2009年06月14日

アークライズファンタジア ファーストインプレッション

アークライズ ファンタジア 特典 アート・ライト・シンフォニー付き 
 
 
ファーストインプレッションと言いつつ、20時間以上遊びましたw 
今まで遊んだ限りですと、普通に面白く楽しめるRPGです。 
システムに複雑なところがあり、チュートリアルもメチャメチャ親切というワケでもないので 
最初が少しとっつきづらく、戦闘難易度が中ボスクラスの相手では高めなので 
ゲームをやりなれた人向けかと。 
 
 
■ストーリー 
 
キャラクター主導のストーリーで「テイルズ」シリーズに似た雰囲気です。 
(シナリオライターさんがテイルズを一部手がけてますしねw) 
キャラクターの立て方が上手く、展開も今のところは非常に楽しめています。 
 
 
■グラフィック 
 
ややグラフィックが粗いと言われているようなのですが 
個人的にはあまり気にはなっていません。 
 
ac_02.jpg 
 
キャラクターの特徴が出ており、表情や動きは良い雰囲気が出ていると思います。 
まぁ、これは個人で受け取り方が違うと思いますので 
公式サイトで確認するのが良いでしょう。 
 
ac_00.jpg 
■このデカイ乳もちゃんと揺れるし<オイ 
 
 
■戦略性のある戦闘システム 
 
戦闘はターン制ですが、やや特徴のあるものとなっています。 
AP(行動力)というものが設定されていまして、戦闘中の全ての行動は 
このAPを消費して行われます。 
 
面白いのがAPをチームで共有するようになっている事。 
その為、1ターン中にAPを一人のキャラクターにつぎ込んで、一人だけ行動させる事も 
全員で攻撃する事も可能です。 
また、APは1ターンすると回復し、使用しなかった分は持ち越されますので 
先を見越した戦い方も考えられます。 
 
度々ある中ボスクラスの戦闘は難易度が高くなっており 
3Dフィールドの中での位置取りを考えたり、敵の行動を予測しないと 
勝利するのは中々難しく、やり応えがあるゲームとなっています。 
 
ac_01.jpg 
■右下に表示されたTurnで次ターンの敵の行動をある程度読める 
 
他にも色々と細やかな戦略性のあるシステムがあるのですが 
挙げていくとキリがないので戦闘については、これにて終了(爆) 
※戦闘のシステムは、徐々にやる事が増えていく形になっているので 
段々とシステムを憶えていけるようにはなっています。 
 
 
■不満点 
 
ダンジョンや街ではカメラワークが自動で行われますが、やや見づらい場合が。 
戦闘はシンボルエンカウントで行われるのですが、ダンジョンでは 
見えないところから敵が出てくる事があり、ちょっとドキドキです。 
 
グラフィック面では個人的には2D絵をもうちょっと丁寧に仕上げて欲しかったかな〜。 
後、プレレンダリングムービーの出来がイマイチ。これは、今のところ最初に出た 
だけなので、小さい問題ですが。 
 
 
■まとめ 
 
ロード時間が殆ど無いゲームで気持ちよく遊べ、シナリオと戦闘は十分に楽しめる出来です。 
今までプレイした感じだと十分「良作」と言えるゲームかと。 
まだ、途中なので結論はゲームクリアしてからですけどね。 
 
 

2009年06月28日

アークライズファンタジア、現在プレイ中。

「アークライズファンタジア」ゆるゆると遊んでいまして 
その為かプレイ時間が60時間近くになったんですが、まだ途中です。 
(クリアまで40〜50時間程度って聞いていたんですけどねw) 
 
ac_03.jpg 
 
といっても、流石にそろそろ佳境っぽいのですが。 
しかし、序盤〜中盤くらいまでは雑魚敵はかなり弱い印象だったんですが 
中盤以降だんだんと強くなってきて、今は油断すると一気にボコられます(汗) 
 
ちなみに現在の進行状況を、めちゃめちゃネタバレで話しますと 
 
 
続きを読む

2009年07月06日

アークライズファンタジア:ギルドクエストをちくちくプレイ

アークライズファンタジア。 
恐らくオーラスを残すのみとなったのですが、ここに来て終わらすのが 
ちょっと惜しくなってきまして、残していたギルドクエストをちくちくプレイ。 
プレイ時間も70時間近くになってます。 
 
ac_06.jpg 
■ギルドクエストには、こんな愉快(?)なイベントもw 
 
ギルドクエストは、作業的なモノもありますが、サブイベントと言えるようなモノもあり 
これが、中々楽しい。 
ところが、ギルドクエストをこなす内にちょっとした発見とそれに伴う悩み事が発生。 
 
