2010年09月15日

絶賛詰まり中(爆)

ゆるゆる(?)プレイ中の「カドゥケウスZ」ですが 
先日から、詰まってしまって進んでいません(爆) 
 
前回ブログに書きました10分で四例の手術をしなければならないチャート。 
 
z_12.jpg 
 
以前、10分で五例の手術がありましたが 
そのときは全部同じ症例でして「時間との戦い」の様相が強かったのですが 
今回は全部違う症例になっています。 
 
 
なお、一人目は「超執刀」を発動すれば楽にクリア出来る症例で 
・・・っていうか発動せんと(私には)無理な症例。 
 
二人目は実は『10分で五例』のときと同じ症例でして 
私としては散々プレイした症例なんで楽にクリアできます。 
 
そして、ここまで一人目は約30秒程度・二人目は二分程度でクリアできるので 
三人目突入時は7分半以上の時間があり「10分で五例」の際のような 
時間との戦いという感じはありあません。 
 
 
z_11.jpg 
■三人目突入時:7分30秒程度の残り時間 
 
 
・・・が、三人目がやたら難しくて毎度毎度ここでゲームオーバーになります。 
 
 
z_09.jpg 
 
 
クリアした事のある症例の難易度アップバージョンなんですが、これがムズイ! 
超執刀をここで使いたい位なのですが、一人目は「超執刀」無しでは何度トライしても無理で 
まだ三人目の方が望みが有りそう・・・・ 
 
 
・・・が、何度プレイしても三人目でゲームオーバー・・・。 
・・・これは無理かなぁ・・・・ 
ここまで難易度:Normalで通してきたけど、これはEasyじゃないと・・・。 
しょうがない、Easyに下げてブログに書こう<オイ 
とうとう決断をしまして、よしEasyでやろう! 
 
・・・とプレイを始めたのですが、間違ってNormalのまま開始してしまい 
「じゃあ、最後の一回」のつもりでプレイすると・・・ 
 
 
z_10.jpg 
 
なんと、行幸か奇跡かまぐれか、三人目をクリアー! 
 
そして、最後の一人。時間も5分以上残っており、余裕があります。 
 
 
そして最後の一人の症例は・・・そんなに難しくはない! 
ミスしなければ大丈夫だ。 
ミスしなければ・・・ミスしなければ・・・ 
 
 
・・・ミスったー! orz 
 
 
と、言うワケで現在も詰まっております。Normalで。 
・・・・まぐれかもしれませんんが、一回三人目クリアできちゃったんで 
難易度下げづらい、下げづらい(汗) 
 
 
【ブログ内『カドゥケウスZ 2つの超執刀』カテゴリへのリンク】
この記事へのコメント
これって緊張感とか、ミス判定どんな感じ何ですか? (買おうと思っているので)
あと、今までで、一番難しかった症例ってどれですか?
Posted by T.K at 2012年03月17日 22:03
>T.Kさん

コメントありがとうございます。返信が非常に遅くて済みません。


> これって緊張感とか、ミス判定どんな感じ何ですか? (買おうと思っているので)
> あと、今までで、一番難しかった症例ってどれですか?


なかなか難しい質問ですねー。
緊張感という意味では、物語が進んでいくと盛り上がってくる
ドラマ性と命を預かっているというシチュエーションでの緊張感。
ゲーム的には難易度が結構高く、途中でアクシデントが入ったりする事もあり
失敗するとゲームオーバーで手術の最初からやり直さなければならない
硬派なつくりからの緊張感があるかなと。
(デモ等は飛ばせて即手術ゲームには入れますが)

ただ、演出的には音声が殆どなかったり、演出自体全般的にアッサリ風味なので
そういう意味での緊張感の盛り上がりはやや欠けるかも。

ゲーム的には患者にはバイタル・・・まぁいわば生命力がありまして
時間的進行や、プレイヤーの操作ミス等で減っていき
基本これが0になるとゲームオーバーになります。
素早く的確な判断と操作をするのがミソのゲームといえます。
操作ミス等の判定は理不尽なモノはないかと。

私がやった限りで一番難しいのは、ここでネタにしている手術ですねー。
クリアできていませんので(汗)
Posted by torotoro at 2012年03月31日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104728809

この記事へのトラックバック