2013年11月20日

『マイティー スイッチ フォース!』チクチクプレイ中

「マイティー スイッチ フォース!」 
スタッフロールを出した後もチクチク遊んでおります。 
 
ノーマルステージクリア後に出るボーナスステージ5つクリア。 
更にノーマルステージは全てアベレージクリアしましたー。 
 
M_S_F_09.jpg 
 
したら、ちょっと変化がありましたさ。 
 
 
 
 
(この後、ややネタバレ) 
 
 
続きを読む

2013年11月23日

『マイティー スイッチ フォース!』クリア後レビュー

M_S_F_01.jpg 
 
 
3DSダウンロードソフト「マイティー スイッチ フォース!」 
ボーナスステージも含めてアベレージ(規定時間)クリアしましたー! 
私がこういう完全クリアするのはマジめずらしいです<オイ 
 
 
M_S_F_11.jpg 
■正直、ボーナス05はもう一回アベレージクリアする自信はない(・ω・) 
 
通常ステージは16。クリア後にボーナスステージが5追加されます。 
 
 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
ステージクリア型の2Dアクションパズルゲームです。 
ステージ内にいる犯罪者の5姉妹を捕まえると 
お迎えのロボットが来て、ロボットに乗るとクリアになります。 
 
M_S_F_08.jpg 
■五姉妹はステージ内に隠れて(?)いて動いたりはしない。接触すると捕まえられる 
 
特徴としてはステージにON・OFFが切り替わるブロックがありまして 
これをボタンを押す事で一斉に切り替わるようになっています。 
そして、ブロックは何種類か異なる性質をもったものがあり 
その性質を利用してタイミング良くブロックを切り替える事により 
進んでいくようになっています。 
 
M_S_F_07.jpg 
■半透明で表示されているのがOFFのブロック。ブロックの切り替えがこのゲームのキモ 
 
ちなみに立体視ですとOFFのブロックが奥、ONが手前に表示されて 
感覚的に分かりやすいです。 
 
また、クリア目標となる時間(アベレージ)が設定されており 
この時間内にクリアすると(一応)ご褒美があります。 
・・・私はあまりうれしくありませんでしたが(笑) 
 
 
なお、タイムアタックはスタッフロール後にやるのが正解かと 
個人的には思います 
(理由は、ややネタバレなので後述) 
 
M_S_F_03.jpg 
■目標時間内にクリアしたステージには星がつきます。 
 
■ゲームバランス 
 
ゲームのライフは3で敵の攻撃を受けると 
やられポーズになり、ライフが1減少します。 
とげのある場所に落ちたり、ONにしたブロックに重なった場合は 
ライフが1減少して、チェックポイントからやり直しになります。 
で、全てのライフを失うとゲームオーバー。 
 
ライフとチェックポイントはステージ途中に結構配置されていますし 
ライフは敵を倒した際も時々出るので 
そんな神経質にプレイする必要は無い感じ。 
まぁ、終盤のステージなると(私にとっては)普通に難しい感じで 
何度もゲームオーバーになりつつクリアしましたが。 
 
ステージの長さは、序盤は結構短めのが多め。 
終盤は、まぁまぁ長いステージも出てきますが 
凄い長いって感じでもありません。 
目標タイムが1〜2分が多く 
(私がプレイしたところでは)最大でも5分ですし。 
なので、ゲームオーバーになっても結構 
再トライやりやすくもあります。 
 
・・・まぁ、目標タイムはシビアな感じなので 
初回では軽くオーバーするのですけどね 
実際2分10秒のところで、私は軽く10分以上かかりましたー。 
 
 
なお、ところどころ悩むところもありましたが 
パズルアクションとしてはパズルよりもアクション寄り 
もしくは中間くらいかなと思います。 
ただ、(敵は出てきますが)アクションといっても 
敵をバンバン倒すという感じではなく 
タイミングよくスイッチを切り替える事により上手く進んでいくのがメインです。 
(敵が全く出てこないステージもありますし) 
アクション下手な私でもクリアはできたので 
ある程度の腕は要求されますが、シビアってワケではないかと。 
 
ちなみにプレイ中に下画面には 
ライフ・姉妹の捕縛状況・時間・レーダー(姉妹やロボットのいる方向が表示される) 
が常時、表示されるようになっています。 
 
M_S_F_02.jpg 
■レーダーがあるので、悩んだ時は便利。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
複数のボタンを使い、間違うと一発で失敗しかねないので 
下手っぴな私は、最初かなり戸惑いましたー。 
スイッチボタンとジャンプボタンを良く間違いましてね(・ω・) 
まぁ、慣れるとなんて事ないですが。 
 
