2011年01月20日

「Mass Effect2」を15時間ほど遊んだ感想とか

「Mass Effect2」を15時間程度遊びましたー。 
感想をつらつらと、どんなゲームなのか説明を交えながら 
 
 
■ゲームの進行 
 
宇宙船を駆って宇宙の星々をめぐり、発生するクエストを 
体験・解決していきます。 
クエストは同時期に複数発生している事がままあり(サブ・メイン共に) 
どのクエストから当たっていくか、プレイヤーの裁量で進められるようになっていて 
ある程度の自由度のあるゲームとなっています。 
 
発生しているクエストは「ジャーナル」欄でまとめて確認できるので 
忘れる心配はなし。・・・ここらは前と同じです。 
更に今回はマップに「○○に力を貸す」といった 
イベント内容まで表示されているので、分かりやすさがアップしています。 
 
・・・ただ、その表示の為に一部のマップが見づらくなっているのが惜しい(汗) 
 
mass2_24.jpg 
■目的が表示されるようになって便利・でも見づらくなっている一面も 
 
あと、今作では燃料・探査機といった概念が持ち込まれています。 
ただ個人的には、この点はちょっと面倒になったかなと思います。 
 
mass2_26.jpg 
■星系間の移動は燃料が必要・探査には探査機が必要で両方とも一部の星系で購入可能 
 
 
■戦闘は実は結構、変化有り 
 
 
前作と同じく戦闘は仲間二人を連れてのTPSゲーム。 
今回は弾数制限があるようになって、無制限に撃ちまくる事は出来ず。 
また銃の個性が増しており、敵によっての使い分けが求められるようになっています。 
 
今回の敵には属性を持った装甲(?)を持ったモノが沢山出てくるのですが 
(HPのバーの色が赤以外で表示される) 
この敵は先ず装甲(?)部分を破壊しないと倒せないようになっています。 
 
mass2_19.jpg 
■装甲(?)持ちの敵・色によって装甲(?)の種類が違う・・・多分だけど<オイ 
 
で、その装甲の属性は大まかに"アーマー系"と"バリア系"の二種があり 
それぞれ有効な武器・アビリティ(スキル)が違うので 
相手によって攻撃手段を変えて対応しないと中々倒す事は容易でなく 
今までより、より戦略的になっています。 
 
mass2_20.jpg 
■アビリティ表示中、その敵に無効のアビリティは赤色で表示 
 
 
そういった変化も含め、戦闘のバランスというかあり方が前作と結構変わっている印象で 
例えば、前作では体力回復といえばメディジェル(回復薬)でしたが 
今回、体力は隠れていると(前作比で)かなり早く回復し、これが回復のメインの模様で 
メディジェルは仲間の復活アイテムの扱いになっています。 
(メディジェルを使ったアビリティの扱い・回復にも一応使えるようにはなりますが) 
また弾数は少ないけど威力のあるヘビーウェポンという戦局を一気にひっくりかえす 
武器なんかが用意されていたりもします。 
 
 
なお、戦闘地域では今回はマップの表示は不可でレーダーは常時表示でなく 
アビリティ表示・武器交換表示の際にのみの表示といった変化も・・・方向音痴には辛い(汗) 
 
 
複雑さと難易度が増しつつ、より本格的なTPSっぽくなっている感じでしょうか。 
また個人的には敵の数が前作比で増しているような感じを受けています。 
増援とか結構来るし。 
あと中ボスクラスの敵との戦闘にちょっとしたギミックがある事が多く 
より"ボス戦らしく"なっているかなー。 
 
 
■仲間とのコミュニケーションやら戦闘準備 
 
 
前作同様、船にいる際には仲間に話しかけられますので、それにより親密度をあげていき 
上手く進めると専用のイベントが発生する模様。 
 
mass2_23.jpg 
■選択肢で親密度が変化・プレイヤーキャラの性質(善・悪)のパラメータも変化 
 
それを更に進めるとあんな事やこんな事のイベントがあるのでしょう♪<オイ 
しかし、今回は非戦等要員の秘書っぽい女性キャラにも結構セクハラ 
ちょっかい出せるんですが、これは恋愛対象なのか? 
 
mass2_22.jpg 
■とりあえず、せっせとセクハラちょっかいを<オイコラ 
 
なお、前はRPGっぽく装備は個々に買って装備させていましたが 
今回は部隊の装備のバリエーションをまとめて増やすような感じ。 
まぁ前の買い物のシステム周り酷かったんで、個人的には良い変更です。 
 
 
また探査で集めた資源を使って武器や装甲・船などの強化も行えます。 
ただ、探査自体はやや単調&面倒。最初はいいのですが数こなしてくるとちょっと(汗) 
 
mass2_17.jpg 
■惑星の表面で資源が多く反応する箇所を探して探査機を打ち込む 
 
 
■ストーリー 
 
前作に引き続き非常に映画的・・・いや、より映画的な感じです。 
前は仲間の集まり方なんかは、なし崩し的な印象でしたが、今回は結構ドラマティックな 
展開が多く仲間もより個性的になっており、大作感が増している印象。 
 
 
RGPとしての基本的なつくりは前作を踏襲し 
イベント・クエストに関連するキャラ以外は殆ど話しかけられない感じ。 
海外のは、こういうのが普通なのかなー。 
サブクエストは前作同様、結構用意されている印象です。 
 
 
なお、前はサブクエストは星に降り立ち、装甲車でサブクエスト地点を探す流れでしたが 
今回装甲車での移動は無く、星に降り立ったら即、戦闘地域に入っている感じ。 
また前はサブクエストの戦闘地域のマップは使いまわしが多々見られましたが 
今回はそれぞれ、ちゃんと用意されているっぽい。 
戦闘の目的や有り方もバリエーションがありそうな。 
まだ数こなしてないんで、予想というかあくまで印象なんですけどね(汗) 
 
後、続編っぽく前作で登場した人物が手を変え品を変えて登場・・・ 
 
mass2_01.jpg 
■前作サブイベントで登場したヘレナブレイク・・・前作の進め方で登場するかも違うでしょうが 
 
まぁ船に主人公宛てのメールが来るだけの人も結構いますけど。 
私は前作のプレイから間があまり無いので、色々と憶えてる為、コレはより楽しめています。 
 
 
そうそう。細かい事ですが前作は台詞はスキップ可能で、ムービーシーンは 
スキップは無理でしたが今回は飛ばせるようになっていますー。 
下手でやり直す事が多い私にはありがたい(爆) 
 
 
■方向音痴にはやや辛い 
 
 
前述しましたが、今回は戦闘地域ではマップの表示はありません。 
んで、非戦闘地域でのマップですが・・・ 
 
mass2_18.jpg 
■拡大できるのかなと思ったら出来ないし 
 
何で、こんなに小さい・見づらい・分かりづらいかー! 
 
カラフルになっているけど、道と店の区別がつかない(汗) 
シタデルに到っては複数階が一つのマップに表示という仕様だし・・・最初凄く悩んだわい。 
 
これは流石に改悪かと。 
 
 
■まとめ 
 
 
前作と比較して大作感や本格派感が増していて遊びやすくもなっており 
戦闘は、難易度と複雑さとバリエショーンがちょっと上がっている印象。 
全般的に前作より良くなっていると思います。 
 
・・・マップと惑星探査は、もう少しなんとかならんかったのかなぁと個人的には思いますけど。 
 
 
posted by torotoro at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass Effectシリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104728837

この記事へのトラックバック