2009年09月05日

王様物語:ファーストインプレッション

王様物語 
 
 
発売日に購入・・・というかamazonから無事に届きまして現在プレイ中です。 
まぁ、当然まだ序盤ですが、凄い細やかで丁寧に作られている点と 
一見子供向けにみせつつ、プレイしてみるとシニカルな印象がある点から 
なんかマーベラスというより、任天堂製のゲームみたいに感じるw 
 
 
oh_sama_02.jpg 
 
とりあえず、一人目の嫁さんはゲット〜♪ 
 
 
■趣味の良い、クオリティーの高いグラフィック 
oh_sama_00.jpg 
■タイトル画面では現在プレイ中の王国の様子が見られる 
 
絵画風のグラフィックなんですが、これがクオリティーがめちゃ高いです。 
写真じゃ分かりようもないですが、かなり色々なモノが動き、非常に華やかな画面です。 
 
イベントはこれまた絵画風のムービーシーンが用意されていますが 
これもクオリティーが非常に高く、趣味が良いです。 
 
oh_sama_01.jpg 
 
また、時折ロードが入りますが非常に短く全く気にならない程度になっています。 
 
 
■ルールは簡単・バランスが上手くとれたゲーム 
 
基本ルール自体はかなり単純でして、王様になって国民をスカウト 
国民を連れて歩いて、その国民を様々なモノ・・・落ちている壺やら敵キャラとかに 
突撃させて、やばそうになったら退却させるだけ。 
そして敵を倒したり、落ちているものを壊したりする事によって色々なアイテムを得られます。 
手に入れたアイテムは換金され、そのお金を使って王国を発展させていくという流れです。 
 
ただ、職種によって得手・不得手があり状況によって 
突撃させる国民を選ぶ必要があります。 
例えば『したっぱ兵士』は戦うのが(一応)得意なので、敵キャラ(ヘンナノ)と戦うのは 
とりあえず彼等がメインとなるわけですが、他の事ではあまり使い物になりません。 
そして、王国が発展すると国民がなれる職業等が増えていき 
連れて歩ける国民の数も増えて段々とやれる事と難易度が増えていく寸法です。 
(やっていく内に更には「隊列の組み方」という要素が加わってきます) 
 
序盤の印象ですが、この難易度の上げ方が絶妙。 
新たに生まれた職業には直ぐ活躍の場が与えられるように出来ています。 
イベント発生のタイミングもイイ感じで、今のところ 
バランスが恐ろしく上手くとれている印象です。 
 
 
■気になった欠点 
 
個人的に今のところ気になった欠点は一つ。 
階段を昇る際に、連れている国民の一部が引っかかり、登ってこない事があるのですよ。 
イヤーン。 
 
oh_sama_04.jpg 
■階段を上手く上るにはちょっとコツがいる 
 
ゆっくり上るよりも、勢いよく上った方が隊列が伸びるので上りやすい・・・多分。<多分かよ 
(隊列を変えられるようになったら上りやすくなるかも・・・まだ試していませんけどね) 
 
追記:隊列を変更できるようになったら、この不満は解消されました。 
 
■まとめ 
 
まだまだ、序盤なのでなんとも言えない部分があるのですが 
恐ろしく丁寧につくられたゲームだなというのはヒシヒシ伝わってきます。 
こういった系統のゲームが好きな人ならば、かなり楽しめるのではないかなと。 
 
 
【ブログ内『王様物語』カテゴリへのリンク】
posted by torotoro at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 王様物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104728721

この記事へのトラックバック