2019年05月01日

暴露は楽し

r_lu_p_00.jpg

私のゴールデンウィーク積みゲー崩し第一弾ソフト
「レイジングループ」先日クリア(トゥルーエンド到達)をしたんですが
このゲーム、その後もエクストラシナリオや暴露モードというお楽しみがあります。

んで、暴露モードから、取り掛かったんですが
・・・ヤバい、コレ面白すぎる。そしてなかなか終わらんかったんですが
漸く読み終えましたさ。

暴露モードとは本編をネタバレありのシナリオを追加して読むものでして
その時点では秘密だったキャラクターの心情や
プレイヤーサイドからは見る事が出来なかった場面がシナリオに追加されます。

追加された箇所にはフローチャート上にマークがつくようになっており
どの部分に追加されたかは一目瞭然。
また(初読の)暴露モードの追加箇所は
既読スキップで通過しないようになっているので
追加された箇所だけを読む事も比較的簡単です。

このモードの楽しさの一つは、より深く物語を知れる面白さ

トゥルーエンドで物語の大きな謎解きはされているのですが
それでも「何故このエンディングではこんな事になったんだろう」といった
(多少のあたりはつくものの)それなりに大きな謎は残されます。
当然興味を惹かれるトコロなので、ワクワクしながら追う事となり
結果、納得の内容と時には意外性がある面白い展開に出会いました。

また、このゲームでは意味ありげな
「キャラクター達の印象に残るほんのちょっとした行動」っていうのが
ゲーム本編で散りばめられており
その真意やら、その時は予想も出来なかった裏を見れて楽しいです。

もう一つ楽しいのが、印象の変換。

第一印象と実態が乖離しているキャラもいますので
そういったキャラの心情などが暴露された結果
シーンの意味と印象がガラっと変わる事がままあります。
別角度からストーリーを眺めるようなものなので
ある種別の物語がそこに産まれまれる面白さがあります。

そういったのが楽しいので、じっくり読んじゃいまして
時間が結構かかってしまいました。
「このゲームを楽しみ切りたい」という欲求で、バッドエンドやキーも全て開放したし。

んで、とりあえず現在はエクストラシナリオ攻略(?)中です。
・・・まぁ、多分これらは全部一本道っぽいので攻略っていうのも何ですが。

2019年05月06日

GRIS(一応)クリア後、簡易レビュー

2019050519053100-08EDDA01163A8D764ECD531CF6AEA797.jpg

GRIS(一応)クリアしましたー(・ω・)
一応というのは、やり込み要素があるんですが、そちらはクリア出来てないので。

2019050401082000-08EDDA01163A8D764ECD531CF6AEA797.jpg

ジャンルは横スクロールのアクションアドベンチャーゲーム。
イラストのようなグラフィックがそのまま動くのが特徴の一つ。
台詞の類は一切ありません。また、多分、ゲームオーバーはありません。
なので、操作テクニックをある程度要求される場所はありますが
難易度はそれほど高くないゲームではないかなと。

最初は歩く(走る)事とジャンプする事しかできませんが
段々と出来る事が増えるので、そういったアクションを利用して
地形や仕掛けを解く事で進んでいくという非常にオーソドックスなタイプのゲームです。

難易度の上がり方や仕掛けのバリエーションもバランスが良く
飽きずに最後までプレイする事が出来ました。
ところどころ映画的な演出が入るのも非常にイイです。

2019050519252000-08EDDA01163A8D764ECD531CF6AEA797.jpg
■巨大なエイのような生物が空中を泳いで来る。このエイは背景でゲームには絡まないのです

非常にグラフィックが綺麗ですが、更に言うと非常に丁寧に作られています。
ゲーム要素に関連しない動くモノが用意されていたり
ところどころでは表現が絵画的になっていたりするんですが
その表現がゲームの進行と共に段々と広がっていく構成になっており
驚きと新鮮さを提供してくれ、そういった意味でも最後まで楽しめます。
グラフィックだけでなく音の表現もこだわっているんですよね。
水中に入ると音の聞こえ方が変化したりと。いやぁ、凝ってる。

2019050401070000-08EDDA01163A8D764ECD531CF6AEA797.jpg
■主人公の周りにいる蟲(?)は影のみが地面に映るセンスを感じるシーン

歩くスピードがやや遅いのが気になると言えば気になるトコロなんですが
途中から限定的にスピーディーなアクションが出来るようになるので
緩急の気持ちよさを狙っているのかなぁと思います。

他に気になったのは、侵入出来る地形と侵入出来ない地形。
立つ事が出来る地形と出来ない地形。
そういった事を示すグラフィック的な「文法」はちゃんとあるんですが
それにプレイヤーがやや気づきづらいトコロがあるなかぁと。
それでちょっと悩んだというか詰まった箇所があったので。

ぶっちゃけて言うと私が持っているインディーゲームの「良作」のイメージを
そのまま実体化させたようなゲームです。
雰囲気が気に入れそうな方ならば、十分楽しめるゲームではないかかと。

2019050401093600-08EDDA01163A8D764ECD531CF6AEA797.jpg