2015年08月14日

スプラトゥーン:小ネタ?(・ω・)

「スプラトゥーン」、明日からガチホコ解禁ですね。
動画を見ましたが、なかなか盛り上がりそうな感じです。

んで、「スプラトゥーン」小ネタ。
広く知られているモノかもしれませんが
まぁ、私が経験として知っている小ネタを幾つか紹介。


■スーパージャンプの着地点を狙うのは実はリスクあり

スーパージャンプの着地点は(基本的には)表示されるので
そこを狙って攻撃をしかけることは普通にありますが
近距離で攻撃を重ねるのは実はそれなりにリスクあり。

スーパージャンプ中は向きは自由に変更可能で
また、着地直前に攻撃行動も取れるようになります。
(サブウェポン・スペシャルウェポンも使用可能)
なので、ジャンプしてきたイカは着地点に敵がいた場合に
それを見て、その方向に攻撃する事は普通に出来るのです。

そのためスーパージャンプに近距離で攻撃を重ねていると相手側からは
丸見えなので普通に危険で、相打ちや一方的にやられる事もあり。
知識のある相手ならば当然なんらかの攻撃してきますからね。


■イカはイカの頭を越えられる

WiiU_screenshot_TV_0162B.jpg
■スカートの中身はスパッツだから大丈夫(・ω・)

高さが同じ場所で普通にジャンプでイカはイカの頭を越えられます。
なのでローラーで轢かれそうになった場合、一か八かでジャンプしてみるのもあり。
実際に何度かローラーの頭を越えてますから私は。
まぁ、一番イイのはそこまで近づかれない事なんですが(・ω・)

WiiU_screenshot_TV_0162B.jpg
■試しうちのミニイカも実はジャンプで越えられます


■無敵の相手でも押す事は出来る

ダイオウイカとバリアは無敵状態ですが攻撃すれば「押す」事は出来ます。
ダイオウイカは攻撃さえ続けば寄せ付けない事も実は可能ですし
バリアは場所によっては相手を落す事さえ出来ます。


■ギアの効果はメイン=サブ×3(多分)

メインウェポンのインク効率アップの能力をメインで持つギアと
メインウェポンのインク効率アップの能力をサブで三つ揃えているギアを
試し撃ちで付け替えて比較したところインク切れのタイミングが同じような結果になりました。
(ダイナモローラーテスラで何回振ったらインク切れを起こすか比較してみた)
なので、そうなのかなーと、そんな程度の根拠ですが(・ω・)

なお、サブ・メインともギアの効果は重ねれば重ねるホド一応高くなります。

あと、余禄ですが
タチウオパーキング、ガチエリア・ガチヤグラ共にカナリ地形変わりましたね。
前に比べて進入路が増えたので守りにくく面白い展開になりやすくなったかな(・ω・)

WiiU_screenshot_TV_0162B.jpg

そして、改装工事後のデカライン高架下のガチエリアが現在苦手。
(私だけかもしれませんが)ダイナモローラー(テスラ)を使っていると
エリア左右にある木が非常に邪魔になるのですよ。
※イカ追記
・・・と書いたのですが、デカライン高架下のガチエリアで、ダイナモでかなり有利に運べそうな
プレイスタイルをみつけました。
まぁ、相手に射程長めのチャージャーがいると、出来ないんですけどね(・ω・)


posted by torotoro at 22:26 | Comment(0) | Splatoon(スプラトゥーン)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。