※今回、メチャメチャネタバレです 
 
 
続きを読む

2009年07月09日

アークライズファンタジア:クリア後レビュー

アークライズ ファンタジア 特典 アート・ライト・シンフォニー付き 
 
 
クリア時間は約75時間! 
ギルドクエストを(恐らく)全部こなす等、ゆったり長く楽しんだので 
かなり長めのプレイ時間だと思います。 
 
ボスクラスの戦闘の難易度が高めなのが、ちょっとネックですが 
バランスは全般的にはそれほど悪くはありません。 
私自身はラストの方以外はレベル上げは全くしないでクリアできました。 
丁寧に作られた、十分良作といえるRPGだと思います。 
 
んでは、レビューをば。 
ファーストインプレッションと重なる部分もありますが<つか、一部コピペ(爆) 
 
■ストーリー 
 
キャラクター主導で世界の仕組みに関わってくるストーリーで 
「テイルズ」シリーズに似た雰囲気の物語です。 
(シナリオライターさんがテイルズを一部手がけてますしねw) 
キャラクターの立て方が非常に上手いですし、展開にも色々な工夫がみられ 
最後まで楽しむ事が出来ました。 
 
 
■戦略性の高い戦闘 
 
戦闘はターン制ですが、やや特徴のあるものとなっています。 
AP(行動力)というものが設定されていまして、戦闘中の全ての行動は 
このAPを消費して行われます。 
 
面白いのがAPをチームで共有するようになっている事。 
その為、1ターン中にAPを一人のキャラクターにつぎ込んで、一人だけ行動させる事も 
全員で攻撃する事も可能です。 
また、APは1ターンすると回復し、使用しなかった分は持ち越されますので 
先を見越した戦い方も考えられます。 
 
度々ある中ボスクラスの戦闘は難易度が高くなっており 
3Dフィールドの中での位置取りを考えたり、敵の行動を予測して対応しないと 
勝利するのは難しく、やり応えがあるゲームとなっています。 
(まぁRPGなんでレベル上げで対抗する事もできますが) 
 
ac_01.jpg 
■下に表示されている「Trun」で、どの敵がどのような行動をしていくるか予測する 
 
他にも様々な要素が戦闘システムに組み込まれていますが 
徐々にやる事が増えていく形になっているので 
段々とシステムを憶えていけるようにはなっています。 
 
ただ、全般的にプレイヤーが色々試したり、創意工夫することによって 
発見がある戦闘システムになっているので、能動的にプレイする事が求められる 
システムになっているともいえそうです。 
 
なお、最初は雑魚敵は弱いですがゲームを進めていく内に侮れない相手になります。 
 
■グラフィック 
 
ややグラフィックが粗いと言われているようなのですが 
個人的にはプレイしていく内に気にならなくなりました。 
キャラクターの特徴が出ており、表情や動きの雰囲気が非常に良く 
むしろ、結構気に入っていたりします。 
 
ac_02.jpg 
 
 
ただ、個人的にはプレレンダリングムービーのデキがイマイチなのが残念。 
キャラクターの表情の雰囲気は普段のポリゴンの方が数段イイかなと。 
シーン数は極少なのですが。 
 
■不満点 
 
ダンジョンや街ではカメラワークが自動で行われますが、やや見づらい場合が。 
戦闘はシンボルエンカウントで行われるのですが、ダンジョンでは 
見えないところから敵が出てくる事があり、ちょっとドキドキです。 
 
後、個人的には広過ぎ&人が多過ぎの街が幾つかあるのが、ちょっと。 
私はRPGでは街の人達全員に話しかけたいタイプの人間なんですが 
全員と話すのは途中で止める程度に人が多いです。 
 
・・・まぁ、全員に話しかける必要もないんですけどね。 
だけど、結構細かく変化もつけているっぽいので、そういう変化も見たい身としては 
ちょっと辛いのですよ。 
 
 
■まとめ 
 
ロード時間が殆ど無いゲームで気持ちよく遊べ、シナリオと戦闘は十分に楽しめる出来で 
丁寧に作られた良作RPGといえるでしょう。 
また、難易度が高めなのと、自分で色々と試したり工夫したりが求められる部分があるので 
腰を据えて、じっくり楽しみたい人向けかと思います。