2013年08月17日

ソリティ馬:レビュー

solitiba_00.jpg 
■タイトル選択画面:実は立体視対応はココだけ 
 
 
「ソリティ馬」はポケモンの開発で有名なゲームフリークが開発した 
3DSのダウンロード専用ソフトです。 
興味を持ったので軽い気持ちで買ったんですが・・・ 
 
 ( ゜д゜)ハまりましたー!  
 
1ゲームが短く中毒性が非常に高い為、1ゲーム終わる毎に「あと1ゲームだけ」を 
繰り返し延々遊んでしまいます(・ω・) 
ちなみに買ったのは8/14なんですが、既にプレイ時間が19時間オーバー。 
 
solitiba_09.jpg 
 
とりあえずの目的であるダービーは制覇しました〜。 
 
solitiba_08.jpg 
■ダービーゲットだぜ! 
 
スタッフロールは見れてないんだけど・・・(・ω・) 
それは、やっぱG1レース全制覇とか、かしらん。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
競馬ゲームとソリティアを掛け合わせたゲーム。 
競馬のジョッキーの主人公となり 
ソリティアをする事でパワーを貯めて、競馬をするゲームです。 
 
まぁ、多分この説明ですと 
 
・・・なるほど、全く分からん。  
 
となる方が多いと思いますけど。 
・・・私もそうでしたので(・ω・) 
 
実際のところ遊んでみると、ソリティアで一気に連続で消した時の爽快感や 
競馬ゲームの駆け引きやラストの直線での追い込みの快感 
馬の育成や交配といったことまで簡易的に楽しむことが出来ます。 
 
なお、ゲーム自体は実はそれなりに複雑なんですが 
チュートリアルが、かなりシッカリしているので 
ゲーム初心者から楽しめるような作りになっています。 
 
solitiba_03.jpg 
■主人公は、男女選択可能。もちろん私は女の子でプレイ(・ω・) 
 
 
■レースの全体像 
 
スタート時点で最初の簡単なソリティアをプレイすると 
レースでの最初の位置取りとパワーが決まります。 
 
レース画面ではパワーを消費して、どの位置につけるか 
目標を指定する事が出来ます。 
 
分かりやすいようにラインを長くかいてますが、ぶっちゃけ、この場面では普通は殆ど動きません(・ω・) 
■タッチペンで移動場所を指定(ふきだしはその場へ行った際のカードの枚数) 
 
馬の位置どりはかなり重要でして・・・ 
場所によって得られるパワーや 
その後に発生するソリティアのカード枚数 
(カード枚数が多く難しいか、少なく易しいか) 
スタミナの消費量といったものが変化します。 
また、レース場には経験値や様々な効果が得られる 
カードが落ちていて、ゲットすると有利になります。 
 
全部を良いように位置取りするのは無理があるので 
それが、悩みどころ・面白いところでもあります。 
どの要素を重視して位置どりをするのかが 
このゲームの一つのキモになっています。 
 
なお、目標を指定した後、○ボタンを押すと 
馬は動き出して目的地にいこうとします 
・・・が、他の馬の動きを読んでいないと上手くいかない事もままあります。 
 
位置取りが終わったらソリティアが開始され 
それによってパワーや効果を得ます。 
 
そして何度かソリティアと位置取りを繰り返し 
(レースによって回数が違う) 
最後の直線、集めたパワーと残ったスタミナと 
能力値によって勝負!決着がつきます。 
 
solitiba_10.jpg 
 
 
■ソリティアをしてパワーを貯める 
 
位置取りによってソリティアのカード枚数が増減し 
それにより難易度が変化すると前述しましたが 
カード枚数が少なく簡単な方が単純にいいというワケではなく 
ハイリスク・ハイリターン。ローリスク・ローリターンの作りになっています。 
 
ゲットしたカードの枚数が多いほど得られるパワーも多いという作りでして 
難易度が高い方がオールクリアした場合の特典も良いようになっています。 
なので、クリアできるのならば、カード枚数が多く難易度が高いほうがイイのです。 
 
・・・が、カードが残った場合、その枚数に応じて 
馬の機嫌が悪くなるようになっていて、あまりにも多くの枚数を残すと 
馬が暴走してしまう場合さえあります。 
まぁ、カードが残るくらいならば低難易度でもオールクリアしたほうが 
マシになっているのです。 
 
solitiba_06.jpg 
■もちろん高難易度でパーフェクトを出すと、高い効果が得られる。 
 
 
なお、このゲームのソリティアはレースのグレードがある程度上がると 
制限時間が発生します。 
んで、グレードの上下や馬の状態によって制限時間が変化します。 
 
 
■ゲームの全体像 
 
このゲームには「若駒モード」「古馬モード」というレースを楽しむモードと 
交配をする「牧場」あとソリティアの練習をする「トレーニング」が用意されています。 
 
「若駒モード」では馬主から2才の新馬を任されて、馬が4才になるまでレースをします。 
馬はレース中に手に入れたカードなどによって能力が成長。 
4才になると古馬となり、その馬で若駒モードでは遊べなくなります。 
 
