2014年06月05日

ペルソナQ来たる(・ω・)

「ペルソナQ」事前情報としてはペルソナ3&4のキャラクター達が登場し 
システム的には世界樹の迷宮という事。 
ペルソナ3&4好きで、世界樹好きな私としては 
「バッチコイ、カモーン」のゲームでして、速攻予約いれておりまして本日到着〜(・ω・) 
 
 
PERSONA_Q_00.jpg 
■今回はJhoshin webにて購入。購入店のバリエーションが最近増えてる(・ω・) 
 
 
早速遊んでおります。難易度はとりあえずノーマルで。 
ちなみに主人公はペルソナ3、4どとらかから選ぶようになっていますが 
先ずはペルソナ3の方で。(最初から二周する気まんまん) 
なお、主人公の名前は3、4両方ともアニメ準拠にしてしまいましたさ。 
 
PERSONA_Q_02.jpg 
■SDキャラ風だけどアニメの出来は個人的には良いかと(アニメは立体視非対応) 
 
プレイ中、バンバン台詞が飛び交い楽しく軽いノリが「らしくて」良い感じ 
戦闘はサブペルソナがつけられるトコロまできましたが 
コレでようやく本番になってきたかなという印象。 
 
PERSONA_Q_01.jpg 
■探索中もバンバン喋る。あと音楽が相変わらず良い感じ。 
 
戦闘キャラは五人なのですが(主人公のみ外せず) 
使用可能キャラは現在八名(?)+一組(&後方支援一名) 
キャラの入れ替えしながらプレイすべきかが、とりあえず悩みの種。 
経験値を補完できる仕掛けがあるといいなぁ。 
 
 
posted by torotoro at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペルソナQ

2014年06月08日

ペルソナQ:プレイ中〜(・ω・)

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 
 
 
「ペルソナQ」絶賛プレイ中〜。 
 
登場キャラクター大量なんですが戦闘に参加できるのは 
五人&ナビキャラクター。でも、ストーリーイベントの際は 
実際に戦闘に参加していないキャラクターも登場します。 
戦闘に参加していなけど一緒に歩いているという扱いなので。 
 
しかし、宝箱などを見つけた際や戦闘前にも 
キャラ毎に色々と喋るのですが、これは戦闘に参加している五人のみ。 
個人的に敵に対するキャラのコメントが面白く、色々なキャラの台詞を聞くために 
色々なキャラで遊びたくもなる〜(・ω・) 
 
PERSONA_Q_04.jpg 
■こんな軽口は色々と用意されているようで。 
 
なお、途中から「世界樹の迷宮」みたいに依頼も受けられるようになるのですが 
依頼の報酬で貰える経験値は前線のキャラクターと控えのキャラクター 
全く変わりなく貰える事に気が付いた・・・と、いうか確認しました(・ω・) 
(依頼達成時に控えのキャラがレベルアップしたので「あれ?」と思い 
その後、別の依頼達成時に数値を確認した) 
 
私、依頼報告時に戦闘キャラをわざわざレベル低いキャラに入れ替えていたのですが 
全くの無駄(;´Д`) 
また、依頼達成時にサブペルソナには経験値は入らず。 
ええ、当初わざわざペルソナも付け替えていましたさ(;´Д`) 
 
ちなみに、依頼によっては特定キャラクターを戦闘キャラとして連れて行かなければ 
ならないとかある模様・・・っていうか、そういう依頼があったんですが。 
(世界樹でも特定職業キャラがいないと駄目な依頼あったなぁ・・・) 
今後もこういうのは、ありそうだと個人的には予想。 
今回はたまたま使用率の高いキャラだったから問題ありませんでしたが 
場合によっては結構きついかも・・・まぁ、一人くらいならばレベル低いのいても 
いけるとも思えるので、色々なキャラクターに活躍の場が与えられそう 
と、いう好解釈でいこう(・ω・) 
 
なお、ダンジョンに入る際に問題がありそうな場合は 
注意がでるとか、ちょっと親切設計だなと思えるトコロもちょこちょこあり。 
 
PERSONA_Q_03.jpg 
■「カエレール」はダンジョン脱出アイテム 
 
世界樹シリーズでは迂闊にも脱出アイテム持たないで侵入った事 
何度もある私としてはありがたい(・ω・) 
 
 
posted by torotoro at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナQ

2014年06月14日

ペルソナQの合体事故

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 
 
 
絶賛プレイ中のペルソナQ。 
今作でもペルソナを合体して新たなペルソナを生み出すシステムがあるのですが 
 
PERSONA_Q_05.jpg 
■なお、今回ペルソナの絵が統一感をもつように修正されているように見える 
 
 
予定していたペルソナ以外が出来てしまう合体事故も健在。 
ちょっと前に、その事故を初めて体験してしまいましたさ。 
・・・今回は、ある意味すごく事故っぽいw 
 
 
 
 
 
 
 
(この後、ややネタバレ) 
 
 
続きを読む
posted by torotoro at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナQ

2014年06月15日

ペルソナQの行き止まりは楽し

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 
 
 
絶賛プレイ中の「ペルソナQ」 
3DダンジョンタイプのRPGで「世界樹の迷宮」のシステム・・・ 
自分で地図を描くという要素が入っていますが 
地図書き自体が楽しいという私のようなタイプ以外の方にも 
地図を埋めるのが楽しめるような工夫が盛り込まれております。 
 
しかし、ペルソナQの地図は書きやすいように世界樹シリーズから 
変更があるんだけど、特に抜け道アイコンは 
世界樹シリーズのユーザーとしては軽いカルチャーギャップあったわー。 
 
