2017年03月25日

Splatoon2試射会参加

3月25日12:00〜13:00のSplatoon2の試射会参加しましたー(・ω・)

2017032611585400-777AC1189ADA093280C624C7F7AA30B1.jpg

ダメ元で開始時間1〜2分前にログインしたら意外にも入れまして、そのまま丸一時間参加。
最初は「Splatoon」同様、風船を撃ったりする簡単なチュートリアルが入り
その後にナワバリバトル開始。

2017032612011200-777AC1189ADA093280C624C7F7AA30B1.jpg

2ステージのどちらかが選択される形でしたが両方とも新作ステージだし
散歩出来ないので正直、地形を全く把握できないうちに一時間終わってしまいましたさ。

2017032612094700-777AC1189ADA093280C624C7F7AA30B1.jpg

なお、一番使ったのは新作ブキであるスプラマニューバ。
中々扱いが難しい。・・・というか操作系に変化があったことに結局私の場合は
一時間では全く対処できず、操作ミス連発でした。
身体に完全に覚え込ませてしまうタイプというか、そこまでしないとキチンと動かせない上に
最近も「Splatoon」は遊んでいるので混乱具合が半端なく(・ω・)

2017032612300400-777AC1189ADA093280C624C7F7AA30B1.jpg

しかし、まぁ思った以上に変化・・・というか立ち回りの見直しが必要かなー
プレイに余裕なくスプラやり始めた頃に私の場合は戻っている感がありますw


posted by torotoro at 14:43 | Comment(0) | Splatoon2

2017年03月20日

『正々堂々』何それ、美味しいの?

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』絶賛プレイ中です。

今回のゼルダは以前も言いましたが、かなり死にやすいです。
ただ、オートセーブがそれなりに行われるし、個人的には難易度はそれほど
高くは感じていません。ゲーム初心者にもお勧めできるほど簡単でもありませんが。
「やや難しい」程度かな。
武器・盾・弓は耐久性があり次々壊れるので敵からゲットするのが常であり
体力回復は自分で食事を作る必要がありますが、いつものゼルダと違い
回復時に回復モーションが無いのでそういう意味では楽だったりもするんですが。
(多くのゼルダでは回復時に「薬を飲む動作」が入り、その間に攻撃されてしまう事もある)

オープンワールドゲームで、しかも大概の場所は登れてしまうので
ルートの自由度が半端ないです。
またクエストやら仕掛けが大量にあるので、じっくり遊ぶには事欠き来ません。

zelda_BofTW_000.jpg
■全く制限が無い訳ではないのですが、とにかく自由度が高い

ところで、今回の戦闘ですが地形がかなり自由に移動できるので正面から戦うよりも
奇襲やら不意打ちやらが発生しやすいというか狙いやすいようになっています。

zelda_BofTW_001.jpg
■相手の裏をとったり高所からの攻撃が当たり前に狙える。また爆発物を狙うのは基本

特に多数を相手取る場合は戦略が寧ろゲーム的には推奨されていまして
正々堂々とは全くあい入れないカンジ。
相手に全く気が付かれていない場合に生じる攻撃「不意打ち」は通常より
格段のダメージが与えらられるようにもなっています。

zelda_BofTW_002.jpg
■不意打ちだと一撃で相手を葬る確率が高い

なお、寝込みを襲う事も出来ます。寝ている相手は当然不意打ち判定になるので
コッソリ近づいて次々と撲殺も可能。
しかし、モンスターは必ずしも通る必要のない場所にも配置されているので
そういう箇所のモンスターを狙うと時々平和に暮らしているモンスターを襲ってる
気分になるわこのゲーム。

zelda_BofTW_004.jpg

なお、現在の私のゲーム進行ですがマスターソードが見つかった程度です。
まぁ、自由度が高いのでどのイベントからクリアするかも
人によってかなり違うゲームではありますけどね。

zelda_BofTW_003.jpg


2017年03月15日

ミファーが可愛くて困る件

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド、絶賛プレイ中です。

C6Ty3riU0AUtN4v.jpg

ミファーが可愛くて困る。
個人的には圧倒的にゼルダよりも好みなんですが。
写真撮りまくったけどネタバレもあるので、後はとりあえず追記に載せ。



(この後ネタバレ)



