2011年01月31日

THE LAST STORY:ファーストインプレッション

ラストストーリー(特典なし) 
 
 
前々から期待したゲームでして、かなーり前から予約していましたー。 
現在プレイ時間は15時間オーバー。 
街を結構うろついてサブクエストやったり、闘技場も遊んでいるので 
進みは時間に比べて遅いかも。 
 
今のところの印象では 
基本的なシステム的は洋ゲーのRPGを踏襲、戦闘は独特なRPGといえそうです。 
ぶっちゃけ取っ付きが悪いかなと思いますが、慣れてくるとイイ感じ。 
戦闘は段々とやれることが増えていくのですが 
それに従って、戦闘が変化、面白くなっていくような。 
人を選ぶ面もあると思いますが。 
 
ストーリーも最初はイマイチかなと言う印象でしたが 
個人的にはココに来てグッと面白くなってましたー♪ 
 
THE_LAST_STORY_01.jpg 
■キャラの立ち方もイイ感じ・マナミア可愛いよ。マナミア<オイ 
 
 
■街中は洋ゲーのRPG風 
 
街中に歩いている人全員に話しかけられるという、タイプでは無く 
話しかかられる人間は、限られていて 
時折、他人の会話が聞こえてきたり、声をかけられたりする海外RPG風味。 
 
THE_LAST_STORY_12.jpg 
■歩いていると会話が聞こえてくる。フルボイスで無いのが若干残念 
 
個人的には全員に話しかけられるタイプが好きなんですけどねー。 
今後のRPGは、こういうタイプがメインになってくるのかな。 
最近は、こういうのにも慣れましたが。 
 
イベントに繋がるような情報がある会話やら 
簡単なサブクエスト等の依頼なんかもあります。 
 
THE_LAST_STORY_07.jpg 
■サブクエストで出来る事が増える事も。このように半裸表示に出来るようにも<オイ 
 
 
街は(今のところ)一箇所ですが、かなりデカく複雑で 
ストーリーの進行によって発生するイベントも変化もしている模様。 
なお、一回行った場所にはワープできますので 
移動は、それほど手間な印象は個人的にはなし。 
 
 
 
■変化していく独特な戦闘 
 
エンカウントタイプではなく、フィールドを進んでいくと 
敵が配置されているんので、そこをそのまま戦場として闘うようになっています。 
リアルタイムのアクション性の高い戦闘で、多くは仲間と一緒に闘う事に。 
 
フィールドの地形を利用して戦う事がかなり意識されているつくりなのが 
今までのRPGとは一線を画している感じです。 
 
 
慣れない内は、現状がつかめないまま戦闘が終わっている事もあったんですが(爆) 
様々なアクションがある程度使えるようになり、戦闘の状況をつかんで 
ある程度の戦闘方針を練れるようなってくると面白くなってきました。 
 
THE_LAST_STORY_10.jpg 
■戦闘中、仲間から注意やヒントなどの会話も。雑談系も時折有りますがw 
 
 
主人公が戦闘中に行える事は、ストーリーの進行に従って多くなっていき 
それらを使う事によって勝てる戦場というのが出てくるので 
ゲーム進行に従って、戦闘の方向が変化していく印象があります。 
 
また、中ボスクラスでは手順を踏まないと倒せない敵等がいたりと 
様々な工夫がみられます。今後どんな変化が見られるのかも期待。 
 
なお、戦場の地形が戦闘と密接に関係している為か 
RPG的な移動の為の広大なフィールドマップというのは 
このゲームには無い模様です。 
 
 
 
■メインストーリーとサブクエスト 
 
このゲームはチャプターが表示されているのですが 
プレイヤーの進行によって、一部チャプターをやらずに進行させたり 
順序を変えて遊ぶ事が可能になっています。 
 
一部は実はサブクエストの扱いのような物なのかもしれません。 
キチンとした舞台と話はが用意されているんで 
サブクエストという印象は受けてなかったんですけどね。 
 
まぁ戦場の地形が戦闘に直結しているゲームなので 
戦闘が伴う場合はサブクエストでも 
ちゃんと作らないと駄目なタイプのゲームなんですが。 
 
 
 
■個人的に気になったトコロ 
 
ところどころで、ADVゲーム的に上半身の立ちポーズでの会話シーンがあるんですが 
これはちょっと合ってないような。 
個人的趣味なんですけどね。 
 
 
■まとめ 
 
 
個人的には、取っ付きが悪いですが段々と面白くなってきた印象。 
戦闘がリアルタイムのアクションなので、ゲーム慣れしていない方には薦め辛いかなー。 
また人を選ぶ面もあるかなと思います。 
 
 
 
■進行状況とか 
 
 
 
クエストは、やらないで通過できるサブ的な物があると書きましたが 
イベントにも同様のものがあるようで、多分見ないで通過できるイベントを発見。 
 
 
 
 
 
(この後ネタバレあり) 
 
 
続きを読む
posted by torotoro at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE LAST STORY

2011年02月09日

マナミア、可愛いよ、マナミア

「THE LAST STORY」クリアしましたー♪ 
クリア時間は約41時間。最後まで楽しんでプレイ出来ました〜。 
 
 
THE_LAST_STORY_23.jpg 
 
 
・・・が、レビューまとめるのに時間かかりそうなので 
とりあえず、一番お気に入りのマナミアを愛でてみたり(爆) 
 
 
 
 
 
(この後は、人によってはネタバレになるかも。何のシーンかは見ただけでは分からんと思いますが) 
 
 
続きを読む
posted by torotoro at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE LAST STORY

2011年02月11日

THE LAST STORY:クリア後レビュー

ラストストーリー(特典なし) 
 
