2011年11月09日

引ク押ス(一応)クリア後レビュー

hiku_osu_00.jpg 
 
 
 
 
「引ク押ス」スタッフロールが見られるところまでクリアしましたー。 
解けないステージをスキップ出来る作りですが 
一切とばさず「ヒクオスであそぶ」を全部クリアしました。 
クリア時間は多分23時間程度。まぁ、思考型パズルゲームなので 
人によって全然クリア時間が変わるタイプのゲームではありますけど。 
 
(プレイ時間は「思い出きろく帳」にて確認。クリア後もちょっと遊んだ後で 
確認したので正確なところはちょっと不明ですが(汗) 
 
 
hiku_osu_03.jpg 
 
 
スタッフロールを見た後も遊べるので「一応」クリア後レビューという事で。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
「ヒクオス」という、ブロックを引き出したり押し込んだりする事の 
出来る壁(?)がありまして、その特性を利用して足場をつくって昇っていき 
それぞれの「ヒクオス」で決められたゴール地点を目指す 
ステージクリア型のアクションパズルゲームです。 
 
hiku_osu_05.jpg 
 
制限時間やゲームオーバーは無く、トライアンドエラーを繰り返して 
じっくりゆっくり解いていくタイプ。 
ストーリー性は、ほぼありません。 
 
 
■丁寧なつくりの親切設計 
 
序盤のステージが、丁寧なチュートリアルになっていて 
先ず遊び方に悩む事はないかと。 
 
んで、それとは別に「遊び方の説明」が用意されていまして 
その内容もキャラクターの動きを交えた説明で分かりやすく 
更に自分でも実際にキャラクターを動かす事が出来るという 
凄く丁寧なタイプ。 
 
 
また、ゲームの性質上ブロックの上から落ちたりする事で 
上に登る事が不可能な「詰み」の状態になってしまう事があるのですが 
短時間ならば時間の巻き戻しが可能なので 
小さな操作ミス等で全てをやり直す必要がありません。 
 
hiku_osu_07.jpg 
■短時間の巻き戻しが可能・・・実はクリア後まで台詞の巻き戻しと勘違いしていた私(爆) 
 
そしてステージにリセットスイッチがあるので、リセット自体も容易。 
と、いった具合で非常に遊びやすい作りです。 
 
 
■ステージのバリエーション・数も豊富 
 
ステージは「イラスト1」などのカテゴリーの分かれていて 
1つのカテゴリーが、それぞれ18ステージ。 
スタッフロールが見られるトコロまでで11カテゴリーあるので 
そこまでで198ステージある上、クリア後に遊べる 
エクストラステージもあります。 
 
またステージの形がドット絵のイラストになっているものもあり 
なかなか目も楽しませてくれます。 
 
hiku_osu_04.jpg 
■「引く押す」だけでなく、ちょっとした仕掛けもありパズル性を増している 
 
 
■自分でヒクオスを作る事もできる 
 
 
このゲームでは、プレイヤーがヒクオスを作る事も出来るようになっています。 
元となるヒクオスがあるので、そこから作る事も一から自分で作ることも 
出来ます。 
 
 
実は私も作ってみたんですが・・・結構つくりやすいかなーと。多分。 
 
hiku_osu_02.jpg 
■さて、出来はどうでしょう?一応、コレちゃんとゴールできます。 
 
 
現在、自分で作ったヒクオスの配信は出来ないのですが 
QRコードで配信が出来るようにアップデートが今後されるというアナウンスが出ています。 
 
 
■まとめ 
 
序盤ちょっと簡単なのが続きすぎるかなーというところが少し気になったのですが 
最終的には結構な難易度のモノが出てきますしステージ数も十分。 
 
また、丁寧につくられている感じが随所に出ているゲームでして 
遊んでいて、心地よい印象。 
 
 
まぁ、こういった思考型パズルゲームが好きな方ならば 
十分楽しめるゲームではないかと思います。 
 
 