続きを読む

2017年03月03日

ブレス オブ ザ ワイルド始めました

実店舗とネット通販色々と利用して
ニンテンドースイッチ本体&周辺機器もろもろ&ゼルダ購入しました。

20170303_142141.jpg

今回のゼルダ、結構死にやすい。

C5_oZ-xUoAAF-1A.jpg

一回目の死亡はここからの滑落死でしたさ(・ω・)
オートセーブを頻繁にしてくれるのか近いポイントでの生き返りでしたが。
しかし、なんか物を拾ったり利用したりが多く、今までのゼルダとまた違いますねコレ。



2017年02月26日

レアリティによる数値差(追記あり)

「ファイアーエムブレム ヒーローズ」
先週の羽争奪戦、もとい闘技場の順位結果。

FEHR_038.jpg

参加している方はご存知でしょうが、30000位で足切りなんですよね。
(10000〜30000位:羽1500枚・30001〜50000位:羽1000枚)
それほどの大事ではありませんが、見た瞬間。

(;゚д゚)

そんな私への慰めでしょうか

FEHR_037.jpg

おっぱいねーさん降臨!
これで剣・槍・斧で☆5揃い踏みとなりました。何気に全員「if」陣営だったりします。

■レアリティーによる数値差

まぁ、サンプルが少ないのであくまで参考程度に。

同一キャラクターでレアリティーが違う
初期値での基礎の(スキル等を含まない)トータルの数値は

☆1と☆2は差が2
☆2と☆3の差が3
☆3と☆4の差が2
☆4と☆5の差が3

でした。
☆1と☆5では最初で10差がある事になります。

また、レベルアップする毎にSPが得られますが、☆3〜☆5は差がないのですが
☆1と☆2は得られるSPが(かなり)少ないです。

☆1 LV1〜LV2(SP+4)〜LV10(SP+2)〜LV20(SP+4)〜LV30(SP+6)〜40(SP+8)
☆2 LV1〜LV2(SP+6)〜LV10(SP+4)〜LV20(SP+6)〜LV30(SP+12)〜40(SP+16)
☆3 LV1〜LV10(SP+6)〜LV20(SP+12)〜LV30(SP+18)〜40(SP+24)

※☆4と☆5は☆3と同じ

なお、レアリティー1段階での能力合計値の差ですが
LV20前後で10前後まで開きますが
LV30近くでは5前後まで開きが収まるような。

FEHR_040.jpgFEHR_041.jpg
■LV31の☆1と☆2のリズの能力合計値の差は4。LV20では11の差があった。

まぁ、ここら辺は本当にサンプル少ないので何とも言い難いトコロではあります。

※ここより追記

LV32の時点では総パラメーターの差が3だった☆4と☆3のフェリシアですが
LV37では10以上の差がつきました

FEHR_042.jpgFEHR_043.jpg

別のキャラでLV34で☆3と☆4の差が10以上のキャラもいます。
結論としてはレアリティの高い方が総パラメーターも高くなる。
どの程度差が出るかは一概には言えないが
(同キャラ・同レアリティ・同レベルでも多少差が出ますし)
☆1個の差で10程度差が付く事が多いという事になるでしょうか。


しかし、レアリティが違う同じキャラを育てるとか普通はやらないと思うので
このデータ意味あるのかいと思う自分でも(・ω・)
ただ、まぁレアリティーの高い方が育てやすく(スキルを勘案しなくても)
トータルの数値も上がるんで安心してレアリティー上げてくださいとは言えるかも。