序盤やや簡単すぎるステージが 
いくつかある事。 
 
Xボタンを押しながら十字キー又は、スライドパッドで 
背景をスクロールできるのですが、ステージよっては 
「もうちょっと周り見えんかのー」 
と悩む事がありましたさ。 
まぁ、それもゲーム性といえばゲーム性ですが。 
 
 
■まとめ 
 
プレイしての気持ちよさとゲームバランス 
ゲームのバリエーションがきっちり作ってあるゲームで 
きっちり楽しめる作りになっています。 
グラフィックもいい感じですしね。 
こういったタイプのゲームが好きな方ならば 
先ず問題なく楽しめるかと。 
 
個人的には、いい感じの難易度でトライを何度か繰り返しながら 
楽しんでクリアできました。 
終盤それなりに難易度あるのでゲーム初心者でも大丈夫とは 
言い難いかもしれません。 
アベレージクリアを目標とするタイムアタックは 
いかに早く移動するかといった工夫とテクニックが求められ 
通常のゲームクリアとはまたちょっと違ったゲーム性を楽しめます。 
 
個人的にはこれは立体視大推奨。 
ブロックのON/OFFが分かりやすいので。 
あとスタッフロールが完全立体視仕様です。 
 
ちなみにこのゲーム 
ゲーム中、文章での説明って全く入らないゲームなんですが 
プレイしていると自然と「こーゆー事なんだろうな」と 
当たりが付く感じになってます。 
 
 
■ゲームクリア後の事 
 
 
(ややネタバレ) 
 
 
続きを読む

2014年04月12日

アロー・オブ・ラピュタ 影なし先生とキロンの封鍵:クリア後レビュー

kagenasi_04.jpg 
 
 
3DSのダウンロード専用ゲーム 
「アロー・オブ・ラピュタ 影なし先生とキロンの封鍵」 
前作が楽しめた事もあり、発売と同時に速攻で購入。 
ストーリークリア及びバトルモード全てのステージをクリアしました。 
 
kagenasi_09.jpg 
■ストーリーモード10ステージととバトルモード16ステージクリア 
 
ステージによってはハードモードクリアできてませんし 
当然全部パーフェクトとれていたりはしません(・ω・) 
それなりに遊びましてプレイ時間は30時間オーバーです。(思い出きろく帳にて確認) 
 
なお、プレイ時間が長いのはちょっと理由があるのですが、これは後述。 
 
 
■どんなゲームなのか 
 
Dsiウェアで発売されました「アロー・オブ・ラピュタ」の続編にあたります 
・・・が、ストーリーに(殆ど)つながりはありません。 
 
ゲームのジャンルは「タワーディフェンスRPG」となっています。 
基本的にはタワーディフェンスゲームなんですが 
ステージクリア時にリーダーキャラクターに経験値が加算されて 
成長する要素が入っています。 
 
タワーディフェンスゲームというのは 
マップ上を敵が発生地点から自分の拠点を目指して移動し 
拠点にたどり着かれると攻撃されて 
多くの攻撃を受けて拠点が陥落すると負けてしまうゲームです。 
それを防ぐ為に、プレイヤーは敵が移動するルートに沿って 
自分の兵隊を配置。配置された兵隊はその能力によって自動で攻撃するので 
効率よく配置する事によって敵を阻止します。 
 
ただ、基本的な「タワーディフェンスゲーム」はあくまで敵が移動するルートに 
沿って味方を配置しますが、このゲームでは敵のルート上に 
味方を配置する事によって敵のルートを変える事が出来るステージがあります。 
(ただし、拠点に移動できるルートを完全に遮断する事は出来ません) 
 
この自由配置出来るトコロが、ちょっとパズルっぽくって 
私がこのゲームで魅力に感じているところでもあります。 
 
kagenasi_07.jpg 
■最初のステージ。右上に味方を配置する事で敵は遠回りする事に。 
 
ステージ数はストーリーモードが10ステージ。 
バトルモードではストーリーモードのステージに加え16ステージが 
ノーマル・ハードの難易度で遊べます。 
なお、バトルモード専用の16ステージは前作「アロー・オブ・ラピュタ」の 
16ステージと基本的な作りは同じっぽい印象。 
 
