2020年02月16日

「煤闇の章」クリアしました(・ω・)

「煤闇の章」クリアしました。
クリアまでの時間は約13時間。

FE_FS_0106.jpg

ガチのSRPGって感じで支援要素なし。育成要素もレベル上げるだけなので薄いです。
ハード&クラシックでプレイしましたが手強かったです。
なお、クリア後にルナティックの追加は無し
クリアデータの保存はありますが、二周目引継ぎ要素はありません。

〇難易度高め

ハード&クラシックでプレイした為もあるかもしれませんが
本編クリアした人向けって感じで難易度高めです。
素材やお金に制限がありますが、そこは気にしなくてもクリア出来るかなと。
なお「天帝の剣」が散策時に自動回復する特別仕様になっていますが
戦闘の合間に散策が無い場合があったり、全回復するワケでもないので
使いたい放題ではありませんでした。(本編よりは気楽に使えるけど)

ぶっちゃけ『ゲーム』としての要素は殆ど戦闘のみ。
決められたステージしか出来ないのでレベルを上げて
対抗する事は出来ません。普通に腕前を問われます。
敵が沢山出てきて長丁場のステージが多かった印象でしたが
「天刻の拍動」の使用は五回まで。
その為、途中使い切ってしまわないかが一番神経使いました。
一回ゲームオーバー喰らったし。

FE_FS_0107.jpg
■実は、本編含めて、初めてゲームオーバー画面みた(・ω・)(途中リセットは沢山したけど)

ラストステージは正直クリティカル頼りで何とかなっただけだった(・ω・)
個人的にはコレは「何これキついんですけどー!」と文句言いながら
攻略プレイを楽しむような人向けって印象。

〇ストーリー・キャラクター

新キャラ四人は良くキャラが立ってて、個人的には良いです。
本編あれだけの人数出しておいて被りないし。

FE_FS_0108.jpg
■少女顔の美少年で俺様口調というFEでいそうでいなかったキャラ

話は、あくまで「サイドストーリー」で期待値は
あまり高く持ちすぎない方が良いかなと。
なお、本編からゲスト(?)も出てきます。
個人的にやや不満だったのが、この展開で
ソティス様出て来ないの不自然じゃね?という点

エピソードの進行とともに「灰狼の学級」の生徒を
段々と本編で仲間に出来るようになり
最後までクリアすると全員が仲間に出来るようになります。
更にサイドストーリーのクリア特典とクエストの追加がある模様。
個人的には本編での彼等の支援会話等が一番気になる&楽しみなトコロ。

「風花雪月」はDLCの追加要素が出る度に
本編にも追加要素がついてくるので
「本編のやり直しは追加要素が出切ってからの方がよくね?」
と考えなおした私は多分正しかった。
と、いう訳でゆるゆると本編再プレイもしてみようと思います。