PERSONA_Q_14.jpg 
 
抜け道アイコンを抜け道の箇所に置くと・・・ 
 
PERSONA_Q_15.jpg 
 
このように、どのような抜け道か自動で表示されます。 
更に「世界樹シリーズ」の抜け道って抜けられる方から一回通ると 
その後両方向に抜けられるようになるんだけど 
そうなった場合、自動でアイコンが変化するようになっています。 
(ずーっと一方向にしか抜けられない抜け道もある 
なお、それは自動で赤色の矢印で表示される) 
 
ちなみに元祖「世界樹シリーズ」には抜け道アイコンなるモノは 
無く、多分みんな矢印アイコンを使っていたと思われる(私はそう) 
正直、便利過ぎて最初使った時は 
「キモッ!便利過ぎてキモッ!」って思いましたね(・ω・) 
しかし、こーゆーのも含めて世界樹シリーズに逆輸入される 
部分もあるのかなと思ったりも・・・ 
 
閑話休題。 
 
で、地図を描くというか隅々まで埋めるのが楽しくなる要素として先ず 
地図が何パーセント埋まったかというパーセント表示と 
地図を100%埋めると開く宝箱が用意されているのがあります。 
 
PERSONA_Q_11.jpg 
■私はコレを「100%宝箱」と勝手に呼んで、地図上に書いております(・ω・) 
 
ちなみにコレ100%埋めなくてもゲームコインを使う事でも空けられますけどね。 
ただ、埋めた%に応じてゲームコインの消費量も少なくなるし 
なにより100%埋めないと、ちょっと悔しくなるので(私だけか?) 
なんか燃える要素ではあります。 
(ただ、実はちゃんと歩かないと(ただ書いただけでは) 
地図を埋めたとはみなされないのですけどね) 
 
そして、更に埋めたくなる要素としまして・・・ 
普通の3DダンジョンRPGでは一番プレイヤーに嫌われる 
行き止まり・・・ここに行きたくなる要素が入っているのです。 
それは・・・(今のところ)殆どの、行き止まりにイベントが仕込まれているのです。 
簡易な立ちポーズでの会話イベントからクエストに発展するものもあり 
イベント好きな私としては、そこらにご褒美が転がっているような 
ものでして。もう今は「やった、行き止まりがあるぜ!」ですよ。 
 
PERSONA_Q_17.jpg 
■行き止まりは大概、チェックできるようになっており・・・ 
 
PERSONA_Q_16.jpg 
■そこでは、イベントが始まるのです。 
 
最後までコレが続くかは分かりませんが、非常に楽しめています。 
探すぜ、行き止まり! 
 
・・・うーむ。万人が楽しめるぜ!的な話をしようと思っていたのですが 
私が、より楽しめてるぜ!と、言う話に何時の間にやらなっておりますな(・ω・) 
 
 
ちなみに現在、私が攻略しているのは「ごーこんきっさ」 
現状の戦闘キャラクターはこんな感じで 
 
PERSONA_Q_18.jpg 
■前にも書きましたが私は主人公の名前はアニメ準拠にしてます 
 
「ごーこんきっさ」は闇と光が弱点の敵が多いので直斗は個人的には鉄板。 
ここで出てくる敵でかなり手強い「ごーじゃすキング」は火が弱点属性なので 
順平と雪子を。アイギスがいるのは単なる趣味。<オイ 
 
まぁ、サブペルソナの付け替えで属性対応は出来ますけどね。 
実際のところ(色々なキャラの喋りが聞きたくて)結構キャラクター入れ替えてますし。 
 
 
posted by torotoro at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペルソナQ

2014年06月23日

ペルソナQ:一周目のまだまだ途中

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 
 
 
絶賛プレイ中の「ペルソナQ」ノーマル固定で遊んでいます。 
 
PERSONA_Q_19.jpg 
 
んで、プレイ時間は既に40時間越え。 
基本的にダンジョンの達成率を100%した上、クエストも全てこなしていますので 
長めのプレイ時間かと思いますが。 
 
現在は御覧のように「放課後悪霊クラブ」を探索中なのですが 
ここに来て難易度がググっとアップしている感じ。 
 
敵の攻撃が非常にいやらしくなっておりまして・・・ 
こちらのステータスを下げる攻撃をガンガン行ってきます。 
んで、これが困った事に効果的なんですよね。 
 
PERSONA_Q_21.jpg 
■ステータス低下系の攻撃は、このゲームではかなり効果的 
 
マハスクンダなどで命中率を下げられると 
スカスカと本当に攻撃当たらなくなります。 
 
更にやっかいなのが「氷の腐食」などの「○の腐食」系の攻撃。 
これは弱点属性を作る攻撃なのですが 
このゲームは弱点属性を攻撃されると大ダメージを食らうのは勿論 
更にダウンしてしまい、そのターン中に行動が出来なくなる場合があるのです。 
なので、上手い具合に(?)ハまってしまうとアッと言う間にHPが 
削られてしまう場合が(;´Д`) 
 
なので、ちゃんと対応策をとった上でパーティーを構成しないと 
結構やばくなります。 
 
後、難易度が増しているのがダンジョン構造というか謎解きというか。 
このゲームは本家「世界樹の迷宮」よりもストレートに 
ダンジョンの仕掛けを解く事で進むようになっていまして 
ここらの感じの違いは世界樹シリーズを遊んでいた私にもちょっと新鮮。 
そして、その難易度もちょっとイヤらしく難しくなっている感じ。 
 
ところで、「ペルソナQの行き止まりは楽し」で、ほぼ全ての行き止まりに 
イベントがあるのでは?と書きましたが、「放課後悪霊クラブ」では 
何もない行き止まりを見つけました。 
・・・ただし、(今のところ)一箇所(もしかしたら二箇所だったかも) 
ホント、かなりイベント仕込んでありますな(・ω・) 
 
 
posted by torotoro at 20:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペルソナQ