2014年03月23日

今更『スプリンターセル ブラックリスト』プレイ中

スプリンターセル ブラックリスト 
 
「闘神都市」の二周目プレイも佳境に入ってきたのですが 
同じゲームを延々あそんでいると、たまには違った遊び心地のゲームを 
してみたくなるもので、何故か「スプリンターセル ブラックリスト」をプレイ(・ω・) 
・・・実は、発売日にダウンロード版を買ったのですが積んでいたのですよね。 
 
隠れて色々なところに進入して目的を果たすスニーキングアクションゲームの一種。 
分かりやすく言えば「メタルギア」系。 
買った当初は、軽く遊び始めてチュートリアルにあたる 
プロローグミッションで引っかかりまして積みゲーに(;´Д`) 
 
WiiU_screenshot_GamePad_01128_20140323190717c1d.jpg 
■私がやっているのはWiiU版・ほとんどゲームパッドで遊んでます。 
 
現在、難易度はノーマルでやっていますが、死ぬ、死ぬ。 
私にとってはトライ&エラーゲームですわ。 
まぁ、ようやく少しづつですがコツが分かってきましたが。 
ちなみに、スプリンターセルシリーズはコレが初めてです。 
 
WiiU_screenshot_GamePad_01128_20140324204521208.jpg 
■こういう文字表現って最近は「キルラキル」っぽいとか思ってしまう 
 
まだまだ序盤でして、下手っぴの私がどこまでいけるか分かりませんケド(・ω・) 
 
 

2014年04月27日

スプリンターセル ブラックリスト:(一応)クリア後レビュー

スプリンターセル ブラックリスト 
 
 
今更ながら「スプリンターセル ブラックリスト」 
キャンペーンミッション(メインストーリー)クリアしましたー。 
4Eミッション(サブシナリオ)はグリムとコビンを全てクリア。 
難易度は全てノーマルです。 
 
オンラインマルチプレイは全くプレイしておりませんし 
キャンペーンにしても遊びこみという面では全く足りておりませんので 
(一応)クリア後レビューという事で(・ω・) 
 
WiiU_screenshot_GamePad_01128_201404262007509d9.jpg 
 
私が遊んだのはWiiU版。ゲームパッドオンリーでも遊べます 
・・・っていうか、私ほぼ全てゲームパッドで遊んでました。 
ここまでのプレイ時間は「毎日のきろく」で確認したところ47時間程度。 
食事中とか放置もあったので、純粋なプレイ時間より多い筈ですが。 
 
なお、私がこのシリーズを遊ぶのは、このゲームが初めて。 
以前のシリーズ作に出てくる人間が登場してきますが 
物語にはすんなり入れました。 
このゲームがシリーズ初体験でも問題はないかなと思います。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
様々な施設に侵入し、目的を果たすスニーキングアクションゲームの一種。 
分かりやすく言えば「メタルギア」系です。 
下の画面のように目的地までの方向と距離が示されて 
そこに着くと、次の目的地が示される形でプレイヤーを導きます。 
 
WiiU_screenshot_GamePad_01128_20140427095948a70.jpg 
■目的地の方向と距離が常に表示される。 
 
主人公は大統領直属の秘密工作員で、今作では米国にテロをしかける 
「エンジニア」と名乗る集団に対抗するというストーリー。 
 
なお、メインとなるキャンペーンミッションは一つのミッションを 
クリアすることで次のミッションが発生するという形で進行し 
全てのミッションをクリアすればゲームクリアというオーソドックスなもの。 
また、クリアしたミッションは再度トライする事が出来るようになっています。 
 
セーブはオートセーブで 
キャンペーンミッション中は到着ポイントで随時セーブが更新されます。 
 
 
 
■自由性とバリエーション 
 
基本的に目的地に着くことが目標ですので、その間に敵を倒すもスルーするも 
プレイヤーの自由、またどのようなルートを 
たどるかも自由性があるようになっています。 
 
ただ、ミッションによっては敵に見つかっても倒しても駄目だったり 
逆に敵を全滅させる事が目標であったりというバリエーションもありますが。 
 
WiiU_screenshot_GamePad_01128_20140324204521208.jpg 
■敵に見つかっても、倒しても駄目というミッションもある 
 
また、ミッションクリア時プレイの内容が点数評価されるのですが 
 
ゴースト(敵に発見されず敵を殺さない事が評価される) 
パンサー(敵に発見されず、多く敵を殺す事が評価される) 
アサルト(敵に発見された状態で、多く的を殺す事が評価される) 
 
の三種の評価があり、色々なプレイスタイルで楽しむ事が 
出来るように作られています。 
 
なお、ミッションクリア時のポイントによって 
お金がもらえ、それによって装備などを 
グレードアップ出来るようになっています。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
高高度から敵を攻撃するというシチュエーションがところどころであり 
ここはまた違うゲーム性があり面白いのですが 
 
WiiU_screenshot_GamePad_01128_201404271343437f6.jpg 
■上空から敵を狙い撃ち 
 
(他の機種だとどういう操作性かは、知りませんが)ここゲームパッドを傾ける事によって 
移動をします。(これはゲーム性ともいえますが)動きが非常にもどかしいのと 
移動の操作方法の説明が全くないのがちょっと(・ω・) 
 
ミッションに入る前、ミッションから抜ける際にローディングに入るのですが 
その時間が(少なくとも私の遊んだWiiU版では)やたら長いです。 
 
 
あとここからは、ぶっちゃけ「好み」の範疇ですが・・・ 
 
潜入箇所が色々だったり、プレイスタイルに制限があったりするミッションがあり 
遊び方にバリエーションをつけたり、ギミックもそれなりにあり工夫を感じるのですが 
リアル寄りな為か全般的に、やや平坦で盛り上がりに欠ける印象で 
正直、終盤ちょっと飽きが・・・。 
 
 
あと、ぶっちゃけシナリオがやや肌に合わず。 
敵である「エンジニア」と対決する他に「エンジニア」関連でおきる問題で 
別の相手のトコロに潜入するシチュがあるですが、コレが結構あり 
なんかストーリーが真っ直ぐ進んでいかない感じ&対決感がやや薄い点が 
肌に合いませんで。 
米国全土を震撼させる能力を持ったテロ集団の目的が 
アレっていうのも妙に説得力が・・・クライマックスの盛り上がりもやや欠けるような(・ω・) 
 
 
■まとめ 
 
ゲームとしての、作りはしっかりしていますし 
かなり遊べるゲームになっています。私も楽しんで遊ぶ事が出来ました。 
かなりトライアンドエラーを繰り返しましたが(・ω・) 
操作はそれなりに複雑ですし、ゲーム初心者でもOKとは言いがたいかな・・・。 
 
ただ、ゲーム的にリアル寄りという事もあり 
(ストーリー面・ゲーム面双方で)盛り上がりって言う意味では個人的にはイマイチ。 
まぁ、ここいら辺は合う合わないってトコロでしょうか(・ω・) 
 
 
 
 
■ストーリーについて、もう一言 
 
 
※この後、けっこうネタバレ 
 
 
続きを読む