「古馬モード」では4才以上になった馬でレースをします。 
古馬モードは一切能力の成長は無し。 
年齢が上がりすぎたり、古馬モードで三敗すると引退となり牧場にはいる事になります。 
 
ゲームの目的はダービー制覇。 
ひいてはG1レース全制覇というところ。 
 
なお、レースの合間にキャラクターによる掛け合いが入りますが 
ストーリー性は、それほどありません。 
ただ、掛け合い自体は結構軽いノリで個人的には好き。 
 
あと「若駒モード」では常時、「古馬モード」では時折 
アイテム屋さんがやってきて、アイテムを買う事が可能。 
馬の能力の(一時的な)底上げや、ソリティアを簡単にするアイテムなんかがあります。 
 
solitiba_02.jpg 
 
 
■絶妙なバランス 
 
どのレースを戦うのかは、基本的にレースの勝敗や 
馬の性質によって、主人公の相談相手である「まえかわ調教師」によって 
自動で決定されます。 
 
solitiba_07.jpg 
■こういった競馬用語も説明がされます(写真に写ってないけど下画面にでている)<オイ 
 
勝ち続けていれば、グレードの高いレースに出るようになるし 
負けが込んでいればグレードの低いレースへと。 
なので、延々と勝てそうもないレースをやる羽目にはなりません。 
 
また、負け続けていると馬主がやってきて 
お小遣いをくれる事がままあり、それでアイテムを買って 
有利に戦えるようにもなっています。 
(あまりに負け続けると馬を降ろされてしまうようですが) 
 
またゲーム自体、馬の能力が高くなくても 
上手く戦えば、それなりに勝てるようになっており 
いつでも結構「勝てるかも」という気分で戦えるので楽しいです。 
 
なお、このゲームは自動上書きセーブでレース開始後に 
リセットすると「負け」になるシステムになっていまして 
レース開始すると全く取り返しがつきません。 
馬の育成に関しても、自動上書きセーブですので全く取り返しがつかず。 
 
なので、ゲーム中の緊張感や上手くいった時の爽快感 
失敗した時の悔しさも一際です。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
8/16にバグのお知らせがでておりこれが現在、欠点といえば欠点。 
※追記:9/6にバグを修正したバージョンがNintendo eShopに 
アップロードされました。 (修正点については公式ブログで説明がされています。) 
 
んで他にゲーム的な欠点を挙げると・・・・ 
ぶっちゃけた話・・・このゲーム、欠点らしい欠点は無いと思います。 
 
個人的に無理に挙げるとすると 
立体視に対応していたほうが見栄えがより良かったんじゃなかという事と 
レースの合間の掛け合いが、もうちょっとバリエーションあったらいいかな・・・ 
くらいでしょうか。 
 
 
■まとめ 
 
前述しましたが、それなりに複雑なゲームなんですが 
チュートリアルがしっかりしているので 
初心者から遊べる非常にコストパフォーマンスの良いゲームかと。 
・・・キチンと理解するならば、ある程度説明書とか読んだほうがいいですが。 
 
solitiba_04.jpg 
■紹介した他に馬の性質や特性・スキル・レースのペースなど勝負を左右する要素が多数ある 
 
まぁ相性はあるかもしれませんが、幅広い人が楽しめるゲームだと思います。 
中毒性が高く、相性が良い方ならば値段(500円)分は軽く遊べるかと。 
 
 
posted by torotoro at 17:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソリティ馬

2013年08月31日

ソリティ馬:一応クリアー♪

ちくちく遊んでおりましす「ソリティ馬」 
スタッフロールを見るところまでは行きましたー。 
 
solitiba_13.jpg 
 
ちなみに条件はG1レース(一つを除き)全勝 
 
solitiba_12.jpg 
 
最後の一つはレース自体に出れていないんですが 
もしかして隠しモードで遊ばないと出ないとかなんでしょうか。 
なお、プレイ時間はここまでで約60時間です。 
しかもまだイベントやら残した状態だったりします。 
コストパフォーマンス本当にいいなぁ。 
 
solitiba_15.jpg 
 
しかし、がんのすけさん 
初対面の印象と違って話す事かなりマトモ(・ω・) 
 
 
posted by torotoro at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソリティ馬