2009年04月23日

「朧村正」クリア後のお楽しみ

絶賛プレイ中の「朧村正」ですが 
 
「修羅」プレイしていた「百姫編」はラスボスに手こずりまして最後だけ「無双」にてクリア。 
「鬼助編」は最後まで「修羅」でクリアしました。 
その後もプレイを続けて、プレイ時間は大体30時間近く 
集めた刀は「97本」になっています。 
 
oboro_02.jpg 
■「百姫編」のスタッフロール 
 
中々遊びでのあるゲームで、そこら辺の事とちょっとお話しようと思います。 
 
 
■マルチエンディング 
 
私が今まで見たエンディングは四種類。 
 
〇「百姫編」初回クリア 
 
〇「鬼助編」初回クリア 
 
〇「百姫編」を「憑き落とし」&「無銘玉ノ緒」を装備してラスボス戦 
 
〇「鬼助編」を「憑き落とし」&「無銘玉ノ緒」を装備してラスボス戦 
 
ちなみに「憑き落とし」は百姫クリア時に入手する刀で 
「無銘玉ノ緒」は鬼助編クリア時に入手する刀です。 
 
で、更に別の刀を装備してラスボスに挑むと別のエンディングが見れるようなのですが 
その刀の名前は「朧村正」 
恐らく、全ての刀を手に入れて作れる最強刀でしょう。 
現在そこの刀を作る為に、私は諸国を漫遊している最中です。 
 
 
■超絶難易度「死狂」モード 
 
"「修羅」プレイしていた「百姫編」はラスボスに手こずりまして最後だけ「無双」にてクリア。 
「鬼助編」は最後まで「修羅」でクリアしました。" 
 
と前述しましたが、鬼助編をクリアした際に 
「死狂」モードというのが選択可能になりました。 
 
 
oboro_03.jpg 
 
このモードの特徴は 
 
〇他のモードと違い、ゲーム途中で別のモードへ変更不可。 
最大HPが常に「1」で一撃でも攻撃を受けると即死。 
 
という超絶ハードな内容。 
でも、敵の攻撃は恐らくヌルめでしてクリア不可能というような難易度でも 
無いっぽく・・・ 
 
oboro_04.jpg 
 
とりあえず、百姫で挑戦していますが 
(ヌルゲーマーの)私でも二幕まではクリアできました。 
 
このゲームはボスが堅いので最大HPが「1」になるとボス戦の難易度が一気にあがるのですが 
敵の攻撃パターンを見て、対策を講じて遊ぶのが楽しく 
実は遊んでみるとこのモードかなり面白い 
 
ある意味、この「朧村正」のゲームデザインに一番合っているモードに思えます。 
実はヴァニラウェアはこのモードをやりたかったのでは?とか思ってしまえる程w 
 
 
■と、いうワケで 
 
私はエンディング探しと「死狂」モードの二つのやり込み要素を現在絶賛プレイ中なのです♪ 
posted by torotoro at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 朧村正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104728676

この記事へのトラックバック