 
クリア時間は約41時間。街を結構うろつきましたし、サブクエストも大概プレイしたと思うので 
長めのプレイ時間だと思います。楽しんで遊べました。 
 
RPGとしてのつくりは海外RPGを意識したつくり、戦闘が独自の物となっており 
結構クセのあるゲームかと。 
挑戦的な中規模のRPGという感じなので、取っ付きがやや悪く 
人を選ぶ面があると思います。チュートリアルなんかは丁寧なんですけどね。 
 
なおオンライン要素も用意されているんですがチキンなんで遊んでません(汗) 
オフラインのみを遊んだ感想です。 
 
 
■ストーリー 
 
ストーリーはオーソドックスなファンタジー風味。 
個人的には、ややノリが合わない箇所があったのですが 
全体としては楽しめました。 
 
キャラの立ち方も、なかなか。 
 
THE_LAST_STORY_01.jpg 
■個人的に凄くお気に入りの食欲魔人wマナミア。別ゲームで再登場とかしてくれんかな 
 
なお、戦闘中や移動中にかなり会話が入るんですが 
使いまわしはほぼ無く、その場のみで交わされる物でしてコレが中々良いノリでした〜♪ 
 
 
■海外RPG風味の街中 
 
街中に歩いている人全員に話しかけられるという、タイプでは無く 
話しかかられる人間は、限られていて 
時折、他人の会話が聞こえてきたり、声をかけられたりする海外RPG風味。 
 
THE_LAST_STORY_12.jpg 
■歩いていると会話が聞こえてくる。フルボイスで無いのが若干残念 
 
イベントに繋がるような情報がある会話やら 
簡単なサブクエスト等の依頼なども、またちょっとした小ネタの仕掛けも。 
 
 
街は一箇所ですが、かなりデカく複雑。 
ストーリーの進行によって発生するイベントも変化。 
なお、一回行った場所にはワープできますので移動は 
それほど手間な印象は個人的に感じませんでした。 
 
 
■独特の戦闘 
 
エンカウントタイプではなく、フィールドを進んでいくと 
敵が配置されているんので、そこをそのまま戦場として闘うようになっています。 
リアルタイムのアクション性の高い戦闘で、多くは仲間と一緒に闘う事に。 
 
フィールドの地形を利用して戦う事がかなり意識されているつくりなのが 
今までのRPGとは一線を画している感じです。 
 
慣れない内は、現状がつかめないまま戦闘が終わっている事もあったんですが(爆) 
様々なアクションがある程度使えるようになり、戦闘の状況をつかんで 
ある程度の戦闘方針を練れるようなってくると面白くなってきました。 
 
戦闘方針をガッチリ練らないでも戦えるファジーな面があるので 
プレイヤーに戦闘方針や考えを練れるかというので面白さが変わってきそう。 
 
THE_LAST_STORY_10.jpg 
■戦闘中、仲間から注意やヒントなどの会話も。雑談系も多々有りますがw 
 
主人公が戦闘中に行える事は、ストーリーの進行に従って多くなっていき 
それらを使う事によって勝てる戦場というのが出きますし 
個々の戦闘に特徴と変化が用意されており、飽きさせないような工夫がみられます。 
 
なお、RPG的な移動の為の広大なフィールドマップというのは 
このゲームにはありません。 
 
 
■ダンジョン再挑戦&闘技場&敵呼び込み 
 
前述のように、このゲームは敵は最初から配置されている形でして 
その場所に戻っても再度出てくるということもありません。 
 
ただ「稼ぎ」をやる場はちゃんと用意されていまして 
先ずダンジョン内に敵を呼び出す場所があり、闘技場も街中にあります。 
 
また全てではないですがダンジョンに再挑戦できるようになっています。 
ただ配置されている相手が変化しており 
(プレイヤーのレベルに応じて敵のレベルが変わる) 
アイテムは手に入りますが、経験値は全く入りません。 
戦闘を楽しむという面で用意されているのでしょうかね。 
 
 
■メインストーリーとサブクエスト 
 
このゲームは場面場面でチャプターが表示されているのですが 
プレイヤーの進行によって、一部チャプターをやらずに進行させたり 
順序を変えて遊ぶ事が可能になっています。 
 
 
THE_LAST_STORY_22.jpg 
■戦闘サブクエスト(?)での一幕。イベントシーンもあり、重要な物も(服装は私の趣味(爆) 
 
なので、一部はサブクエストの扱いのような物なのかも。 
また、簡単な依頼やミニゲーム的なサブクエストも用意されています。 
 
ただ、横道好きプレイヤーの私個人としては、やや食い足りない感も。 
戦闘サブクエストがあんま横道っぽくないというのもあると思いますが。 
 
 
■個人的に気になったトコロ 
 
ところどころで、ADVゲーム的に上半身の立ちポーズでの会話シーンがあるんですが 
これはちょっと合ってないような気がします。 
 
個人的趣味なんですけどね。 
 
 
■まとめ 
 
 
取っ付きが悪いと思いますが、楽しんで遊べました。 
戦闘がリアルタイムのアクションなので、ゲーム慣れしていない方には薦め辛いかなー。 
RPGなので、レベル上げで対抗できる面もあり、難易度はそれほどでもないとは思いますが。 
 
最初に言いましたように、クセのあるゲームですので 
その面でも人を選ぶかなーとは思います。 
 
なお、クリア後はレベルや一部アイテムを引き継いでの二周目プレイが可能。 
軽く遊んだ感じですが、一部の敵はレベルが上がっており「遊べる」二周目になっている印象。 
 
 
posted by torotoro at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE LAST STORY