2010年08月26日

今更ながら超執刀始めました。

カドゥケウスZ 2つの超執刀 
 
「HOSPITAL. 6人の医師」が面白かったので 
アトラス医療シリーズの「カドゥケウスZ」を買ってきました。 
世界観というかキャラクターが繋がっているゲームでもありますし。 
 
現在プレイ時間は約4時間。 
同じ医療ゲームなのですが「HOSPITAL. 6人の医師」とは色々 
対照的な感じでそれも結構面白かったりします。 
ちなみに画面はワイド対応はしていませんで4:3オンリーです。 
 
 
■シナリオ・キャラクター 
 
シナリオ展開・キャラクター設定・演出が非常に堅実でオーソドックス。 
 
z_00.jpg 
■御覧のようにオーソドックスなADVの演出 
 
物語の展開は最初からグイグイひっぱる感じでなく 
面白さがじわじわやってくるタイプ。 
そして私は丁度、面白くなってきている最中だったりします。 
 
ちょっと残念なのが音声が少なめであまり喋らないんですよね。 
ちなみに「HOSPITAL. 6人の医師」は、ほぼフルボイスで 
手術中もかなりの頻度でアシストから言葉が飛んできます。 
 
 
■手術アクション 
 
 
難易度はEasy・Normal・Hardの三種で何時でも変更可能な優しい仕様。 
私は今のところNormalオンリープレイですが「HOSPITAL. 6人の医師」より難しい〜。 
 
z_02.jpg 
■最初に苦戦した手術 
 
ただ「HOSPITAL. 6人の医師」は、ものによっては手術・エピソードが 
結構長くかかるのですが、このゲームの手術は短めの設定で 
(全ての手術に制限時間があり、今のところ5分〜3分) 
トライ&エラーをやりやすいように出来ています。 
まぁ、基本的に失敗を何度かしてクリアを目指すタイプなのではないかなと。 
 
z_01.jpg 
■これはもう何回も見ました(爆) 
 
 
 
「HOSPITAL. 6人の医師」はかなり懇切丁寧な印象でしたが 
このゲームは、それに比べればよりプレイヤー任せな印象です。 
まぁ、普通レベルの丁寧さという感じですが。 
 
後は手術時につかえる「超執刀」 
途中から使えるようになる特異技能なのですが 
それぞれの手術中に一回しかつかえないので 
これをどのタイミングで使うかが途中からゲームのキモに。 
 
しかし、こういう特異技能の存在はやっぱゲームやっていて 
燃えるは燃える<単純野郎なので 
 
 
■まとめ 
 
手術のバリエーションに不安があったんですが 
ここに来て色々なタイプが出てきており、ストーリーも盛り上がってきたので 
楽しくなってきたところです。 
 
下手ッぴプレイヤーなんで、最後までいけるか一抹の不安はあったりしますが(爆) 
 
 

2010年09月01日

壁かと思ったら、そうでもなかった件

今更ながら、ゆるゆると遊んでいます「カドゥケウスZ」 
まぁ、実はゆるゆるというか、下手な為に暫く詰まっていたんですけどね(汗) 
 
その詰まっていたトコロが・・・ 
 
z_04.jpg 
 
ココです。 
 
制限時間が今まで3〜5分程度だったのですが、10分というチャート。 
ただし・・・ 
 
z_03.jpg 
 
そう、患者が5人居るのです。つまり一人にかけられる時間は2分。 
今まで一人に3〜5分の制限時間だったんですから、ぶっちゃけ青ざめました。 
しかも、実際プレイしていみると、手術内容も別段簡単なわけでなく 
・・・普通に今までの難しさっていうか難しい方の手術だったり(汗) 
 
 
最初のトライでは、あっという間に時間がなくなり 
3人目あたりで、残り時間が二分を切るありさまで・・・さっさとリトライ。 
更に何度かプレイしたのですが、何回やっても5人目突入時点で残り一分無い状態に。 
 
難易度Normalでプレイしているので、Easyに下げればいけるかなぁとも思ったのですが 
下手ッぴプレイヤーといえど、ちょっとプライドがありまして暫く悶絶しておりました。 
 
しかし、下手でも何回もプレイすれば色々見えてくるものやら 
慣れてきたりもするもので。 
そして、最終的にプレイの方針を転換してやったところ・・・ 
 
 
z_05.jpg 
 
 
ついにNormalでクリアー! 
しかし、Bad判定かなりやらかしたので、これは評価は「C」だろうなと思ったいたら・・・「A」 
 
しかも、リザルト画面でボーナス評価に「4人以上を救助」の文字。 
あれ・・・?そういえば、何人目かの手術を終えた時点で「応援が来た」って言ってたな。 
 
もしかして、ここ・・・5人全員を手術する必要なかったのでは(滝汗) 
 (時間切れになる前にリトライをしていたので気が付かなかった) 
 
下手とか上手い以前にマヌケだったのかー! 
 
