2009年01月17日

女神異聞録デビルサバイバー:ファーストインプレッション

女神異聞録 デビルサバイバー 
 
私「ペルソナ3」と「4」が大好物というタイプなんですがw非常にはまっています。 
昨日ようやくゲットして、始めたばかり・・・・ゲーム世界でまだ二日目 
まだまだコレからですがファーストインプレッションという形で、ここまでの感想を書きます。 
 
 
■緊張感のあるマルチエンド・ストーリー 
 
封鎖された東京でのサバイバル。 
『崩壊まであと7日』『選べ。生きるか、生かされるか』といったコピーですが 
ホントに生き残れるのかよ?と思うようなシリアスな展開。 
緊張感とともに次々と謎が出てきており、個人的には「ペルソナ」を緊張感とダークさを 
増した印象です。今後どんな展開になるのか非常に楽しみ・・・っていうかマルチエンドなので 
どんな結末を迎えるかドキドキものなのですが・・・結構ダークな展開もありそうだし。 
あ、ちなみにセーブデータは一つだけ・・・つまり上書きしか出来ません。おかげで緊張が更にw 
 
 
■親切設計 
 
SRPGですが、最初やれる事は少なくゲームが進むにつれて 
やれる事が多くなるという『だんだんと覚えていける』ゲームになっています。 
説明が細かく丁寧に入るので、ホント説明書いらずでして、実際読まずに遊べています。 
この手際のよさは関心するばかり、流石に作り慣れているメーカーさんだなという印象です。 
 
 
■独自の戦略性のあるバトル 
 
SRPGですが、やはりRPGはバトルが面白か否かが重要と言えると思いますが 
このゲームは他のSRPGとは違う戦略性を上手く作っています。 
 
 

devil_s01.jpg 

■ SRPGのマップ画面はこんな感じ、ユニットを動かして戦うオーソドックスなタイプ ■

 
 
実はこれ、1ユニットが人間一人と仲魔(悪魔)最大二匹による「チーム」になっています。 
そして、これが実は"ミソ"です。 なお、敵ユニットも最大3体の「チーム」になっています。 
 

devil_s02.jpg 

■ これがチーム編成画面。人間同士は組めません。仲魔は交換自由です ■

 
 
味方ユニットを移動させ、敵が攻撃範囲に入れれば攻撃をしかけられます。 
これもオーソドックスですね。 
攻撃範囲は殆どのキャラクターが遠距離からの攻撃は不可能っぽいです。 
まぁ、ストーリーが進むにつれて変わるかもしれませんが。 
※追記:実際にゲームを進めたら、遠距離攻撃は普通にできるようになっていました(汗) 
 
(ちなみに所謂『向き』は戦闘に全く影響がないようです) 
そして、攻撃を仕掛ける(仕掛けられる)と下のようなRPG風の画面になります。 
 
 

devil_s03.jpg 

■ RPG風バトル画面 ■

 
 
全部のキャラクター(攻撃を仕掛けた側・仕掛けられた側両方)が一回づつ攻撃をすると 
攻撃が終了となります。が・・・ 
上の画面で「EXTRA TURN」というのがキャラクターのパラメーターの上に表示されていますが 
この表示が出ているキャラクターに限り、更に一回攻撃が出来ます。 
 
で、この「EXTRA TURN」を出す方法ですが「攻撃をしかけた側」「行動が早い」キャラクターに 
出やすいとされています。なので、攻撃は仕掛けた方が有利になります。 
ただし「EXTRA TURN」は攻撃中にも出たり、消えたりします。 
クリティカルヒットや弱点を攻撃された場合(絶対ではなく)確立的に消滅 
逆にクリティカルヒットや弱点を攻撃した側は、確立的に「EXTRA TURN」が表示されます。 
(また、逆に耐性や反射や吸収をする攻撃をしかけると相手に「EXTRA TURN」が表示される事も) 
 
 

devil_s04.jpg 

■ 弱点及び耐性が設定されている悪魔 ■

 
 