 
■遊びやすい親切設計なゲーム 
 
チュートリアルが、あり非常に分かりやすいです。 
またストーリーモードでは戦闘前の会話でヒントが提示される事が、ままあり。 
 
ステージの表示が大きく見やすいですし 
いつでも、一時停止できるのですが、その際は自由にカーソルを動かせ 
敵及び味方の情報を確認する事ができます。 
 
前作は、やや粗い作りながら面白いという感じでしたが 
今回は細かく丁寧な作りになっている印象です。 
 
 
■ストーリーは簡潔。遊びこむ要素は色々 
 
ストーリーモードは10ステージとそれほど多くなく 
内容は、ややコメディタッチで簡潔な内容です。 
なのでストーリー期待の方にはお勧めはしません。 
 
kagenasi_05.jpg 
■話はコメディタッチ。プレイヤーが負けると何故か敵であるドレイピアが色々コスプレする 
 
代わりに遊びこむ要素は色々とあります。 
前述しましたが、バトルモードではストーリーモードとバトルモード専用の 
ステージ併せて26のステージをノーマルとハードの難易度で遊ぶ事ができます。 
 
今作ではステージクリア時に評価がでるようになっており 
ハイスコアやバーフェクトを目指す遊び方もできます。 
 
kagenasi_06.jpg 
■スコア出るようになっています。 
 
また、ステージに入る前にリーダーキャラクターを選ぶようになっていますが 
それなりに個性がありますのでキャラクターを変えて遊ぶのもあり。 
 
kagenasi_00.jpg 
■キャラクターに能力差があるので、キャラにより有利・不利なステージがある 
 
あと、ネットに繋ぐ事でトータル及びキャラクター毎のランキングに参加する事もできます。 
 
kagenasi_02.jpg 
■この写真はかなり前のデータでして今この点数でこのランクは無理。 
 
 
■(個人的に)気になったところ 
 
---------------------------------------------------------------------- 
ネットランキングに表示される名前は、どうもその際にすれ違いで使っていた 
Miiの名前に自動でなってしまうようで、その後変更が無理っぽいです。 
実はそのため違う名前で登録されてしまいまして 
データを全消ししてやり直したのですが(それでプレイ時間が長い) 
なんか一回登録されると変更されないみたい〜(;´Д`) 
----------------------------------------------------------------------- 
※上記のネットランキングの名前の件は間違いというか、私の勘違いでした。 
3DSに登録されている"ユーザーネーム"がネットランキングに表示されます。 
なお、ユーザーネームを変更するとランキングネームも変更されます。 
 
やり込みを考えるとゲームスピードを上げるシステムは欲しいかなと。 
 
立ちポーズオンリーでイベント絵がないのは、ちょっと寂しい。 
 
 
■まとめ 
 
私はストーリーモードには、やや食い足りなさを感じたものの 
トータルとしては、楽しく遊べましたし、まだちょこちょこ遊んでもいます。 
遊びやすいゲームだと思いますので、初心者から幅広い方に結構お勧め。 
前述の通りストーリー期待の方には勧めませんが。 
 
ただ、ゲームとしての難易度はそれほどでもないかなと。 
タワーディフェンス慣れしている方には難易度的には 
やや物足りないかも。 
 
値段(500円)分は、個人的には十分遊べるゲームだと思います。 
 
実はBGMに「アロー・オブ・ラピュタ」の使いまわしがみられますが 
ゲームにはキチンとあっており、比較のために「アロー・オブ・ラピュタ」を 
再度遊ぶまで私は気が付きませんでしたさ(・ω・) 
 
 

2014年06月01日

今更ながら、すれちがガーデン全種開花

長々とチクチク遊んでおりました「すれちがいガーデン」 
ようやく・・・ 
 
suretigai_g_03.jpg 
 
suretigai_g_02.jpg 
 
やっと、花てちょう全部埋まった〜(・ω・) 
79種で、ずーっと止まっていたので「なんでやねん」状態でしたが 
遂に80種到達です。メンデルさんからのご褒美もゲット。 
 
suretigai_g_00.jpg 
 
実は、ちょっと前におしごとも全て金のメダル(カンペキ!)で 
クリアしましたので、これで「すれちがいガーデン」はオールクリアか。 
 
suretigai_g_01.jpg 
 
(;゜д゜)え!? 
 
 

2014年08月25日

すれちがいガーデン完全クリアー

 
suretigai_g_01.jpg 
 
などとメンデルさんに言われ、頑張りましたですよ(・ω・) 
 
ついに・・・ 
 
suretigai_g_05.jpg 
■最後に埋めたのはマグナオクルス(黄)。この花は自分以外二人もいれば咲くので楽 
 
 
suretigai_g_04.jpg 
suretigai_g_06.jpg 
 
ちなみに、ご褒美としてもらえるのは 
花てちょう全て埋めたご褒美の「銀のじょうろ」に続き 
「金のじょうろ」(・ω・) 
( ゜д゜)貴方はどこかの池の精か!