 

2010年09月11日

初めてのS

ゆるゆる・・・というか詰まりながら、壁にあたりながら、悶絶しながら 
遊んでおります「カドゥケウスZ」 
 
orz・・・無理だよ、こんなの。(悶絶) 
 
↓ 
いや、こうしたら出来るか? 
 
↓ 
おお、クリアー♪ 
 
orz・・・これ・・・どう解くけばいいんだー!?(悶絶) 
 
↓ 
もしかして、最後まで使っちゃいかんのか・・・ 
 
↓ 
やたー!なんとかクリアー。 
 
こんな繰り返しです。 
 
しかし、最後に超執刀とっとかないと無理とか止めて欲しい。 
先に使っちゃったら、何やっても駄目になったんで泣きそうになったぞ(涙) 
 
しかし、壁というか苦戦したところは何回もプレイするので 
ある程度慣れる為か、クリアしたときの評価は良く・・・ 
 
z_08.jpg 
 
この度、初めての「S」超執刀評価を得ましたー。 
 
しかし、後半に入ってきて難易度が上がって来る、上がって来る(汗) 
この下手っぴプレイヤーは最後までいけるのか・・・。 
 
 
そんな中、10分で4人を執刀するという難題がまたも・・・ 
でも、前に・・・ 
 
z_06.jpg 
 
 
そうそう、その時ちゃんと5人全員(クリアには必要ないのに)救命したし 
もしかして、これは楽かも・・・ 
 
 
z_07.jpg 
 
 
 
orz・・・はい、当然またしても悶絶中です(汗) 
 
 

2010年09月15日

絶賛詰まり中(爆)

ゆるゆる(?)プレイ中の「カドゥケウスZ」ですが 
先日から、詰まってしまって進んでいません(爆) 
 
前回ブログに書きました10分で四例の手術をしなければならないチャート。 
 
z_12.jpg 
 
以前、10分で五例の手術がありましたが 
そのときは全部同じ症例でして「時間との戦い」の様相が強かったのですが 
今回は全部違う症例になっています。 
 
 
なお、一人目は「超執刀」を発動すれば楽にクリア出来る症例で 
・・・っていうか発動せんと(私には)無理な症例。 
 
二人目は実は『10分で五例』のときと同じ症例でして 
私としては散々プレイした症例なんで楽にクリアできます。 
 
そして、ここまで一人目は約30秒程度・二人目は二分程度でクリアできるので 
三人目突入時は7分半以上の時間があり「10分で五例」の際のような 
時間との戦いという感じはありあません。 
 
 
z_11.jpg 
■三人目突入時:7分30秒程度の残り時間 
 
 
・・・が、三人目がやたら難しくて毎度毎度ここでゲームオーバーになります。 
 
 
z_09.jpg 
 
 
クリアした事のある症例の難易度アップバージョンなんですが、これがムズイ! 
超執刀をここで使いたい位なのですが、一人目は「超執刀」無しでは何度トライしても無理で 
まだ三人目の方が望みが有りそう・・・・ 
 
 
・・・が、何度プレイしても三人目でゲームオーバー・・・。 
・・・これは無理かなぁ・・・・ 
ここまで難易度:Normalで通してきたけど、これはEasyじゃないと・・・。 
しょうがない、Easyに下げてブログに書こう<オイ 
とうとう決断をしまして、よしEasyでやろう! 
 
・・・とプレイを始めたのですが、間違ってNormalのまま開始してしまい 
「じゃあ、最後の一回」のつもりでプレイすると・・・ 
 
 
z_10.jpg 
 
なんと、行幸か奇跡かまぐれか、三人目をクリアー! 
 
そして、最後の一人。時間も5分以上残っており、余裕があります。 
 
 
そして最後の一人の症例は・・・そんなに難しくはない! 
ミスしなければ大丈夫だ。 
ミスしなければ・・・ミスしなければ・・・ 
 
 
・・・ミスったー! orz 
 
 
と、言うワケで現在も詰まっております。Normalで。 
・・・・まぐれかもしれませんんが、一回三人目クリアできちゃったんで 
難易度下げづらい、下げづらい(汗)