2009年01月26日

デビルサバイバープレイ日誌:七日目(1)

デビルサバイバー、七日目・・・最終日に突入です。 
最終日だけあって、やはりハードなんで、複数回に分けて書く予定。 
毎度ですが、完全ネタバレです。 
 
 
私が選んだルートですが 
ジン(及びハル)と協力して悪魔を駆逐するルートです。 
 
朝の時点でマリとジンが仲間入り。 
数値固定か分かりませんが、既存メンバーがLV47〜48程度なので 
プレイキャラクターとして使えるレベルでの参入といえそう。 

 

devil_s30.jpg 
devil_s31.jpg 
■EXPも入っているので、稼いだ経験値によってLVが変化っぽい?■ 

 
 
■先ず第一関門 
 
最終日の第一関門はアマネの心の中にいる「イザ・ベル」戦。 

 

devil_s26.jpg

 
 
こいつの厄介なところは 
 
〇灼熱の花」という種族スキルを持っていて、動く事は出来ないが攻撃・迎撃の射程が3 
〇龍の眼光」(一回の攻撃で三回行動可能)を持っている 
〇「イザ・ベル」の周りの地面(溶岩)からもランダム(?)なタイミングでダメージを受ける 
〇「イザ・ベル」がダメージを受けるとアマネもダメージを受け、アマネが死ぬとゲームオーバー 
 
こんなところでしょうか。 
しかし、最初みた時はかなり厄介にみえましたが 
 
〇動く事が出来ないので、射程にさえ入らなければダメージを受ける心配が全く無いので 
 
オフェンスのメンバーを確定出来る。 
〇攻撃が魔力方面に偏っていて「魔術」と「火炎」をに耐性があるキャラクターならば 
 
「裁きの雷火」と「マハラギダイン」のダメージを受けなくなり「万魔の乱舞」以外は 
 
気にしなくてすむ。(地面からのダメージも「火炎」への耐性があれば大丈夫) 
 
という事を考えれば、オフェンスと回復要員をきちんと分ければ以外と簡単?かなと考えました。 
考えたのは一回、負けてからなんですが<考え無しで一回戦って負けた奴(爆) 
 
 
■そして実戦 

 

devil_s25.jpg

 
 
先ず「イザ・ベル」の射程に入らないように気をつけながら、周りの雑魚を撃破。 
そしてアマネ用の回復要員を「イザ・ベル」の射程外に配置。 
「イザ・ベル」の攻撃は魔術がメインなので、「魔術」の高いユズに 
「魔術無効」「火炎無効」スキルを付けた上で、タイマン勝負に 
・・・っても射程外に回復バックアップ 要員を待機。 
 
ここまで、ほぼ完璧にこなし「イザ・ベル」を攻撃!HPをがんがん削る、削る。 
楽勝かな?と思いつつ・・・中ボスクラスの敵の場合は 
戦闘中に変化が起きるパターンになっているので 何か起きるのでは・・・ 
と警戒していると・・・やっぱり変化が起きました。 
 
捕らえられたアマネが目を覚まし、溶岩だった背景がお花畑に。 
これで地面からのダメージとアマネのダメージは全く気にしなくてOKに 
・・・って当然イイことだけ起きるはずもありません。なんと、アマネの分身が三体登場。 

 

devil_s29.jpg

 
 
アマネの力を吸い取った「イザ・ベル」が作り出した分身で 
こいつにアマネ本体が捕まったらゲームオーバー。 

 

devil_s27.jpg 
■エロアマネ登場!■

 
 
ヤバイ・・・!こっちのアマネの方が好みだ!<オイ 
実はこのアマネ、悪魔を引き連れていまして、中にはディアラハン(HP全回復)を持った悪魔も。 
「イザ・ベル」を全回復されたらアウトなので、ディアラハン持ちの悪魔の 全滅にかかったのですが 
一体逃した〜。 
だ〜!これはアウトか・・・・。 
 
と、思ったのですが、そのユニットは「イザ・ベル」の回復はせずにアマネ本体を追いかけて移動。 
すぐさま「イザ・ベル」に集中攻撃をかけて倒しました。 

 

devil_s28.jpg

 
 
う〜ん・・・・相手のマヌケさに救われたな(汗) 
そして、アマネの分身も消えました・・・ああ、さらばエロアマネ・・・君の方が好みだったよ。 
そして、残念ながらエロくないアマネが仲間に。<オイ 

 

devil_s32.jpg

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104728639

この記事へのトラックバック