2011年06月29日

100%!!

アースシーカー 
 
 
発売日から一日後にamazonより到着しまして 
ゆるゆる遊んでおります「アースシーカー」 
 
取っ付きの悪さや作りの甘さはありますが楽しんで遊んでおります。 
今のところ、ちょっとヌルゲーかなーというところもありますが。 
 
EARTH_SEEKER_01.jpg 
 
 
このゲームの舞台は滅亡した地球を脱出して 
文化財や生物を載せた箱舟船団が漂着した惑星でして 
ゲームの目的は惑星にちらばってしまった地球の遺産を探す事にあります。 
 
で、人類も滅びていまして・・・ 
じゃあ、ゲームに出てくる人間達は何かといいますと、所謂クローンです。 
そしてこの世界には何故か女性のクローンしかいません。 
正確には男性も一人だけいるのですが、何故か目覚めないのです。 
 
・・・つまり・・・ 
 
 
処女率100%!! <オイコラ 
 
 
EARTH_SEEKER_02.jpg 
 
 
こいつも!  
 
 
EARTH_SEEKER_00.jpg 
 
 
こいつも!  
 
 
 
EARTH_SEEKER_07.jpg 
 
 
こいつも!  
 
 
 
EARTH_SEEKER_05.jpg 
 
 
こいつも!  
 
 
 
 
・・・正直、済まんかった<何に対して謝ってるんだ 
 
 
posted by torotoro at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アースシーカー

2011年07月11日

アースシーカー:ファーストインプレッション

 
 
「アースシーカー」20時間ほど遊びました〜。遺産収集率は15%。 
そこそこ楽しんで遊んでいるのですが 
ちょっと単調かなーと思う点も。 
 
今まで遊んだ印象と感想をつらつらと説明を交えながら 
お話したいと思います。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
ぶっちゃけていうと、戦闘方式が違う「モンスターハンター」ライクなゲームです。 
 
「遺産情報室」で依頼・・・モンスター討伐やアイテム探し、遺産探し、モンスター捕獲など 
を受けると探索が出来るフィールドに行けるようになります。 
 
 
EARTH_SEEKER_08.jpg 
■遺産情報室に来る依頼をこなしていくゲーム 
 
そして探索をする各フィールドへGO! 
依頼をクリアするとポイントを得られますので、それで新たにアイテムを買ったり 
モンスターを倒す事などで得られるアイテムで武器をつくったりして 
キャラクターを強化していき、更に難易度の高い依頼に挑んでいくという流れです。 
 
 
EARTH_SEEKER_10.jpg 
■今のところフィールドは三種類。依頼によってフィールド内で行ける場所が変化も 
 
 
■戦闘はタイムストップバトル 
 
戦闘方式は基本的には通常のアクションゲームタイプでして 
プレイヤーがキャラクターを操作して、相手の攻撃をかわしたりします。 
 
ただ、攻撃の際はボタンを押すと攻撃が出るというのではなく 
ボタンを押すとウインドウが開き一時停止状態になり 
どういう攻撃をするのかを選ぶと攻撃が出るという方式になっています。 
 
なお、攻撃は選択後、直ぐ出ると言う感じではなく多少なり時間がかかるものが多く 
相手の攻撃を喰らうとキャンセルされるので 
ある程度の隙をみて出す必要があります。 
 
EARTH_SEEKER_11.jpg 
■攻撃の際は一時停止・アクションカートリッジを消費して攻撃 
 
また、攻撃は無制限にできるのではなく 
アクションカートリッジと言うものを消費する事で行われます。 
アクションカートリッジは時間によって回復しますし 
前述しましたように攻撃は発生するまでに多少時間がかかるので 
相手の攻撃をかわしながらチャンスをみて攻撃するというゲーム性になっています。 
 
 
■プレイヤーキャラクターとガーディアン 
 
戦闘は、プレイヤーキャラクターと最大六人連れて行けるガーディアン達で戦います。 
 
プレイヤーキャラクターの攻撃は直接攻撃。 
攻撃の種類は武器によって違いがあり、単純な連続攻撃から 
パワーを貯めての攻撃、空中の敵専用の攻撃なんかもあります。 
 
ガーディアン達はエネルギーボールというボールを投げての攻撃がメイン 
「火・風・氷・雷」の属性を持ち、複数のボールを併せる事によって 
より攻撃力を増して攻撃が出来ます。 
また、相手の攻撃をガードしたり、はね返すような効果をもつ 
攻撃もあります。 
 
モンスターによって効果が高い攻撃が違い、どの攻撃が効果的か 
判断する必要があり。効果が高い攻撃ほど派手はエフェクトが出るので 
それで判断していく事になります。 
 
・・・が、直接攻撃と間接攻撃でどちらが効果的かというのは 
ちょっと分からないんですが(汗) 
 
 
■それなりに爽快感があるが、やや単調 
 
プレイヤーの攻撃は、そこそこ爽快感があるものが揃ってますし 
ガーディアン達のエナジーボールによる攻撃も攻撃力があがってくると 
エフェクトが派手。 
 
モンスターの中には特定の攻撃をすると自爆してしまったり 
こちらの攻撃を避ける為、攻撃を当てるのに一工夫必要な敵がいたり 
相手によってはプレイヤーキャラクターが囮になり 
プレイヤーキャラに向けて攻撃している隙に 
ガーディアン達に攻撃させるのが非常に有効だったりと 
戦い方にバリエーションを持たせようとする工夫も見られます。 
 
 
・・・が、ちょっと単調な印象が。 
 
先ず、クエストの量に対して、敵の種類・敵の攻撃方法 
プレイヤーの攻撃方法などの種類がちょっと少ないような。 
(武器一つにつき2〜3種の攻撃方法があるのですが 
別種の武器で被っている攻撃がありまして 
現在武器は5個持っているんですが、攻撃方法は7種類) 
 
また、戦い方にバリエーションを持たせようと言う意図は感じるんですが 
大きな変化と言う感じにまでは至っておらず 
結局、同じような攻撃・・・敵の攻撃を避けて攻撃というだけになってしまいがち。 
で、攻撃のバリエーションがそれほどないので同じ事の繰り返しの印象が。 
 
そして全般的に難易度が易しめ(システム的にも実際の難易度的にも)なので 
単調な印象を助長してしまっているかなと。 
 
EARTH_SEEKER_09.jpg 
■全般的に難易度は易しめ、私は二回ほど死にましたが(汗) 
 
 
■やや気になった点 
 
その他気になったところとしては、ロードが1〜2秒程度ですが 
結構頻繁に入る事。 
 
カメラを自分で動かせるタイプのゲームなんですが 
敵にロックオンをした時以外の自動での挙動がちょっと。 
基本的に自分でカメラコントロールしないと駄目なゲームです。 
 
両方とも慣れるとそれほど気にならなくはなったのですが。 
 
 
 
■まとめ 
 
それなりに遊べるんですが、全般的にバリエーション不足なので 
やや単調な印象を受けるのかなーと。 
もうちょっと変化があると嬉しい感じ。 
 
なお、武装で作れるのは武器とそれにつける 
補助的な道具・・・ラピスと呼ばれるものだけで 
防具とかはつくれません。 
色々とエロい防具とかつくれると個人的にはもっと燃えるんですが<オイ 
 
 
posted by torotoro at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アースシーカー