能経験値がもらえる為です。
そして早く騎士団をつけてしまえば後は戦闘する毎に
指揮の技能経験値はもらえるので
基本的に授業等で指揮は勉強させず、他の技能を優先してあげます。

〇指導レベルを上げる事を優先する

指導レベルが上がると、学習指導回数、散策行動回数、戦闘回数などが増える。
つまりパラメーターを上げる機会が増えるって事で最優先。

を心掛けてプレイし、指導レベルの上りが前回より早く進んでいるので
自学級以外のキャラクターの支援レベルを上げる余裕が生まれて
「外伝」の発生が前より早くなっております。今のところイイ感じ。


2019年08月08日

Splatoon2:オールX達成(・ω・)

もう二年以上も遊んでおります「Splatoon2」
遂にガチアサリもX帯に到達。オールX達成しました。

splatoon2_078.jpg
■ファミ通のインタビューによると、現在X帯は約20人に一人・・・5%程度らしい

いやー三つヒビが入った状態で更に負けたけど割れず
「次負けたら確実に割れるな、でも二連勝したらイける」と思って試合したら
凄い厳しい試合だったけど、何とか勝利し
「いや、これ相手厳しいでしょ、ゲージ沢山くれませんか」と願ったら



本当に厳しい相手だったらしく、二勝分のゲージをゲット。X到達しました(・ω・)
その前の相手も、ぶっちゃけかなり強かったんだよね
昇格戦近くって厳しい相手に当たる率が高いような気がする。

全ルール「オーバーフロッシャー」を使用。
ちなみに最初にガチエリアがX帯になったのが昨年の11月半ばなので
そこから約九か月を経てようやく達成です。

エリアがX帯になった時は正直、オールXは(やりたい)と思ったものの
無理だろうなーと思っていました。
他のルールが全く上がる見込みが無かったので。

私の感覚ではS+帯はS+3あたりにウデマエの壁がありまして
オーバーフロッシャーを使い始める前は延々とS〜S+2あたりを
行ったり来たりしておりました。
そして、そこから上がれる気配が全く無いので心が折れてしまいました。

んで、暫く「Splatoon2」から離れたのですが昨年8月1日に
オーバーフロッシャーが実装され「面白そうなブキだな」とプレイを再開したところ
ガチエリアで今まで破れなかった壁を突破し、11月にはXまで到達したのです。
これは今まで使っていたスクリュースロッシャーよりオーバーフロッシャーの方が
エリアに向いていたというのがデカかったのかなと(・ω・)
(プレイスタイル的に向いていた可能性もあり)
ただ、あくまで上がったのはエリアのみで他はS〜S+2を這い回っている状態でした。

初めてX帯でプレイした時のある種の感動はありありと覚えています。
「S+と全然違う、敵も味方も強い。凄い面白れぇ(・ω・)」
Xも上と下では全然実力が違い、あくまで私が体験したのは下の方なんですが
それでもありありと違いは感じました。

で、Xで数十試合して段々とX帯の動きに慣れてきたら・・・・
他ルールのS〜S+の試合が楽に感じるようになったんですよね。特にS〜S+2あたり。
で、他ルールでもS+3を超える事が出来るようになったところで
「オールXは無理やろ」から「コレいけるんじゃね(・ω・)」となったのです。

ちなみにブキがオーバーフロッシャーに完全に固定なのは、私が不器用なので
ブキを切り替えると立ち回りを勘違いしやすいし、咄嗟の判断がどうしても遅れるからです。
ぶっちゃけ、ブキ的に合ってないルールやステージもあるんですが
それはオーバーフロッシャーに合った立ち回りを探すという方向で対応しました。
・・・ま、ぶっちゃけアサリは苦手ステージ最後の方は避けてたけどね(・ω・)
ちなみに昇格戦のハコフグ倉庫は勝率57%でアサリでは三番目に高いステージ。

でも、エリアに関しては、そこそこ自信ありますが
他ルールに関してはX維持とS+に落ちた場合の復帰は
あまり自信が無かったりするのですが。特にアサリはね。


posted by torotoro at 18:22 | Comment(0) | Splatoon2

2019年08月04日

初スカウト

楽しんで遊んでおります「ファイアーエムブレム 風花雪月」
このゲームでは士官学校の三つの学級の一つを担当する事になりますが
他の二つの学級の生徒もスカウトする事が可能。
・・・と、言ってもキャラクター毎にスカウト出来る条件がありまして
そう簡単ではないのですけどね。

で、中々スカウトに応じてくれる学生が出ない中
初めてスカウトに成功しましたー(・ω・)

FE_FS_0005.jpg
FE_FS_0006.jpg

我が初スカウトはシャミア。傭兵です。生徒じゃねー(・ω・)
あまりフレンドリーなキャラでないので意外だったわ。
まぁ、そもそも国によって学級分かれているんで
生徒がスカウトしづらいのは当然なのかも

なお、スカウトは出来ていませんが支援関係が進んでいる他学級の生徒は居たり。

FE_FS_0007.jpgFE_FS_0008.jpg

他学級の生徒の一人に課題を手伝ってもらえる(戦闘に参加させる)事が
可能になっているので、それを利用して支援関係を進めた成果。
スカウトの見込みは全くたってないんだけどねーイングリット。

2019年08月03日

8と9とを行ったり来たり

本当に長く遊んでいる「Splatoon2」
ガチルールでX帯になっていないのはアサリのみで
それも6月の終わりに「S+9」に到達したので
「これは全ルールXいける」と思っていた時期が私にもありました(・ω・)

アサリが初めて「S+9」になってから約一か月・・・
S+8とS+9を行ったり来たりしております。
昇格戦のしの字も見えやしない(;´Д`)
9に上げるのも結構ギリギリな事が多く
ぶっちゃけ8から落ちそうになった事も。
7に落ちてないだけマシではありますが・・・

ちなみに現状はこう

splatoon2_076.jpg

OKラインは超えているもののヒビ三つ。
実は「ピンチ!」状態から三連勝してなんとか踏みとどまった状況でして
負ければ即割れます(・ω・)
しかし、何故かS+9に上がると勝率がガクッと下がります。
実力が単に足りてないって事かもしれませんが。
ここから割れるまでに、もう少し稼げれば
上がる可能性が多少は上がるんだけど。


posted by torotoro at 17:10 | Comment(0) | Splatoon2