2018年04月01日

「二角取り:鏡花水月」コンプリートクリア後レビュー

2018040108583100-9A1C361AF4B6E061C95513F9AD4DF356.jpg

忙しい最中、仕事の合間に息抜きのつもりで
チクチク「二角取り:鏡花水月」を遊んでおりました。
んで、コンプリートクリア。クリア時間は10時間程度。
・・・コイツ、本当に忙しかったんでしょうか(・ω・)

■どんなゲームなのか

まぁ、普通に二角取りのゲームです。
一枚のイラストにつき5つのステージが用意されていて
全部星三つの条件でクリアすると絵が完全に見えるようになります

ステージの種類は大まかに二種類。
制限時間内にクリアを目指すステージと
制限された手数内にクリアを目指すステージがあります。

イラストの数は28枚。ステージ数は140です。
どんな形でもクリアしないと次のステージ・次のイラストには
挑めない仕様になっています。
逆に言えば、どんな形でもクリアさえすれば次に挑めます。

2018032521275300-9A1C361AF4B6E061C95513F9AD4DF356.jpg
■全部星三つとると140×3で420の星となります。

テレビモードでは(当然)パッド操作オンリーですが
携帯モードではタッチ操作も可能です。
まぁ、実はこれがちょっとしたミソ。

■普通に二角取りです

便利アイテムがありますが、結局ほとんど使わずにクリアしました。
アイテムは使うと当然減ります。
でアイテム回復はクリアしたステージを続けて遊んでいると
アイテムをゲットできる牌がランダムで出現する模様。
でも、まぁ使わんでも普通に解けます。

手数制限のあるステージはいわばパズル問題なので
(当然)牌の構成は何回やっても一緒ですが
制限時間のあるステージは、ステージ全体の形状や
お邪魔牌の場所は同じですが、通常牌の構成は
プレイする度に変化します。

2018040108561100-9A1C361AF4B6E061C95513F9AD4DF356.jpg
2018040108560100-9A1C361AF4B6E061C95513F9AD4DF356.jpg
■上下同じステージだけど、見ての通り通常牌の配置が違います

プレイする度に配置が変わるので覚えゲーという訳にはいきません。
故に何度でも遊べると言えば何度でも遊べるし
「手強い、これ星三つ厳しい(;´Д`)」と思えたステージも
配置によってはやや難易度が落ちて星三つ獲れたりした事も。

ちなみに途中で取れる牌が無くなった場合は自動でシャッフルが発生します。
シャッフルしても獲れない形の場合はゲームオーバー。

なおゲームの性質上、タッチ操作の方が楽なんですが
時間制限のあるステージの場合
パッド操作で牌を消すと制限時間が回復するのに対して
タッチ操作で牌を消すと制限時間が全く回復しない
ので
ぶっちゃけパッド操作の方がクリアしやすいです
つーか、全部タッチ操作だと私の場合、星三つは無理(・ω・)

イラストは全部女性キャラクターのイラスト。
クオリティーは絵柄の違いはあれども
全部レベルの高い一定水準を超えていると思います。
まぁ、個人的には全部のステージクリアしたら更に薄着にできる
二周目始まる事を期待していたんだけど

しかしクリアイラスト全部スナップショット撮れるんだけど
いいんかい。
また動画撮影機能には対応していません。いや、してなくてイイと思うけど。

■まとめ

お値段(500円)分は十二分に楽しめました。
気分転換や軽い頭の体操替わりに遊ぶには良いゲームなんじゃ
ないでしょうか。


【ブログ内『ダウンロード専用ソフト:Switch』カテゴリへのリンク】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。