2011年11月16日

引ク押ス:アップデート

本日、「引ク押ス」のアップデートがされましたー。 
 
 
これで、自作のヒクオスのQRコードでの配信が可能となります。 
んで早速自作したのをQR化してみましたー。 
 
HNI_0046_JPG.jpg 
■以前ブログに載せたのから、ちょい改良(?)ちなみにパズルとしてはやや強引(爆) 
 
QRコードを読む方法は 
「ヒクオスをつくる」を選んで、ヒクオスが無い新規のところにカーソルをあわせると 
「新しくつくる」と「QRコードを読む」とを選べますので 
「QRコードを読む」を選んで、後は指示にしたがえばOK。 
 
 
なお、QR化は自分で一回解かないと出来ません。 
また「改変&再配信」が不可か可能かを選んで配信できます。 
 
 

2013年08月17日

ソリティ馬:レビュー

solitiba_00.jpg 
■タイトル選択画面:実は立体視対応はココだけ 
 
 
「ソリティ馬」はポケモンの開発で有名なゲームフリークが開発した 
3DSのダウンロード専用ソフトです。 
興味を持ったので軽い気持ちで買ったんですが・・・ 
 
 ( ゜д゜)ハまりましたー!  
 
1ゲームが短く中毒性が非常に高い為、1ゲーム終わる毎に「あと1ゲームだけ」を 
繰り返し延々遊んでしまいます(・ω・) 
ちなみに買ったのは8/14なんですが、既にプレイ時間が19時間オーバー。 
 
solitiba_09.jpg 
 
とりあえずの目的であるダービーは制覇しました〜。 
 
solitiba_08.jpg 
■ダービーゲットだぜ! 
 
スタッフロールは見れてないんだけど・・・(・ω・) 
それは、やっぱG1レース全制覇とか、かしらん。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
競馬ゲームとソリティアを掛け合わせたゲーム。 
競馬のジョッキーの主人公となり 
ソリティアをする事でパワーを貯めて、競馬をするゲームです。 
 
まぁ、多分この説明ですと 
 
・・・なるほど、全く分からん。  
 
となる方が多いと思いますけど。 
・・・私もそうでしたので(・ω・) 
 
実際のところ遊んでみると、ソリティアで一気に連続で消した時の爽快感や 
競馬ゲームの駆け引きやラストの直線での追い込みの快感 
馬の育成や交配といったことまで簡易的に楽しむことが出来ます。 
 
なお、ゲーム自体は実はそれなりに複雑なんですが 
チュートリアルが、かなりシッカリしているので 
ゲーム初心者から楽しめるような作りになっています。 
 
solitiba_03.jpg 
■主人公は、男女選択可能。もちろん私は女の子でプレイ(・ω・) 
 
 
■レースの全体像 
 
スタート時点で最初の簡単なソリティアをプレイすると 
レースでの最初の位置取りとパワーが決まります。 
 
レース画面ではパワーを消費して、どの位置につけるか 
目標を指定する事が出来ます。 
 
分かりやすいようにラインを長くかいてますが、ぶっちゃけ、この場面では普通は殆ど動きません(・ω・) 
■タッチペンで移動場所を指定(ふきだしはその場へ行った際のカードの枚数) 
 
馬の位置どりはかなり重要でして・・・ 
場所によって得られるパワーや 
その後に発生するソリティアのカード枚数 
(カード枚数が多く難しいか、少なく易しいか) 
スタミナの消費量といったものが変化します。 
また、レース場には経験値や様々な効果が得られる 
カードが落ちていて、ゲットすると有利になります。 
 
全部を良いように位置取りするのは無理があるので 
それが、悩みどころ・面白いところでもあります。 
どの要素を重視して位置どりをするのかが 
このゲームの一つのキモになっています。 
 
なお、目標を指定した後、○ボタンを押すと 
馬は動き出して目的地にいこうとします 
・・・が、他の馬の動きを読んでいないと上手くいかない事もままあります。 
 
位置取りが終わったらソリティアが開始され 
それによってパワーや効果を得ます。 
 
そして何度かソリティアと位置取りを繰り返し 
(レースによって回数が違う) 
最後の直線、集めたパワーと残ったスタミナと 
能力値によって勝負!決着がつきます。 
 
solitiba_10.jpg 
 
 
■ソリティアをしてパワーを貯める 
 
位置取りによってソリティアのカード枚数が増減し 
それにより難易度が変化すると前述しましたが 
カード枚数が少なく簡単な方が単純にいいというワケではなく 
ハイリスク・ハイリターン。ローリスク・ローリターンの作りになっています。 
 
ゲットしたカードの枚数が多いほど得られるパワーも多いという作りでして 
難易度が高い方がオールクリアした場合の特典も良いようになっています。 
なので、クリアできるのならば、カード枚数が多く難易度が高いほうがイイのです。 
 
・・・が、カードが残った場合、その枚数に応じて 
馬の機嫌が悪くなるようになっていて、あまりにも多くの枚数を残すと 
馬が暴走してしまう場合さえあります。 
まぁ、カードが残るくらいならば低難易度でもオールクリアしたほうが 
マシになっているのです。 
 
solitiba_06.jpg 
■もちろん高難易度でパーフェクトを出すと、高い効果が得られる。 
 
 
なお、このゲームのソリティアはレースのグレードがある程度上がると 
制限時間が発生します。 
んで、グレードの上下や馬の状態によって制限時間が変化します。 
 
 
■ゲームの全体像 
 
このゲームには「若駒モード」「古馬モード」というレースを楽しむモードと 
交配をする「牧場」あとソリティアの練習をする「トレーニング」が用意されています。 
 
「若駒モード」では馬主から2才の新馬を任されて、馬が4才になるまでレースをします。 
馬はレース中に手に入れたカードなどによって能力が成長。 
4才になると古馬となり、その馬で若駒モードでは遊べなくなります。 
 
「古馬モード」では4才以上になった馬でレースをします。 
古馬モードは一切能力の成長は無し。 
年齢が上がりすぎたり、古馬モードで三敗すると引退となり牧場にはいる事になります。 
 
ゲームの目的はダービー制覇。 
ひいてはG1レース全制覇というところ。 
 
なお、レースの合間にキャラクターによる掛け合いが入りますが 
ストーリー性は、それほどありません。 
ただ、掛け合い自体は結構軽いノリで個人的には好き。 
 
あと「若駒モード」では常時、「古馬モード」では時折 
アイテム屋さんがやってきて、アイテムを買う事が可能。 
馬の能力の(一時的な)底上げや、ソリティアを簡単にするアイテムなんかがあります。 
 
solitiba_02.jpg 
 
 
■絶妙なバランス 
 
どのレースを戦うのかは、基本的にレースの勝敗や 
馬の性質によって、主人公の相談相手である「まえかわ調教師」によって 
自動で決定されます。 
 
solitiba_07.jpg 
■こういった競馬用語も説明がされます(写真に写ってないけど下画面にでている)<オイ 
 
勝ち続けていれば、グレードの高いレースに出るようになるし 
負けが込んでいればグレードの低いレースへと。 
なので、延々と勝てそうもないレースをやる羽目にはなりません。 
 
また、負け続けていると馬主がやってきて 
お小遣いをくれる事がままあり、それでアイテムを買って 
有利に戦えるようにもなっています。 
(あまりに負け続けると馬を降ろされてしまうようですが) 
 
またゲーム自体、馬の能力が高くなくても 
上手く戦えば、それなりに勝てるようになっており 
いつでも結構「勝てるかも」という気分で戦えるので楽しいです。 
 
なお、このゲームは自動上書きセーブでレース開始後に 
リセットすると「負け」になるシステムになっていまして 
レース開始すると全く取り返しがつきません。 
馬の育成に関しても、自動上書きセーブですので全く取り返しがつかず。 
 
なので、ゲーム中の緊張感や上手くいった時の爽快感 
失敗した時の悔しさも一際です。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
8/16にバグのお知らせがでておりこれが現在、欠点といえば欠点。 
※追記:9/6にバグを修正したバージョンがNintendo eShopに 
アップロードされました。 (修正点については公式ブログで説明がされています。) 
 
んで他にゲーム的な欠点を挙げると・・・・ 
ぶっちゃけた話・・・このゲーム、欠点らしい欠点は無いと思います。 
 
個人的に無理に挙げるとすると 
立体視に対応していたほうが見栄えがより良かったんじゃなかという事と 
レースの合間の掛け合いが、もうちょっとバリエーションあったらいいかな・・・ 
くらいでしょうか。 
 
 
■まとめ 
 
前述しましたが、それなりに複雑なゲームなんですが 
チュートリアルがしっかりしているので 
初心者から遊べる非常にコストパフォーマンスの良いゲームかと。 
・・・キチンと理解するならば、ある程度説明書とか読んだほうがいいですが。 
 
solitiba_04.jpg 
■紹介した他に馬の性質や特性・スキル・レースのペースなど勝負を左右する要素が多数ある 
 
まぁ相性はあるかもしれませんが、幅広い人が楽しめるゲームだと思います。 
中毒性が高く、相性が良い方ならば値段(500円)分は軽く遊べるかと。 
 
 

2013年08月31日

ソリティ馬:一応クリアー♪

ちくちく遊んでおりましす「ソリティ馬」 
スタッフロールを見るところまでは行きましたー。 
 
solitiba_13.jpg 
 
ちなみに条件はG1レース(一つを除き)全勝 
 
solitiba_12.jpg 
 
最後の一つはレース自体に出れていないんですが 
もしかして隠しモードで遊ばないと出ないとかなんでしょうか。 
なお、プレイ時間はここまでで約60時間です。 
しかもまだイベントやら残した状態だったりします。 
コストパフォーマンス本当にいいなぁ。 
 
solitiba_15.jpg 
 
しかし、がんのすけさん 
初対面の印象と違って話す事かなりマトモ(・ω・) 
 
 

2013年11月16日

『マイティー スイッチ フォース!』(一応)クリア後レビュー

M_S_F_01.jpg 
 
 
3DSダウンロードソフト「マイティー スイッチ フォース!」を 
一応(スタッフロールが流れるところまで)クリアーしました。 
海外で販売されていて評判が高いソフトで 
この度日本でも販売が開始されました。 
 
まぁクリア後も遊べるゲームなので(一応)クリアという事で。 
プレイ時間は5時間20分程度。 
クリア後も遊んじゃったので、実はクリア時間ははっきりしません(・ω・) 
多分、5時間前後ではないかと。 
 
通常ステージは16。クリア後にボーナスステージが5追加されます。 
(更に追加されるかどうかは、つきつめてプレイしてないので不明) 
 
 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
ステージクリア型の2Dアクションパズルゲームです。 
ステージ内にいる犯罪者の5姉妹を捕まえると 
お迎えのロボットが来て、ロボットに乗るとクリアになります。 
 
M_S_F_08.jpg 
■五姉妹はステージ内に隠れて(?)いて動いたりはしない。接触すると捕まえられる 
 
特徴としてはステージにON・OFFが切り替わるブロックがありまして 
これをボタンを押す事で一斉に切り替わるようになっています。 
そして、ブロックは何種類か異なる性質をもったものがあり 
その性質を利用してタイミング良くブロックを切り替える事により 
進んでいくようになっています。 
 
M_S_F_07.jpg 
■半透明で表示されているのがOFFのブロック。ブロックの切り替えがこのゲームのキモ 
 
ちなみに立体視ですとOFFのブロックが奥、ONが手前に表示されて 
感覚的に分かりやすいです。 
 
また、クリア目標となる時間が設定されており 
時間内にクリアするといいことがあるらしいのですが 
私は殆ど目標時間内にクリアできていないのでどういったご褒美かは不明(・ω・) 
 
