2011年07月22日

「ノーラと刻の工房」購入〜

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女 
 
 
 
「ノーラと刻の工房 霧の森の魔女」予約していたのがamazonより昨日届きました〜♪ 
 
noora_01.jpg 
 
ゲームのコツを探りながら、現在ゆるゆる遊んでおります。 
アイテムを「置く」という行為が個人的には、ちょっと面白い感じ。 
 
noora_02.jpg 
■2Dドットゲーム。自宅にアイテムを「置く」事で新たなアイテムを得られたり 
 
 
ところで、3DSですとアイコンに合わせるとこんな感じに表示されるのですが 
 
 
noora_00.jpg 
 
タイトルが、かな表示なんで油断すると 
「ノーラとキノコの棒」って読んじゃいますね<お前だけだ 
 
 
posted by torotoro at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーラと刻の工房

2011年07月29日

ノーラと刻の工房:(一応)クリア後レビュー

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女 
 
 
チクチクというか、実はガッツリ遊んでおります「ノーラと刻の工房」 
ここまでのプレイ時間は40時間オーバー。 
一周15時間前後で遊べる感じで、実は既に3周目(爆) 
 
一周目でトゥルーエンドクリアしたんですが 
トゥルーエンドを迎えるのは比較的簡単で 
サブキャラクター達のイベントをクリアするのが結構大変な感じでして 
寄り道プレイ好きとしては、やり応えがーw 
 
マルチエンディングでして、とりあえず私が見たのは三つ。 
まだまだ見ていないのがあるので(一応)クリア後レビューと言う事で。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
ジャンルは「新生マイスターRPG」 
 
一人前の「導刻術師」になるため「霧の森」にやってきたノーラが 
悪い魔女であることを近隣の村の人達に疑われてしまい 
様々な依頼をこなしていくことで人々の信頼を得ていくゲームです。 
 
依頼は主に色々なアイテムを渡す事。 
 
noora_08.jpg 
■依頼をこなす事で「交流度」が上がっていきます 
 
アイテムは戦闘や探索でゲット出来たり 
アイテムを加工や分解したり、時間を操る「導刻術」を使う事で 
新たなアイテムを作り出したりして得る事が出来ます。 
 
 
まぁ、ぶっちゃけて言うと「アトリエシリーズ」ライクなゲームですね(爆) 
実際、初代アトリエに関わった方が企画・シナリオ原案という事らしいですし。 
 
 
noora_09.jpg 
■移動画面・イベント箇所には吹き出しが出るので分かりやすい。 
 
 
■アバウトにも細やかにも遊べる 
 
このゲーム、アイテムを集める採取場所に行くと 
 
noora_03.jpg 
■採取の画面。シンプルですが、ちゃんと遊びの要素あり 
 
こんな感じの画面となりまして 
画面上にあるアイコンをクリックするとアイテムゲットできたり 
時には戦闘が発生したりします。 
 
このこと自体は非常に単純でアイテムは簡単にゲットできますが 
実はちょっとしたゲーム性が盛り込まれていて 
より多くアイテムをゲットする方法や 
戦闘を頻繁に発生させるやり方が、あります。 
 
つまり理解が浅くても遊べ、理解が深いとより上手く遊べる感じになっています。 
 
そして、こういった方向性はゲーム全般にいえまして 
アイテム作成や戦闘においても、一見単純なようで 
ちょっとした工夫によって、より上手く遊べる要素が盛り込まれています。 
 
noora_06.jpg 
■相手によっては難易度が高い戦闘・ただ全滅ペナルティーは殆どありません 
 
んで、このゲームはトゥルーエンドを見るのは結構簡単なので 
アバウトに遊んでもそこまではたどり着け、楽しめるようにはなってるのですよ。 
ただし、サブを責めたり図鑑をコンプしようとすると結構な難易度。 
なので、色々と工夫して遊び甲斐もある作りになっているという印象です。 
 
なお、周回プレイではお金とペットと図鑑が引継ぎとなります。 
が、お金で買えるアイテムって結構限られるゲームなので 
易しくはなりますが、難易度がそれほど低くはならないのです。 
 
 
■「置く」のが、ちょっと面白い 
 
このゲームでは、自分の家の中や庭に様々なものが置く事が出来ます。 
これは、目を楽しませる意味合いもあるんですが 
アイテムを効率よく得るのに結構大切な要素になっています。 
(まぁ、置かないでもゲーム進行は出来るんで 
「細やかな遊び方」の一つなんですけどね) 
 
noora_04.jpg 
■部屋や庭に色々と置けます。レイアウト修正も可能。 
 
このゲームの特徴である「導刻術」 
時間を自由に操る術でして、例えば植物を種の状態から花や実にしたり 
食べ物を熟成させたり。 
途中からは逆に時間を進めるようにもなります。 
 
が、実はモノによっては導刻術を使わないでも作る事が。 
例えば、「干し肉」や「干し魚」は部屋の中に肉や魚を吊るす形で 
置いておけば完成。 
 
季節に合った植物を置いておけば、実をつけますし 
庭においておくとアイテムを生み出すペットもいたり。 
置いておく事でイベントが発生するものなんかもあります。 
 
またこのゲーム、ソート機能がデフォルトでは非常に弱いんですが 
家具系のアイテムを家の中に置く事で遊びやすくなるようにもと 
色々なしかけがあり楽しいです。 
 
まぁ、こういった仕掛けを面白いと感じるか面倒と感じるかは 
人によって違うと思いますが、前述の通り置かないでも 
ゲーム進行に支障は、あまり無いので、あくまで遊びの幅となっています。 
 
 
■やや気になったところ 
 
ゲームの導入部が、かなりシッカリとしたチュートリアルになっていまして 
説明書を読まないでも、ゲームを遊べる感じです。 
まぁ、実際わたしは一周目は読まずに遊びましたし(爆) 
 
ただ、若干説明不足で個人的には混乱した部分もありまして 
これがちょっと気になりました。 
 
あと、前述しましたが、このゲームはアイテムのソートの部分が 
デフォルトでは弱めに出来ていますので、この部分はやや遊びづらいです。 
まぁ、ワザとやっているっぽいんですけどね。 
 
 
■まとめ 
 
堅実かつ、丁寧・細やかに作られた良作といった印象です。 
アバウトにも細やかにも遊べますが、やはりチクチク遊ぶのが好きな 
方に向いてるでしょうかー。 
私自身はチクチク好きなので見事にハまってしまいました(爆) 
 
チュートリアルがしっかりしており、難易度もトゥルーエンドならば 
それほどでもないので、初心者でもいけるようにも思えますが 
若干分かりづらいトコロもあるので、その点はやや微妙かなー。 
 
ちなみに、このゲーム暫く放っておくと 
仲間との会話が始まったりする事があったりするので 
時折放置しても楽しめますw 
 
 
 
■私が迎えたエンディング(ややネタバレ) 
 
 
んで、私が今までクリアしたエンディング三つですが・・・ 
 
 
続きを読む
posted by torotoro at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノーラと刻の工房