弱点を攻めれば大きくダメージを与える事が出来るので、先ほどの「EXTRA TURN」の事もあり 
ガンガン弱点を攻めたいところですが、実はオールマイティーに対応する事は出来ません。 
ゲーム初期はスキルは色々と持っていないので当然なのですが・・・ゲームを進めていっても無理。 
何故なら攻撃スキルはキャラクター一人毎に3つまでしか持てませんので。(人間も悪魔も) 
 
 

17歳でこの大きさか・・・ 

■ 一見したところ、かなりデカイ・・・じゃなくて7つ位のスキルがつけられるように見えますが ■ 

 

devil_s06.jpg 

■ 実際はこのように戦闘用のコマンドスキルは3つまでしかつけられません ■

 
 
また、人間同士でスキルの付け替えが可能になっていますが 
一つのスキルは一人にしか付けられず、複数のキャラクターに同じスキルを同時に付けるのは不可能になっています。 
なので、キャラクター毎に特徴を付けざるを得ない作りと言えるでしょう。 
 
んで、この「縛り」がミソなんですよね。 
つまりオールマイティーに対応するのが不可能なので、相手によってキャラクターと仲魔をどう編成するか? また、編成したチームをどの相手(チーム)にぶつけるか? といった工夫が必要になります。 
特に強敵が相手となる場合は工夫が必要ですし、キャラクターをどう育てるかも悩みどころ。 
まぁ、ゲームを始めてちょっとすれば「フリーバトル」が出来るようになっているので 
レベルを上げまくって力押しするという事も可能にはなっているのですが。 
 
なおSRPGとしては1戦闘が短く終わるように作られていますが、戦闘の途中での中断セーブも出来るようになっていて『かゆいトコロまで手が届くなぁ』といった感じです。 
(戦闘についての説明はコレで終わりますが、実は要素はコレで終わりじゃないんですよ。ほかにも面白い要素があるのですが、それは色々長くなるので終わりにします。<ここまでで十二分に長いよ) 
 
 
■まとめ  
 
戦闘の特徴を主に書いてみました。 
面白さや魅力が上手く伝えられたか自信ありませんが(汗) 
戦闘以外にも、悪魔オークションや、メガテンシリーズおなじみの合体も用意されており 
楽しむ要素は盛りだくさんです。 
しかし、まだまだ序盤を遊んだだけですから、一周目終わったら、また感想をかくつもりですが・・・ 
まぁブログのタイトルがタイトルなんで あまり期待しないで下さいw <マテ 
 
しかし、デカイw他のキャラクターと比較してもデカイから狙ってやってるんだろうなぁ<ホントお前はそんなのバッカリだな。 
 
 

2009年01月18日

デビルサバイバープレイ日誌:三日目終了〜。

『女神異聞録デビルサバイバー』やっていますが、SRPGとして中々歯ごたえあります。 
(私がヘタレゲーマーなだけかもしれませんがw) 
私は三日目のところで詰まっていたんですが、ようやく終了しました。 
 
 
と、言うわけで私の『女神異聞録デビルサバイバー』三日目奮戦記です。(当然激しくネタバレです) 
しかし、ストーリーの進め方のよってはもしかして展開違うのかな・・・? 
 
 
続きを読む

2009年01月22日

デビルサバイバープレイ日誌:只今、悪魔育成中(六日目)

現在プレイ状況は六日目の終盤に来ています。 

 

devil_s13.jpg

 
 
もうちょっとで一周目が終わるかと思いますが 
終盤に備えてキャラクターの育成と悪魔合体を始めたら中々終わらないw 
育成方針というのが人によっては違うと思うのですが、私は弱点を無くすようにしようとするのが結構多いですね。 
 
※今回はどんな悪魔やスキルが出てくるかとかのバレです 
 
 
続きを読む

2009年01月24日

デビルサバイバープレイ日誌:6日目終了

今回は六日目の奮戦記です。ネタバレしまくりなので、ご注意を。 
 
 
続きを読む

2009年01月26日

デビルサバイバープレイ日誌:七日目(1)

デビルサバイバー、七日目・・・最終日に突入です。 
最終日だけあって、やはりハードなんで、複数回に分けて書く予定。 
毎度ですが、完全ネタバレです。 
 
 
続きを読む