なお、タイムアタックはスタッフロール後にやるのが正解かと思います 
(理由は、ややネタバレなので後述) 
 
M_S_F_03.jpg 
■目標時間内にクリアしたステージには星がつきます。 
 
■ゲームバランス 
 
ゲームのライフは3で敵の攻撃を受けると 
やられポーズになり、ライフが1減少します。 
とげのある場所に落ちたり、ONにしたブロックに重なった場合は 
ライフが1減少して、チェックポイントからやり直しになります。 
で、全てのライフを失うとゲームオーバー。 
 
ライフとチェックポイントはステージ途中に結構配置されていますし 
ライフは敵を倒した際も時々出るので 
そんな神経質にプレイする必要は無い感じ。 
まぁ、終盤のステージなると(私にとっては)普通に難しい感じで 
何度もゲームオーバーになりつつクリアしましたが。 
 
ステージの長さは、序盤は結構短めのが多め。 
終盤は、まぁまぁ長いステージも出てきますが 
凄い長いって感じでもありません。 
目標タイムが1〜2分が多く 
(私がプレイしたところでは)最大でも5分ですし。 
なので、ゲームオーバーになっても結構 
再トライやりやすくもあります。 
 
・・・まぁ、目標タイムはシビアな感じなので 
初回では軽くオーバーするのですけどね 
実際2分10秒のところで、私は軽く10分以上かかりましたー。 
 
 
なお、ところどころ悩むところもありましたが 
パズルアクションとしてはパズルよりもアクション寄り 
もしくは中間くらいかなと思います。 
ただ、(敵は出てきますが)アクションといっても 
敵をバンバン倒すという感じではなく 
タイミングよくスイッチを切り替える事により上手く進んでいくのがメインです。 
アクション下手な私でもクリアはできたので 
ある程度の腕は要求されますが、シビアってワケではないかと。 
 
ちなみにプレイ中に下画面には 
ライフ・姉妹の捕縛状況・時間・レーダー(姉妹やロボットのいる方向が表示される) 
が常時、表示されるようになっています。 
 
M_S_F_02.jpg 
■レーダーがあるので、悩んだ時は便利。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
複数のボタンを使い、間違うと一発で失敗しかねないので 
下手っぴな私は、最初かなり戸惑いましたー。 
スイッチボタンとジャンプボタンを良く間違いましてね(・ω・) 
まぁ、慣れるとなんて事ないですが。 
 
序盤やや簡単すぎるステージが 
いくつかある事。 
 
Xボタンを押しながら十字キー又は、スライドパッドで 
背景をスクロールできるのですが、ステージよっては 
「もうちょっと周り見えんかのー」 
と悩む事がありましたさ。 
まぁ、それもゲーム性といえばゲーム性ですが。 
 
 
■まとめ 
 
プレイしての気持ちよさとゲームバランス 
ゲームのバリエーションがきっちり作ってあるゲームで 
きっちり楽しめる作りになっています。 
グラフィックもいい感じですしね。 
こういったタイプのゲームが好きな方ならば 
先ず問題なく楽しめるかと。 
 
個人的には、いい感じの難易度でトライを何度か繰り返しながら 
楽しんでクリアできました。 
終盤それなりに難易度あるのでゲーム初心者でも大丈夫とは 
言い難いかもしれません。 
上級者にはタイムアタックする楽しみが用意されています。 
 
個人的にはこれは立体視大推奨。 
ブロックのON/OFFが分かりやすいので。 
あとスタッフロールが完全立体視仕様です。 
 
ちなみにこのゲーム 
ゲーム中、文章での説明って全く入らないゲームなんですが 
プレイしていると自然と「こーゆー事なんだろうな」と 
当たりが付く感じになってます。 
 
 
■ゲームクリア後の事 
 
 
(ややネタバレ) 
 
 
続きを読む