2014年01月11日

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2:クリア後レビュー

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 
 
 
「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」クリアしましたー。 
クリア時間は21時間程度。 
それなりに丁寧に廻ったつもりだったのですが 
実は大きな目なイベント(マザーマイマイのイベント) 
を全部すっとばしてのクリアでして 
クリア時間としては、短め〜普通程度かと思います。 
 
マザーマイマイがいる場所に行ったつもりで実はいっていなかった為 
存在を知らずにクリアしてしまったのですよね(・◎・) 
 
最近の任天堂ゲームらしく、短くサクッとも 
長くジックリも遊べるゲームかと思います。 
 
■どんなゲームなのか 
 
ジャンルは「アクションアドベンチャー」 
(私はゼルダは「アクションRPG」の方が印象として、しっくりくるのですが 
敵を倒してもレベルアップしないゲームなのでRPGではないんかな) 
 
敵を倒しながら、さまざまな道具を使って各所にあるギミック(仕掛け)を解き 
ストーリーを追っていくゲームです。 
 
「神々のトライフォース」と一応時系列的なつながりはありますが 
多分、数百年後といった話で(神々のトライフォースの話が伝説として残っている) 
話のつながりは薄く前作を遊んでいなくて普通に楽しめます。 
(そもそも前作がリアル時間で二十年以上前のゲームですし) 
 
 
■親切設計 
 
ゲームの序盤はきっちりチュートリアルも兼ねた 
段々と、ゲームに馴染んでいける作りになっていますし 
フィールド上ならば次にどこに行くべきか 
常に下画面のマップ上に表示されます。 
(複数ヵ所の場合もあり) 
 
ZELDA_t2_04.jpg 
■フィールド上のどの場所にいけばメインシナリオが展開するか表示される 
 
またヒント機能として大まかな指針をしめしてくれる 
「占い師」とフィールド上でのギミックの解き方のヒントを教えてくれる 
ヒントおばけ(ヒントメガネというアイテムを使うと見えるようになる) 
が用意されていて、至れり尽くせりと言った感じ。 
 
 
■幅広い遊び方 
 
ゼルダの伝説シリーズは色々なアイテムを駆使して 
ダンジョンのギミックを解いていくゲームで 
ダンジョン毎に大概ギミックを解くキーアイテムがあり 
それがダンジョンに隠されているのが毎度でしたが 
今作は、そのアイテムを一箇所でまとめて 
レンタルと販売を行うシステムになっています。 
(レンタルの場合はゲームオーバー時にとりあげられて 
再度レンタル、または購入しないとだめ) 
 
レンタル料金は結構安いので序盤でまとめてアイテムをレンタル 
する事は十分に可能になっており、どのダンジョンから解くのか 
かなり自由に出来るようになっています。 
(なお、そのダンジョンのキーアイテムはダンジョンの入り口前で 
示されており、そのキーアイテムがないとダンジョン自体に 
入れない作りになっているため、入ってから困るということは 
ありません) 
 
ZELDA_t2_06.jpg 
■ダンジョンの入り口にキーアイテムが描かれており、それを使用しないと入れない 
 
またクリアに必須でない遊びも多く用意されていまして 
シリーズおなじみの「ハートのかけら探し」 
(かけらを四つ集めると体力であるハートが一つ増える) 
私がスルーしちゃった「マザーマイマイのイベント」 
必ずしも解く必要のないミニダンジョン。 
ルピーを払って遊ぶミニゲーム類。 
すれ違い通信でやってくるシャドーリンクと戦い 
様々な実績をクリアしていく遊び。 
・・・と、幅広く用意されており 
またクリア後は敵が強くなる 
ハードモードで遊べるようにもなっています。 
 
ZELDA_t2_03.jpg 
■クリア後、新しく始める際にハードモードが選べるようになる 
 
 
■今作の特徴 
 
ゼルダの伝説シリーズは基本、一本道でしたので 
先に挙げた自由度が広い事が特徴の一つでありますが 
他に挙げられるのが「壁絵」と化して、様々なギミックを解く 
遊びと、と上下の高低差を生かしたフィールドやダンジョンのつくりです。 
 
この二つのおかげで、個人的には 
今までのゼルダシリーズとはまた一風変わった新鮮な感じで 
ギミック解きができ、いいアクセントになっていると感じました。 
 
 
■まとめ 
 
任天堂のゲームらしく、操作性も良くきっちり堅実な作りの上に 
新たな遊びが乗っかっているゲームで 
安心して、そして新鮮な気持ちで楽しめました。 
前述しましたが、サクっと遊ぶ事もじっくり遊ぶ事も出来るようになっており 
幅広い層を意識したゲームになっています。 
 
個人的にはアイリンのツンデレぶりが最高です// 
 
幅広い方にお勧めできると思いますが 
メインの作り自体はやや小粒ですので「大作」を期待する方には 
お勧めはしません。 
 
 
この記事へのコメント
ハードモードだけでしか見れない要素があるので興味があればやったほうがいいですよ。
ハードだとEDも少しだけ変わります。(分岐等では無いです)
期待しすぎるとガッカリすると思います。
他にもロウラルの空き家にある物が・・・。
ただダメージが恐ろしいことになりますね。
たとえば火山にでてくる炎を吐く敵の炎のダメージで緑服のときにハートを10個くらいもっていかれて即死するくらいです。
Posted by 猫好き at 2014年01月11日 14:00
> ハードモードだけでしか見れない要素があるので興味があればやったほうがいいですよ。

そうなのですかー。おかげで興味は出てきました(・ω・)
ちょっと挑戦はしてみようかな。
ゲームの腕前に問題があるので最後までいけるかは
分かりませんがw
Posted by torotoro at 2014年01月11日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104729075

この記事へのトラックバック